これだけでいいの?!猫背をラクラク矯正する為の3つのコツ

Beautiful bride

「もうギブアップ!!!」がんばって姿勢を正していても、1分ももたないどころか、余計に疲れてしまうことってありませんか?猫背だと、貧相に見えてしまったり、お腹もお尻もたるんだりと、体型も崩れやすくなりますよね。そんなことは自覚できていても、昔からのクセになっていると、改善するのにとても大変な思いをします。

そんなあなたに、まずはじめに知ってほしいことが2つあります。それは、

  1. 本当に正しい姿勢は何分たっても疲れないということ、
  2. そして、猫背は自分で簡単にラクラク改善できるということです。

この記事では、鍛えない、頑張らない、時間をかけないで、ラクラク猫背を改善するための2つのコツをご紹介します。

自分らしさを輝かせて、胸をはって生きていく。自分が興味を持った人から好かれたり、良い人間関係を築いていく。猫背の矯正を通じて、そんな楽しく充実した人生になりますように。

なぜ、姿勢を正すと疲れるのか?

猫背6猫背5
突然ですが、この2つの写真、どちらが姿勢がよく見えますか?

そうです。2つとも猫背ではありませんし、見た目もまったく同じです。けれど、この2つには大きく異なることがあるんです。

じつは、①の姿勢はムリして頑張って姿勢を正しています。それに比べ、②の姿勢はリラックスしていて、とても気持ちがいいのです。ちなみに、こちらの姿勢は、この記事でご紹介している「猫背をラクラク矯正するための2つのコツ」を意識して姿勢を正しています。

それぞれ見た目はまったく変わらないのに、なぜ、「楽ではない姿勢」と「楽な姿勢」に別れてしまうのでしょうか?

もしも、今まで何をしても猫背を改善できなかったのなら、あなたも無意識のうちに、「楽ではない姿勢」をとって姿勢を正しているかもしれません。

本当の「正しい姿勢」は疲れない!

いま、立っている人も、座っている人も、その場で「正しい姿勢」をとってみてください。その時、下記のような状態になってしまうことがありませんか?

  • 3分も持たずに猫背になってしまう
  • 猫背でいる方が楽に感じる
  • 息が苦しくなる
  • 体を動かしにくくなる

もしも1つでも当てはある場合は、ムリに良い姿勢に見せている可能性があります。

反対に、本当の「正しい姿勢」をとると、下記のような状態になります。

  • いつもより体の力が抜けて、リラックスしているのが分かる
  • いつもより呼吸がしやすい
  • 時間が経っても猫背に戻らない

いかがでしょうか?

もしもあなたが「楽ではない姿勢」でムリヤリ姿勢を正しているのなら、それはとてももったいないことです。なぜなら、本当の正しい姿勢さえわかれば、あなたは今すぐ猫背を改善する事ができるからです。

そこでさっそく、本当の「正しい姿勢」が一瞬で分かる、ある実験をしてみましょう。

本当の正しい姿勢が分かる「ヒザ立ち」をしてみよう

立てひざ
一瞬で正しい姿勢の感覚をつかむ方法とは、「ヒザ立ち」のことです。まずは、「正しい姿勢」の感覚を覚えるために、実際に体感してみましょう。写真のように、床にヒザをついて立ちます。普段は猫背気味の人でも、すっと背筋が伸びた感じがしませんか?このように、ムリに頑張らなくても、自然と姿勢を正すことができます。これが正しい姿勢の感覚です。

「猫背の方がラク」は勘違い

姿勢を正しても、猫背に戻ってしまうのは、「猫背の方がラク」といったイメージがあるからかもしれません。けれども、現実には、猫背の方が体にとっては大きな負担になっています

頭の重さは体重の10%ほど。体重が60キロある人は、なんと6キロもの重さがあります。6キロといえば、生まれたての赤ちゃん約2人分です。猫背になると、重たい頭を筋肉だけで支えることになり、体はヘトヘトになってしまいます。

けれども、正しい姿勢をとると、骨の上にバランスよく頭が乗り、頭の重さが軽減され、疲れにくくなります。つまり、「猫背の方がラク」は勘違いで、実際には「正しい姿勢の方がラク」なのです。

先程ご紹介した「ヒザ立ち」をすることで、足裏で立つよりも、支える場所(ヒザ)と頭の位置が近くなり、骨で支えるという感覚がつかみやすくなります。立ったり、ひざ立ちを繰り返していくうちに、どのバランスが一番自分にとって心地良いのかを確認してみましょう。

猫背をラクラク矯正するための3つのコツ

疲れる事なく、365日美しい姿勢を維持するための3つのコツをご紹介します。

  • コツ1:正しい姿勢をクセづける「猫背リセット体操」
  • コツ2:誰でも簡単に歪みを矯正できる「ストレッチポール」
  • コツ3:正しい姿勢をキープし続けるための「3つの腔」

