むくみ解消法の決定版!体をスッキリ美しくする7つの秘訣

裸足の女性

お酒を飲んだ翌朝の顔。仕事帰りのふくらはぎ。これでもかとパンパンにむくむのが、当たり前になっていませんか?

だるいし、太ってみえる「むくみ」は、誰もが解消したいと思うものです。けれど、残念なことに世の中にはむくみで悩む人であふれています。むくみの改善が難しいのは、解消グッズやマッサージが、原因の断片的なものしかケアできていなかったからかもしれません。

むくみとは、あなたの「生活」から生まれているものです。寝て、食べて、飲んで、笑って…日常生活で当たり前にしている行為に、むくみの本当の原因は隠れています。

「生活まるごと変えるなんてムリ!」と思いますよね?その心配は不要です。

むくみ解消の秘訣は、実はとても些細なことばかり。この記事ではその秘訣をお伝えします。正しく理解して行動すれば、むくまない身体を手に入れることは難しくありません。

むくみを解消すると身体のシルエットがキレイに見えるだけでなく、冷え症や便秘が治ったり、美肌になるなど様々な「キレイの副産物」もついてきます。むくみと身体の関係をしっかり理解して、毎日の暮らしの中で生かしていきましょう。

1:むくみは、あなたの生活習慣が生み出したもの

通勤風景
「顔がパンパン…」「足がむくんで靴がキツイ」よく聞く悩みですが、むくみは身体の生理現象ではありません。むくみはあって当然ではなく、身体の中の水分の巡りが悪くなったから起こるもの。つまり、身体のSOSだと思ってください。

身体の水分が滞る原因は、あなたの生活習慣にあります。つまり「むくみ」のきっかけは、あなたの毎日の中にあって、1日の行動の至るところに潜んでいます。

この原因を知ってから、それぞれの解消法に取り組むことでより効果が出るので、「むくみの原因|体内を巡らせてキレイになるための8つのこと」に書かれている内容を始める前に読むことをオススメします。

あなたにとって、「自分の原因を見つけること」から始めてくださいね!

2:本当にむくみを解消するための「7つの秘訣」

「むくみしらず」「健康的」「美肌」これらを手に入れている人たちが当たり前にしている習慣と秘訣をお伝えしていきます。この7つの秘訣は、日常生活の些細なことばかりです。

「これって私のこと…?」と思い当たる節が多ければ多いほど、効果が現れるのは早いはず。毎日の行動、ひとつひとつに新しい気付きを見つけてください。

水分 ~減らすのはNG!きちんと飲んで、むくみスッキリ~

 グラスに入った水
むくみに悩む人が1番迷ってしまう「水分」。むくむから…と飲むのを控えていては、老廃物の排出できないむくみやすい身体になります。そこで、具体的な1日の水の飲み方をお伝えします。

理想の水分量は、食事の水分も合わせて1日2lです。

朝起きて500ml

乾いた朝の体を潤すためにも、起きたらしっかり飲みましょう。飲むのは常温の水です。朝食に果物を食べる場合は、ミネラルウォーター300mlとみかん2つなど、合計で500mlになるように意識してみてください。※りんごやみかんなど、水分が豊富な果物は約100mlと計算してください。

 午前中500ml

食事中に水分を多く摂りすぎると、胃液が薄まるのでよくありません。昼食の「1時間前」までに300~500mlの水分を飲むのが理想です。一気に飲む必要はありません。数回に分けて飲むようにしましょう。

午後500ml

食後も消化の負担にならないように1時間は飲むのをやめましょう。夕方までかけて、ゆっくりと口にふくんでいくのが理想です。

夜500ml

夜眠る前のがぶ飲みは、むくみの原因になります。夜は、夕食1時間後からお風呂前後などに飲んで、ゆっくりと体に浸透させていきましょう。

必要な水分量は体格・年齢・運動量・季節によって変わります。水をしっかり飲んで適度に体を動かすのが、スッキリした体になるために必要な条件です。2Lを飲んでむくんだりダルくなったら、水分の量を500mlずつ減らしていきます。自分に最適な水の量を調整していきましょう。

【むくみ解消術①】 理想の水分量は、1日2リットル

 呼吸 ~呼吸ひとつで、「むくみにくい身体」になれる~

 森の中で深呼吸する女性
呼吸が浅くなると、体の血流は悪くなってしまいます。胸を広げる呼吸だと、脇のリンパも刺激されるので、全身の循環が促進されます。呼吸を整えることで、むくみにくい身体は作れます。

