睡眠時間を減らす人達が気付いていないたった一つの大切な事

日々、家事や仕事などに追われ、いつになったら休めるのかと、頭を抱えてはいませんか。「睡眠時間を減らすことができれば、もっとできることがたくさんあるのに」と、思うこともあるかもしれません。

しかし、はじめに結論を言うと、この記事では睡眠時間を減らす方法はお伝えしません。なぜなら、睡眠時間を減らしたところで、あなたの毎日が充実するとは限らないからです。

この記事では、きちんと睡眠をとりながらでもできる、毎日を充実させる5つの秘訣をご紹介します。眠っている時間がもったいないと思う人は多いですが、実は、毎日を充実させることが上手い人ほど、睡眠時間を大切にしているのです。

毎日何時間眠っていますか?

あなたは毎日何時間眠っていますか?

もしも、毎日10時間以上も眠っているのに眠り足りない場合は、下記の記事を参考にしてください。人よりも長くなってしまう睡眠時間を、あなた本来の睡眠時間へと減らすための4つの秘訣をご説明しています。

長い睡眠時間を要する人たちの特徴と改善する為の4つの秘訣

この記事では、

  • 毎日の睡眠時間を3〜5時間以内に短くして、何かに打ち込もうとしている人
  • 毎日やることがたくさんあって、追い込まれていると感じている人
  • 起きている時間を長くして、趣味やプライベートを充実させたい人

そんなあなたへ向けて書いていきます。

睡眠時間を減らしても毎日を充実させる事はできない

睡眠時間さえ短くできれば、勉強や趣味に時間を費やすことができるのに。起きている時間を長くできたら、もっと毎日が充実していくのに。そう思う事はありませんか。

しかし、本当に、あなたにとって必要な睡眠を削って、その代償として何かを充実させることはできるのでしょうか。睡眠は頭で考え、コントロールしているものではなく、本能的な欲求です。

睡眠は、食事・呼吸・排泄することと同じように、どれかが優先順位が高くて、どれかが低いという事はありません。そのどれもが削ることのできない大切な時間。つまり、睡眠を短くすることは、呼吸や食事をしないで生きるというくらい、体にとっては無理難題なことではないでしょうか。

何かをエンジョイするには、体が本能的に要求する事の基本はきちんと抑えておくことが必要です。それができなければ、結果的に効率やパフォーマンスは下がるどころか、いつまでも「まだ時間が足りない…」と言い続けることになります。

下記の記事では睡眠を短くしたことによる心と体への19の影響をお伝えしています。このような影響の中、あなたはまだ頑張ることができますか?

睡眠不足による心と体への19の影響と改善する為の睡眠方法

健康面への影響

  • 1:免疫力が低下して病気にかかりやすくなる
  • 2:頭痛・腰痛・肩こりなどのカラダの痛みを引き起こす
  • 3:吐き気・めまいを感じるようになる
  • 4:腸の働きが乱れ、便秘や下痢になる
  • 5:長期的な生理不順を引き起こす
  • 6:アレルギー疾患
  • 7:食欲が増していく

美容面への影響

  • 8:太りやすく、ダイエットをしても結果につながりにくい
  • 9:ニキビ・しわ・シミなどの肌トラブルを引き起こす
  • 10:体が歪み、スタイルが悪くなる
  • 11:抜け毛や白髪が増えていく
  • 12:老化が促進され、カラダ中の若さが失われる

日常生活への影響

  • 13:記憶力が著しく低下する
  • 14:平衡感覚のマヒ
  • 15:身体のパフォーマンスの低下(瞬発力・持久力)
  • 16:疲れの蓄積・ダルさを感じる
  • 17:やる気や集中力が低下し、仕事が手に付かなくなる
  • 18:感情のコントロールができなくなる
  • 19:自信がなくなる 

本当に時間が必要ですか?

テーブルの上に開いた本と砂時計

あなたが睡眠時間と引き換えにしてでも手に入れたいのは、どんなことですか?

お風呂に入る、寝具を変える、生活習慣を整えるなど。睡眠時間を減らす為の方法はいくらでもあります。しかし、それに成功したところで、本当にその時間を有効活用でき、毎日を充実させることはできるでしょうか。

睡眠時間を引き換えにしてでも手に入れたい未来とは

何かに追いこまれている感覚があるとき。それは、実際にやることが多すぎて追い込まれている場合もありますが、そのほとんどは「やらなければいけないこと」や「やらされていること」と感じているが故に、「追い込まれているような感じがするという状態に陥っていることがあります。

つまり、心から納得をして、本当に好きなことをやれていないのです。

つねに、「やらされている感」から抜け出すことができずに、気持ち的にいつも何かに追われている感覚に苦しみます。

この感情に目をつぶったまま、単に起きている時間を増やすことができても、毎日に充実感をもたらすことはできません。

本当に好きなら頑張らなくてもかってに睡眠時間は短くなっていく

  • 「これだけは」と思うことをこなしている時
  • どうしても負けたくない事があり、アドレナリンが出ている時
  • 好きな人と一緒に過ごしている時
  • 好きな漫画を何日かかけて読み切ると決めた時

