疲れ・むくみ・冷えが解消!1日5分プロ直伝の簡単足裏マッサージ法

1.

立ち仕事をしていると足裏が疲れて、むくんでパンパンになりますよね。しかも、1日ヒールで立っていたり、クーラーで冷えたりすると、余計にひどくなってしまいます。そのままメンテナンスをしないでいると、肌が荒れてボロボロになったり、頭痛や生理痛の原因にもなりますよ。 

加圧ソックスを履いても、あまり効果がなかったのなら、自分で足裏をマッサージしてみてください。プロ直伝のこの方法なら、お風呂あがりに1日たった5分マッサージするだけで疲れやむくみがグングンとれていきます。

しかも、足裏のマッサージには他にも嬉しい効果がたくさんあるんです。

1.足裏マッサージの嬉しい7つの効果

効果1.足のむくみがとれる

足の裏は第2の心臓といわれています。歩くと足裏の筋肉がポンプのように血液を押し流すからです。しかし、足裏の筋肉が硬くなっていると、うまく筋肉のポンプが働かないので、足に老廃物がたまり、むくんでしまいます。足裏やふくらはぎをマッサージすると、筋肉の硬さがとれて、老廃物が流れやすくなります。

効果2.足の疲れがとれる

足の疲れの原因は老廃物(疲労のもと)がたまっていることです。足裏をマッサージして、たまった老廃物が流れていくと、慢性的な足の疲れがとれていきます。

効果3.足の冷えが解消する

足の冷えの原因のひとつは、血流が悪くなっていることです。足裏をマッサージして血流がよくなると、体の奥から温かい血液が足裏まで届けられるようになり、寒い冬の日でも足がポカポカと温かくなります。

効果4.疲れにくくなる

老廃物がたまり、足の血流がとどこおると、足が疲れやすくなります。足裏をマッサージして、血流がよくなり、老廃物が流れやすくなると、足がいつもリフレッシュされた状態になり、疲れづらくなります。

効果5.足がつりにくくなる

足がつってしまう原因は、

  1. 老廃物がたまったままになっている
  2. 筋肉がこり固まっている
  3. 栄養不足

などが挙げられます。足裏をマッサージすると硬くなった筋肉を柔らかくもみほぐし、血流が良くなり、老廃物が流れやすくなります。血流が良くなると、足りなかった栄養が届きやすくなります。

効果6.体のバランスが安定する

足は体の土台です。足が全身のバランスを保っています。しかし、足裏の筋肉が硬くなっていると、うまく足の裏や足指が使えなくなり、バランスが崩れやすくなってしまいます。ですから、マッサージをして足の裏を柔らかくしておくことで、体のバランスが安定しやすくなるのです。

効果7.全身のさまざまな症状が改善する

驚きのニュースがあります。ただ足の裏をマッサージしているだけで、全身のさまざまな症状が改善していきます。なぜなら、足の裏には重要なツボがたくさんあり、足の裏をマッサージするだけで、全身に影響を与えることができるのです。腹痛、椎間板ヘルニア、心臓病、股関節痛、肝臓結石、脳梗塞の後遺症など、挙げればきりがないほどの症例があります。

注意:これは足裏マッサージの効果を保証するものではありません。効果には個人差があります。

2.疲れ、むくみ、冷えを解消する7つのツボ

ツボの押し方

ツボの押し方は、持続的に圧をかけることがポイントです。これから7つのツボを紹介するので、赤い点を狙って10秒から15秒ほど圧をかけ続けるようにして、ツボを押してください。

2-1.湧泉(ゆうせん):疲労回復、万能のツボ

ツボ湧泉

湧泉は足の裏にツボがあります。足の5本指をグッと内側に曲げると足裏にくぼみができます。その中央のくぼみが湧泉のツボになります。自分でツボを押しづらいときはゴルフボールなどに足をのせて刺激するといいでしょう。

2-2.太谿(たいけい):冷え、むくみ撃退のツボ

 冷え性つぼ12

太谿は「内側のくるぶし」と「アキレス腱」の間にあります。指でなぞると少し窪んでいる箇所があるのが分かります。そこがツボです。

2-3.大衝(たいしょう):ストレスから起こる不調解消のツボ

 ツボ大衝

大衝は足の甲にあるツボで、足の親指と人差し指の骨と骨が合わさる合流点にあります。骨が合流する付近にくぼみがあるので、そこに指を当てて足首の方にグッと押し込みましょう。