コツさえつかんでしまえば、猫背の改善がどれだけ簡単かを理解できるはずです。ぜひ、毎日の生活に取り入れてみてください。

コツ1:正しい姿勢をクセづける「猫背リセット体操」

猫背の人は共通して、肩が内側に丸まっています。5キロ前後の重たい頭が前に傾くことで、バランスを保つために、肩が内側に丸まってしまうのです。

これからご紹介する「猫背リセット体操」を実践する事で、内側にまるまった肩を自然に広げ、美しい姿勢へと改善する事ができます。

一日でも早く感覚をつかみたい人におすすめです。朝・晩3セットを目標にしてみましょう。

※痛さを感じる場合は、体の柔らかくなっているお風呂上がりに行ったり、はじめは回数を減らすようにしてください。徐々に慣れてきたら、回数を増やしながら実践していきましょう。

step1:四つん這いになる
四つんばい体操1

step2:お腹をグッと上に引き上げて、背中を丸める四つんばい体操2

step3:背中をガクンと下に落として、背中をそらせる(1分間キープ)

※肩甲骨の間も下に落とすイメージで四つんばい体操3

コツ2:朝・晩のストレッチポールで簡単に歪みがとれる

ストレッチポール

私は猫背の改善を始めた時から、改善できた今でも、毎日朝・晩欠かさずに行っていることがあります。それはストレッチポールの上で、5分間ゴロゴロと寝転がること。

ストレッチポールとは、その名の通りストレッチをするためのポール(棒)なのですが、ポールの上にゴロンと寝転がるだけで背中や肩甲骨の筋肉を柔らかくほぐし、歪みを整えたりすることができるのです。

朝・晩の使用で気持ち良く猫背をリセット

毎朝目がさめると、ベットの横に置いてあるポールを背骨の下にもぐりこませて、2分ほどストレッチポールの上でだらんとリラックスします。たったそれだけで、背筋を気持ち良く伸ばした状態で1日を過ごすことができます

さらに、お風呂上がりの体が柔らかくなっている時には5分ほど使います。日に日に猫背を矯正していくことができます

猫背が治った今でも、あまりの気持ちよさにやめることができずに使い続けていて、日に日に姿勢を正すのが上手になっています。

購入するときは模倣品に注意

ストレッチポールは模倣品も多く、安さで選んでしまうとすぐにへたってしまうこともあるようです。私は上記の写真のように、公式のストレッチポールを使っています。

スタンダードなEXシリーズと、少し柔らかめで細い作りのMXシリーズがあります。私は女性で小柄ですが、スタンダードのEXシリーズを使用しています。

ストレッチポールEXシリーズの公式通販は右記のリンクから・・・https://lpn-shop.jp/products/list.php?category_id=6

コツ3:正しい姿勢をキープするために意識したい「3つの腔」

3つの腔

リラックスして姿勢を正すために意識したいのが、「3つの腔(クウ)」です。3つの腔とは、口腔・胸腔・腹腔のことです。

  1. 口腔=ここでは、鼻の中から、首までの空洞をイメージしてください
  2. 胸腔=肺のゾーンのことを言います
  3. 腹腔=胃や腸などの内臓があるゾーン

猫背の人や、背筋をはりすぎている人は、上半身が曲がり、「3つの腔」がぺしゃんこにつぶれてしまっています。呼吸が浅くなり、内臓の働きも悪くなり、疲れやすくなります。

疲れない「正しい姿勢」をキープするには、「3つの腔」にたくさん空気が入る事をイメージしてみてください。腔を「広げる」という意識をもつことがポイントです。

3つの腔をたてると、スタイルまで美しくなれる

腔を広げることで、ペシャンコにつぶれていた体に立体感が生まれ、体の横幅が狭くなり、スリムに見えるようになります。

腹腔がつぶれて、はみ出ていたウエストのお肉も、体の中に納まり、スタイルがよくなります。なにより、3つの腔を立てれば、自然と気持ちよく姿勢が整います。3つの腔を立てると、良いことづくし。

気持ちよく、効率よく、猫背を改善してきましょう。

さらに!365日美しい姿勢でいるための「3つの意識」

正しい姿勢が取れるようになっても、毎日の動作の中で、気が付いたら猫背になっていた!なんてこともありますよね。そこで、「歩く時」や「座るとき」にも意識できるポイントをご紹介します。

