むくみの原因|体内を巡らせてキレイになるための8つのこと

 夕方になると足がパンパン。靴もきついし、鉛のように足が重く感じる…。お酒を飲みすぎたわけでもないのに、顔のはれぼったさに朝からゲンナリ。思い当たる節はありませんか?

「なんで、こんなにむくむようになったんだろう。」「歳のせい?一生このままだったらどうしよう。」そんな不安を抱えていませんか?

いま女性の8割がむくみを感じています。対策グッズやマッサージ本があふれていますが、あなたもハッキリとした解消法が見つかっていないのでは?

ではここで、むくみに関するクイズです。「水をたくさん飲むとむくむ」と「水分を摂らないとむくむ」どちらが正解でしょうか?

実は、どちらも「正解」です。むくみの情報は、正しく理解しないと逆効果になってしまいます。

この記事では、むくみの原因をわかりやすく伝えます。むくんだままでは、どんどん太りやすい身体になってしまいます。まだ間に合ううちに、あなたにしがみついた「むくみ」を一掃しましょう。いままでよりキレイになった身体に自信が増すはずですよ。

なぜ、あなたの体はむくむのか?

パンパンにむくみきった足首を見て、「これって私の足!?」と目を疑ったことはありませんか?

むくみは、身体の水分が多すぎるから起こるわけではありません。水分の「めぐり」の悪さが原因なのです。

 あなたの身体は7割が「水分」で出来ている

人間の水分量

人間の身体は「水」で出来ています。赤ちゃんの75%、成人では60~65%が水分です。

私たちは水分を飲み、尿や便で排出しています。体内でも水分をぐるぐる巡らせながら生きています。この「循環」がなかったら、私たちは健康な生活を送ることはできません。身体をつくりあげている水分が、美と健康のカギを握っているのです。

(画像:SUNTRY

 「巡り」の悪さが、むくみを引き起こす

川の流れを思い浮かべて下さい。どこかでせき止めてしまったら水がよどんでしまいますよね。むくんだ身体の中では、同じようなことが起こっています。

体のどこかに滞りがあると、血管やリンパ管から水分がにじみ出し、細胞の周りにたまってしまうのです。では、なぜ体の中で滞りが起きてしまうのでしょうか?

それには、ある8つの原因が隠されています。

「むくむと太る」は嘘じゃない!

「このままむくみが取れなかったらどうしよう…。」そんな不安が頭をよぎりますよね。その嫌な予感は、現実になります。

実はむくみを放置すると、太りやすくなってしまうのです

むくみは水がたまって冷えているので、身体は温めようと「脂肪」を付け始めます。脂肪は悪者のように言われていますが、本当はあなたの身体を守るために付くべきところに付いているものなのです。

…とはいっても、別人のようにむくんだ身体を受け入れることは難しいですよね。でしたら、むくみを解消して、身体が「守る必要」も無いくらい健康な身体になるしかありません!

「あの時、きちんとケアしておけばよかった」と5年後に泣かないためにも、まずはむくみの悪習慣を断ち切るところから始めましょう。

 日常の中に隠れたむくみを引き起こす8つの原因

「むくみを起こすor起こさない」この分岐点は、些細な習慣の中にあります。むくみを引き起こす8つの原因の中に、思い当たる節はいくつありますか?

 原因1:「こころの冷え」が、身体をむくませる

悩む女性
彼との些細なケンカ。仕事での小さなミス。いつまでも落ち込んだままストレスを感じていませんか?

ストレスとむくみなんて関係なさそうに思いますよね。けれど、心と身体はつながっています。ストレスを感じると自律神経が乱れるので、血液やリンパ液の流れも滞りむくみを引き起こすのです。

仕事でストレスを感じて、ストレス発散をするために飲んでドカ食い…それはまさに「むくみの悪循環」なんです。

 原因2:水分は「飲みすぎ」「飲まなさすぎ」どちらもむくむ

グラスに入った水
いままで「むくみやすくなるから…」と水分を控えていませんか?水分の取り方にはいろんな説があって、ピンと来ないですよね。

水分は適量を飲んで、適量を尿で出していくのがキレイの秘訣。適量とは、食事を含めて1日1.5~2ℓです。200ccの水を1日に8~10回ほど飲むイメージですね。意外と多く感じませんか?ただ、これ以上飲みすぎるとむくみの元となります。

水分をきちんと出し入れすることで、身体の老廃物も排出できます。適切な水分をとって体内をピカピカに浄化していきましょう。

 原因3:浅い呼吸が「めぐり」を悪くしている

あご
呼吸とむくみに関係があるのを知っていますか?ひとつテストをしてみましょう。

時計を見ながら20秒かけて、口から息を吐ききってください。

どうですか?肩周辺が苦しかったり、20秒吐ききれなかった人は要注意!胸周りが硬くあって、浅い呼吸しかできていない可能性があります。

最近は腹式呼吸が注目されていますが、身体がりきんで硬くなるので、呼吸が浅くなるデメリットもあります。胸を広げる呼吸は、下半身の血液やリンパ液を吸い上げてくれるのでむくみ解消に効果がありますよ。

 原因4:「座りすぎ」「立ちすぎ」は、やっぱりむくむ

デスクワークをする女性
長時間のデスクワークや、立ち仕事をしていませんか?