2-4.至陰(しいん):冷え、膀胱炎、頻尿の改善のツボ

 ツボ至陰

至陰は足の小指、爪の「つけ根」のキワ(外側)にあります。

2-5.丘墟(きゅうきょ):頭痛、肩こりの解消に使うツボ

 ツボ丘墟

足首の外側、足を前にそったときに一番へこむところにあります

2-6.足臨泣(あしりんきゅう):痛みを抑えるツボ

 ツボ足臨泣

足の薬指と小指の骨が交わる部分の手前のくぼみにあります

2-7.陰白(いんぱく):月経不調、便秘改善のツボ

 ツボ陰白

足の親指第二節の内側、爪の角から少しの位置にあります

3.具体的な足裏マッサージの方法:部位別

3-1.土踏まず

足裏

土踏まずをマッサージします。土踏まずには内臓に対応しているツボがたくさんあります。とくに涌泉(ゆうせん)は疲れをとり、エネルギーを補充して、精神を安定させる万能のツボです。親指を使い、しっかりと10秒から15秒持続的に押し続けて刺激してください。

3-2.かかと

足裏6

手の平でかかとを包みこみ、10秒から15秒ギューッと握りこんでいきます。コツは全体をできるだけ均一に押すこと。限られた箇所だけ圧力が強いと、効果にムラができてしまします。

3-3.つま先

指を回す(10回)

写真 1 (5)

前後に開く(10回)

写真 3 (2)

左右に開く(10回)

足裏マッサージ

指、一本一本を引っぱる

写真 5 (1)

指の付け根をマッサージする

足裏マッサージ2

指かき部分をつまむ

写真 2 (3)

前後からつまむ

写真 4 (2)

左右からつまむ

写真 3 (3)

3-4.足首

足裏13

窓枠の端っこや、窓枠が重なっている部分ほど、ホコリがたまっていたり、掃除をしづらかったりしませんか。足首も同じで、骨同士が関節している部分のため、むくみや疲れの原因となる場所です。血管やリンパの管が通っていて、細かな筋肉もたくさんあるため、足首は丁寧にマッサージしてあげてください。むくみや疲れがとれます。

5.足裏マッサージ4つの注意事項

5-1.一度プロに診てもらうとコツが分かる

もし、しっかりと効果を出したいなら、一度はプロに診てもらうといいでしょう。これまで足裏マッサージの方法を説明してきましたが、文章で理解するのと、体で体感するのでは全く別物です。プロのマッサージを体感すると、どれくらいの強さで押すと気持ちがいいのか、どこを押してもらうと気持ちがいいのかが分かります。あなたはその感覚を覚えておいて、できるだけマネをすればいいのです。

5-2.痛いから効くは真っ赤なウソ

テレビ番組などで足裏マッサージをされているタレントが「痛い!痛い!」とのけぞり、悶絶しているシーンがあります。なんとなく足裏マッサージは痛いものとか、痛い方が効くというイメージがあるかもしれません。しかし、それは大間違いです。むしろ、痛いほどのマッサージは逆効果です。

少し専門的な話をすると、痛いほどのマッサージは交感神経を刺激して、神経が興奮してしまいます。リラックスして、マッサージを受けることができずに、逆に緊張してしまいます。ときどき足裏マッサージをしたあと、青あざができたという方もいますが、それは最悪です。中の組織が傷んで、内出血を起こしています。

5-3.どれくらいの強さで押せばいいのか?

マッサージの強さは痛気持ちいいと感じる一歩手前がベストです。最初は物足りないと思うかもしれません。けれど、それでも十分に効果が出てきます。足がむくんでいる状態とは「パンパンに膨らんだ水風船」をイメージしてください。実際に細胞に水がたまって、パンパンになっているのです。強く押してしまうと、水風船が割れてしまいます。優しくマッサージをして、酷使している足をいたわってあげてください。

5-4.1日5~10分でOK!長くやり過ぎると逆効果

足裏のマッサージは長くやればいいものではありません。逆に長くやり過ぎると、ただでさえ疲れがたまっている足の裏に負担をかけてしまいます。5~10分の短時間でも十分に効果があります。そして、短くても、毎日つづけた方が効果があります。

5-5.触れる位置が1mmズレると効果が3倍変わる

足裏マッサージは奥深いです。1cm押す箇所が横にズレるだけで、効果が2、3倍変わると思ってください。私たちプロはその細かな違いを追求しているので、一般の方が自分でマッサージをするよりも気持よく、ずっと効果が高いのです。なので、今までの説明を参考にしながら、丁寧にマッサージをしてください。そして、一度はプロの足裏マッサージを受けてみることをオススメします。

まとめ

銀座のNo1ホステスさんに、その美しさの秘訣を聞いたことがあります。すると「足裏のケアを怠らないこと」だそうです。足の裏は普段、人に見られることがない部分で、一番ないがしろになりがちです。そこにこそ気を抜かない姿勢が人を引き付ける魅力につながっているのかもしれませんね。

足の裏のマッサージは、簡単に短時間でできるのに、効果が高く、全身に良い影響があります。いつも文句を言わずにあなたを支えてくれ、負担をかけっぱなしの足裏に感謝をしながら、優しく労ってあげてください。きっと足の裏も喜んでくれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。