むくみを予防する呼吸法

  1. まず、しっかり息を口から吐く。体内の悪いものを出し切るイメージで。
  2. 鼻から息を吸う。胸(肋骨や鎖骨周り)を大きく広げることを意識する。
  3. 口から細く長く息を吐き出す。

 この呼吸を、ゆったり自然に繰り返してください。

 【むくみ解消術②】 吐くことを意識した、ゆったり鼻呼吸

 食事 ~むくませない食事が、あなたをキレイにする~

 食器
あなたの身体は、あなたの「食べた物」で出来ています。むくみに悩む人は、「偏った食事」が原因になっている場合も多く、食事とむくみは切っても切り離せない関係なのです。

むくみ解消には食事を見直すのが必須ですが、食材や栄養素に囚われすぎるのも問題かもしれません。それよりも「食べ方」にポイントを置いてみましょう。

 【むくませない食べ方の三原則

  • 食べ過ぎない→1日2食、腹八分目が理想
  • 加工食品よりも自然な食事を選ぶ→コンビニ飯やスナック菓子はほどほどに。できるだけ野菜中心の和食を心がける
  • 食事を楽しむ→「食べちゃいけない…」と考えながら食べない。食事にクヨクヨや罪悪感は必要ありません

 実はこの三原則は、どんな病気や不調にも共通する「健康的な基本の食べ方」です。

まず、この3つを基準に自分の食生活を点検してから、「むくみに効く食べ物で内側からキレイになれる3つの食事法」を読んでください。むくみ解消に特化した食材や1日の理想の食べ方が載っています。ぜひ出来るところから始めていってくださいね。

【むくみ解消術③】 野菜中心の腹八分目の食事を、楽しんでいただく

 運動不足 ~部屋をそうじして、運動不足を解消するコツ~

 床を拭き掃除する人物の手のアップ
運動不足と聞いてドキッとしていませんか?1日中デスクワークで座りっぱなし、休日も家でごろごろ。身体を動かさないままでは、どうしても水分の巡りが悪くなりむくんでしまいます。けれど、仕事中に突然歩き回るわけにもいかないし、スポーツジムもなかなか続かないですよね。

運動が足りていないあなたにオススメするのは、「ぞうきんがけ」です。

ぞうきんがけは、立ったりしゃがんだり、体を丸めたり伸ばしたり、傾けたりひねったりと、全身を使う理想的な運動です。掃除機やワイパー型床拭きシートのお世話になっていた掃除を、ぞうきんがけに変えるだけであなたの運動量は激増します。

雨の日でもできますし、毎日できます。家がキレイになるので気持ちも明るくなり、家事も上手になって人間力UP!道具が使い捨てではないし、電気代もかからなくて経済的…と一石二鳥どころではありませんね。もちろん床だけじゃなく、壁や窓も行ってください。全力で取り組むと、少し汗ばむくらいの運動量になり、デトックスにも効果的です。

 【むくみ解消術④】 1日1回、全力でぞうきんがけ

 身体の冷え ~冷えとむくみは、同時に起こっている~

足
冷え性とむくみは、とても仲良しです。身体が冷えていると血行が悪くなるので、むくみはひどくなります。なので、ぜひ冷え症も解消したいところなのですが、冷え症対策にも落とし穴があります。

それは「温めすぎ」です。本当に寒い時は温めることも大切ですが、外側から温めてばかりで体を動かさないでいると、毛細血管は刺激されず、しだいに「消滅」して、自ら熱を生み出す力がなくなって冷え症が悪化していきます。

また足が冷えないように、靴下の重ね履きなどで足の動きを制限してはいないでしょうか?ただでさえ血の巡りが悪くなりやすい足先を固定するのも要注意ですよ。

冷えを取りたいなら、足を動かすことが一番!オススメなのは、「足首回し」です。

★左右10回ずつまわす×3セット

DSCF60821.段差に座ったまま、太ももの上に足首をのせる

DSCF60832.足首を固定して、足と手の指を交互にからませる

DSCF60873.自分の体側に向かって、大きく足首を回す(10回)