足は、血液やリンパ液を上へ押し上げるポンプの働きを担っています。慢性的な運動不足が続くと足の筋力が弱まるので、下半身がどんどんむくんでいきます

足のむくみを感じる場合は、足を動かす運動が足りていないのかもしれません。

 原因5:ゆがんだ脚は、むくみやすい

足を組んでいる女性

いつも同じ方でかばんを持つ、いつも組む足が決まっている…そんなクセがあるなら、身体がゆがんでいるのかもしれません。

O脚やX脚、骨盤のゆがみは、骨格だけでなく筋肉も一緒に歪んでいるのでむくみやすくなります。足が歪むと下半身が太りやすいのは、むくみによって脂肪がつきやすくなるからです。

 原因6:身体の冷えとむくみは、同時に起こる

足
あなたの平熱は何度ですか?その体温によって、むくみやすいかどうか決まります。

もしあなたの平熱が36度以下なら、冷えが原因でむくんでいる可能性があります。冷えた身体では新陳代謝が低下するため、身体のあちこちにむくみを発生させます。むくみと冷えが揃うと代謝が悪くなり、さらに太りやすい身体になります。しかも、肌のくすみやシワも増えるので、老けた印象を与えてしまうことも…。

冷たい飲み物ばかり飲んでいませんか?毎晩、湯船につからずシャワーだけで済ませていませんか?冷えを見過ごしたままでは、キレイな身体を保つのは難しいのです。

 原因7:塩分摂りすぎ、栄養不足…身体がむくむ食生活って?

ポテチ
夜にラーメンやスナック菓子を食べて、翌朝に手や顔がむくんでしまった経験はありませんか?

むくみと塩分は、切り離せない関係です。身体の細胞周りにある水分は、私たちが飲んだり食べたりしたもので濃度が変化します。塩分で濃度が高まると水分を引き寄せて、むくみをひどくさせてしまいます。

もう一つ、栄養不足もむくみの原因になります。タンパク質が不足すると、血管に水分をキープする力が無くなり、水分がどんどんにじみ出る状態に。

「ダイエットしてるのに、顔が前より丸くみえる…。」それは栄養不足によるむくみかもしれません。

 原因8:月経前、妊娠中は大量の水分を蓄える

便秘女性
女性は月経で大量の血液が失われるのに備えて、大量の水分を蓄えようとします。月経の10日程前から、おなかを中心にむくみが起こりやすくなるのはそのためです。このむくみは自然なものなので、月経が始まって治まるなら問題はありません。しかし月経周期に合わせて体重変動があまりに激しい場合は注意が必要です。

妊娠中も同じくホルモンの関係でむくみますが、血圧に異常がでてむくんでいる場合は腎臓に負担がかかっている可能性があります。その場合は、産婦人科で一度診てもらうことをおすすめします。

 身体がむくめば、心もむくむ

ハート
最後に、もうひとつお伝えしたいことがあります。実は私たちの目に見えないところもむくんでいます。手足や顔がむくむ前に「腸」がむくんでいるのです。順天堂大学教授の小林弘幸氏は著書「人生を決めるのは脳が1割、腸が9割!」でこのように述べています。

 腸はお腹のなかにありますから、なかなか見ることができませんが、手術などで開腹すればわかります。一目瞭然、実際にむくんでいるのです。ただ、ほとんどの人が自覚していない。それどころか、見えないのをいいことに放置しているため、それが体の様々な症状になって現れるのです。

 腸は、便秘、肌荒れなどの不調だけでなく、気力の低下、イライラや不安、うつなど「精神面」と深い関係があります。小林氏はこのようにも語っています。

 人はなぜむくむのか?その根底にあるのは生き方であり、ライフスタイルなのです。つまり、血流が滞っているように、人生もどこかで滞ってしまっている。何かが邪魔をして、日常生活がスムーズに流れていかない。そのうまくいかない流れから抜け出せないと、体だけでなく心もむくんでしまうのです。

 彼と過ごす大事な時間なのに、急に不機嫌になってしまうことはありませんか?「なんであんな態度を取っちゃったんだろう…。」そんな後悔を繰り返して、落ち込んでしまうことはないですか?

身体のむくみが、心の状態を変えることもあるんです。むくみを無くすことで気持ちが穏やかになれば、抱えてきた悩みの種も解消されるかもしれません。

 ちいさな積み重ねで、むくみは解消できる

「もう歳だし、むくむのは仕方ないよね…」そんな風にあきらめる必要はありません。毎日のちょっとした変化で、むくみは解消されていきます。具体的な解消法は、また後日にご紹介しますね。

【むくみを引き起こす8つの原因】

  1. ストレス
  2. 水分不足、水分のとりすぎ
  3. 浅い呼吸
  4. 慢性的な運動不足
  5. 足や骨盤のゆがみ
  6. からだの冷え
  7. 偏った食生活
  8. 月経前・妊娠中は、自然なむくみ

むくみを解消するためには、とにかく体内のめぐりをよくすることです。むくんだままでは、毒素も脂肪も溜めこんだ身体になって、あなた本来の持つ輝きが半減してしまいます。

まだ遅くありません!むくみから解放されて、心も身体も気持ちいい毎日を過ごしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。