1:歩く時は「みぞおち」から足が生えているイメージで

歩き方
足の付け根は、どこにあると思いますか?じつは、みぞおちあたりの筋肉を使って、足を動かしています。

ちょうどみぞおちの辺りから脚が生えていることを意識して歩くと、姿勢を正そうとしなくても、勝手に背筋がピンと整います。

面白いぐらいに歩き方が変わるので、ぜひ今すぐ試してみて下さい。

2:座る時は「骨」で座ると自然と背筋がのびていく

座るときの骨
座るときは、お尻の骨の「骨盤」を土台にして座っています。

じつは、骨盤は座ったときに安定するように、前が狭く、後ろが広くなっています。その三角形を上手くイスの上に乗せると、自然と姿勢が伸びていきます。

お尻の肉で座るというよりも、お尻の骨を感じながら、座るイメージです。余計な力が抜けて、楽で美しい座り心地を体感できます。

このときも、3つの腔を意識して、さらに美しい姿勢を気持ちよくキープしましょう。

3:寝返りを打ちまくると体の歪みがとれていく

寝返り
意識しなくても、簡単に歪みを整える方法があります。それは、寝返りを打つことです。

私たちは、重力からの抵抗の中で生活をしています。ふだんあまり意識をしていませんが、人一人立っているだけでも、大きなエネルギーがいるのです。そんな毎日の中で、体は少しずつ歪んでいきます。

そんな毎日の歪みをリセットできる方法が、寝返りです。私たちは、眠ることで重力から開放され、寝返りでゆがみを整えているのです。

硬めの寝具にすると、寝返りが打ちやすくなる

砂浜の上だと、ふかふかして気持ちがいいのですが、地面が安定していないので、動こうとすると、とても疲れやすいですよね。

それと同じで、ベッドのクッションが柔らかいと気持ちがいい感じがするのですが、寝返りを打ちにくくなり、疲れが取れずに、朝だるさを感じるようになります。

できるだけ、固めの寝具を選び、たくさん寝返りを打てるようにしておきましょう。体の歪みが整い、姿勢を改善しやすくなります。

下記の記事の「スッキリとした毎日を手に入れるための11の快眠メソッド」では、寝返りを打ちやすくするための寝具選びについてご紹介していますので、参考にしてください。

睡眠不足を解消してスッキリする為の11の快眠メソッド

(画像:apenas um olho de vidro..)

頑張れば頑張るほど、猫背はなおらない

猫背を改善する為に、「矯正ベルト」や「腹筋」を試している人も多いかもしれませんが、それらは猫背の改善には不向きです。

これらの方法を長いあいだ実践しても、猫背を改善できなかったのは、あなたのせいではありません。

なぜこれらの方法は効果が出づらいのか、その理由を確認しておきましょう。

矯正ベルトは根本的な解決にはつながらない

 猫背1

猫背を簡単になおすために、矯正ベルトも販売されています。矯正ベルトは、背筋を伸ばしている状態を固定するもので、一見、とても効果的に見えます。

しかし、ベルトをはずしてしまえば、気が緩んですぐに元通りになってしまうことが多く、完全に猫背を治してくれるものではなさそうです。さらに、ずっと固定されているのがストレスになり、苦痛に感じることが多くあります。

体を動かしにくくなり、肩や背中のコリがひどくなる方もいます。矯正ベルトで猫背を改善するというのは、難しいようです。

筋トレは猫背の改善には繋がらない

腹筋
猫背を正すためには、筋力が必要だと主張する人もいます。たしかに、体を支えるためには、筋力も必要ですが、私たちの体は筋肉だけで支えられているのでしょうか?

頭の重さは約5キロ前後ありますが、これは女性用のボーリングボールの重さと同じくらいです。手を真横に上げて、このボールを筋肉だけで支えようと思うと、難しいですよね。

けれど、手を真上に上げてボールを持つと、腕の骨で支えられて、少しだけ重さが軽減されます。このように、何十キロもある私たちの体の重さは、筋肉だけではなく、骨を上手く使えてこそ、バランスを保つことができています。

筋肉の力で姿勢を正そうというのは、根性論です。疲れて猫背に戻ってしまうのが、なんだか想像できませんか?

(画像:http://home.k07.itscom.net/tora/fit/001.html

まとめ:猫背は自分で改善できる

猫背をより早く改善できる3つのコツ

  1. 猫背リセット体操をおこなう
  2. ストレッチポールで背骨の歪みを整える
  3. 3つの腔を意識する

正しい姿勢を維持するための3つの意識

  • 歩くときは、みぞおちを意識する
  • 座るときは、骨で座る
  • たくさん寝返りをうつ

「背筋が伸びている人がタイプ」と言う男性がいました。

最初は意味が分からなかったのですが、付け加えて、「女性らしくて美しいし、包容力がありそう」と説明してくれました。これはきっと男性にも共通していて、背筋が張っている人の方が、男らしくて頼もしい印象を感じます。

背筋をはることで、今よりももっと自分に自信が持てるようになれたり、たくさんの人がいる中で、ひときわ輝いて見えるようになります。背筋を伸ばして心をオープンにしておくと、コミュニケーションが上手くとれて、もっと良い関係を築けるようになるかもしれません。

猫背の改善は、あなたの魅力の土台作りになります。ここまで読みすすめた人は、PCや携帯の画面に釘付けになり、猫背になってはいませんか?そんな時こそ、実践あるのみです!

あなたはどんな姿勢で、どんな思い出で、人生をいっぱいにしたいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。