これを、反対側の足も同じように行ってください。足首を動かすことでふくらはぎも刺激され血の巡りがよくなり、身体が温まります。

【むくみ解消術⑤】 冷え取りには、足首回し

身体の歪み ~硬くなった筋肉をやわらかくする~

 赤ちゃんと母親の手
身体が歪んでいると、血流が滞るのでむくみやすくなります。歪みを取るのに一番効果的なのは、筋肉を柔らかくすることです。実はいままでしてきた強い力をかけるマッサージは、逆効果。筋肉をほぐすコツは「赤ちゃんに触れるように、やさしくなでること」なのです。

むくみ解消マッサージ|しなやかな身体になれる5つのワーク」に、最適なマッサージやストレッチが載っています。道具も力も技術もいらない簡単なワークばかりです。ぜひ1日1回からで構わないので、毎日の習慣にしてください。

【むくみ解消術⑥】 やさしく身体をなでるマッサージをする

 また、むくみやすいパーツがあるなら、筋肉を硬くする行動をしていないか見直してみませんか?むくみに悩むパーツ別に、原因と対策法をお伝えしています。

足のむくみ編 「足のむくみはサヨナラ!美脚になるための3分エクササイズ

手のむくみ編 手のむくむ人の抱えているたった1つの共通点|原因と改善策

顔のむくみ編 「顔のむくみを解消!笑顔でキレイになれる4つのメソッド

あなたの気になる部分は、どこですか?

 ストレス ~溜まった気持ちを吐き出す方法~

 ノート
最後に一番大切なことをお伝えします。ここまでの解消法を「頑張りすぎる」のは厳禁です。

「せっかくやる気になっていたのに…!」と思うかもしれませんが、「ストレス」は身体を緊張させるので、むくみの原因となるのです。「ちゃんとしなくちゃ」「もっと効果を出さなきゃ」と打ち込みすぎると、知らずしらずの内にその頑張りがストレスになってしまうものです。

自然と自分の生活に馴染んで、いつか意識していなくても行動できるようになるのがベストですね。

「ストレスはダメと言われても、無くすなんて無理だよ…。」と思いますか?確かに頑張りすぎて疲れたり、イライラ、クヨクヨがおさまらない日もありますよね。

そんな時におすすめなのは「日記」です。面倒に感じる人は、きれいな形式ではなく、箇条書きでも、書きなぐるでも構いません。文章を書くこと、書いた物を読むことに抵抗を感じる人は、その気持ちから書き始めても良いです。

ストレスは無理して抑え込む必要はありません。不安や不満を一度外に出してみて、それを眺めていると、自分の「感情」や「思考のクセ」が見えてきます。このように自分と対話するようになると、自然とストレスを抱えこむことが減っていきます。ぜひ心のためだけでなく、身体のケアやキレイになるためにも、この習慣を始めてください。

【むくみ解消術⑦】 毎日感じたことを日記に吐き出す

3:むくみをきっかけに、あなたは生まれ変われる

海ではしゃぐ女性
「これは、むくむ習慣かな」と気付くようになれば、あと一歩。そこから、むくませない方を選ぶだけです。

身体はあなたを不幸にしたくて、むくんでいるわけではありません。身体の病気や症状には、必ず原因と意味があります。「むくみ」と向き合うことで、あなたはもっと健康にキレイになれるきっかけを掴めたのかもしれません。「私にも出来そう!」と思える習慣を、出来るところからゆっくり取り入れてみてください。

むくみ解消術 7か条】

  1. 理想の水分量は、1日2リットル
  2. 吐くことを意識した、ゆったり鼻呼吸
  3. 野菜中心の腹八分目の食事を、楽しんでいただく
  4. 1日1回ぞうきんがけ
  5. 冷え取りのために、足首回し
  6. やさしく身体をなでるマッサージをする
  7. 毎日感じたことを日記に吐き出す

 淀みなく流れる川が美しいように、人間の身体も巡りが良いと美しくなるものです。それは、むくみだけでなく、肌や表情、気持ちにまで現れてきます。

「キレイ」は、些細なことの積み重ねです。自分の身体が喜ぶ習慣を身に着けていけば、自然と手に入るものだと思います。

今回の「むくみ」という身体のSOSに耳を傾けたおかげで、あなたは新しく生まれ変われる岐路に立っています。ぜひさらにキレイで健康的なあなたに向かって歩み始めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。