そんなときは、頑張らなくても勝手に睡眠時間は短くなります。そこに「どうやって睡眠時間を削ろうか…」と頭で考えるようなことはありません。

人は本当に好きなことをやっている時に限り、なかなかエネルギーは底をつきません。体は睡眠よりも、それを行うことを要求するからです。

結果的に3時間程度しか眠れなくても、意外と平気です。睡眠時間を削る方法を考えるどころか、気付いたらかってに睡眠時間が短くなっていて、そんな毎日に納得までしているのです。

「どうやって睡眠時間を削ろう」と考えるときは、それをすることに心のどこかで納得できていないのかもしれません。その場合、睡眠時間を削れたとしても、それを効率的にこなすことは不可能です。

資格をとるためなら、その資格が本当にほしいのかを見直し、仕事のためなら、本当にその仕事をしたいのかを見直す。

つまり、あなたに必要なのは、睡眠時間を削ることではなく、睡眠時間を引き換えにすれば充実すると思っていた、その作業を見直す時間ではないでしょうか。

あなたは好きなことを自由に選択できる

「好きなことをやっている」という状態ではないのなら、睡眠時間ではなく、その作業内容を見直すことが何よりも先決です。

あなたは、好きな仕事を選ぶことができ、好きな趣味を選ぶことができ、好きな勉強をえらぶことができます。今あなたの目の前にある世界は、すべてあなたが自由に選択することができるのです。

できる人はいろいろやっています。「睡眠時間を短くしよう」と意識することもなく。「短時間睡眠は健康に悪いよ」と注意されるのも聞かずに。勝手に睡眠時間を短くしているもの。

できる人はもともとできるのではなく、自分に大切な物が何かを知っていて、それを選択しているからこそ「できる」のです。そうしているうちに、毎日の効率は上がり、睡眠時間も確保できるようになっていくものです。

あなたの好きなことを自由に選択していきましょう。あなたが本当に選びたいことはなんですか?

睡眠を減らさずに毎日を充実させる為の5つの秘訣

これからご紹介する5つの秘訣を実践していくことで、睡眠時間を削る事なく、充実した毎日を送れるようになる秘訣です。

じっさいに睡眠を削っている人たちよりも、遥かに毎日を充実させることのできる方法です。ぜひ毎日に取り入れてみてください。

1、あなたの「納得」できるものを選び続ける

 人は何かを選ぶとき、とても迷います。いろいろな損得感情が湧き起こり、それらすべてを天秤にかけます。

そうして選んできたはずなのに、目の前に広がった世界に満足できず、どうやってこなしていけばいいのかを模索することがあります。

では、どのようにして、物事を選んでいけばいいのか。

何かに迷ったら、一人でも多くの人が幸せになれるほうを。
何かに迷ったら、一人でも多くの人が笑顔になれるほうを。
何かに迷ったら、一人でも多くの人が健康になれるほうを。

そうして選んでみて、やってみて、それでも納得できなければ、いさぎよくやめる勇気をもつことです。

そして、何よりも大切なのが、最終的な決断をするときに、あなたがそれを「納得」して選択することです。

幸せとは、納得です。自分の選択に納得し、今目の前にある世界に納得をすることです。あなたは今、目の前にある世界に納得をしていますか?

2、真っ先に遊びの計画を入れる

遊びや自分のやりたい事の計画をスケジュールに入れない人は、いつまでたってもそれらをこなせる日はきません。

仕事ができる人は、必ず遊びの計画をスケジュールにいれています。自分がこれはやりたいなと思ったことをはじめから計画に入れているのです。

そして、自分にとって何がもっとも最優先するべきことかを知っています。そうして、自分の最も優先するべきことの時間をまずはじめに確保しているのです。

そうすることで、どうしたら余計な時間や物事を省いていけるのか、効率化していけるのかを考えられるようになり、結果的に時間の使い方が上手くなっていきます。

遊びの計画を入れると仕事が遅れるという後ろめたさがある一方で、反対に毎日の時間を効率的につかえるようになっていきます。

3、足りない時間はお金で買う

いくら効率化をはかっても、会社から任されている仕事が多い場合、毎日のノルマに追われ続けます。「ほらねやっぱり遊べないじゃないか」と思いますか?

じつは工夫次第で、仕事のスピードを2倍にも、3倍にも増やす方法があります。それは、あなたがもらったお給料を他の人に払って、自分の仕事を分担してもらうという方法です。

つまり、あなたの持っている仕事を外注に出すのです。「自腹で外注に出すなんて損はしたくない!」と感じる人は多いかもしれませんが、結果的には、お金で自由な時間を買ったことになります。

接客業で外注が無理であれば、給料を落としてでも、時間を確保できる仕事につくこともできます。

自分がもらうはずだった取り分を皆に配分して時間を買う事で、あなたは次にやりたいことの準備や勉強をしたり、家族を大切にする時間を持つことができるのです。

4、「経営者」になった気持ちで仕事をこなす

1人でどんなに早く能力を上げても、限界があります。1人でフル活動をするよりも、7割の力をつかって2人で動くことには敵いません。ましてや3人でやればもっと仕事は効率化できます。

本当にあなたにしかできない仕事だけを丁寧にこなし、クオリティーを保ちながら、人の2倍・3倍も仕事をこなすことができれば、利益はあがっていきます。結果的にあなたは評価され、給料までもあがっていくのです。

じつはこのポジション。社長のポジションと同じです。

はじめは自分の手取りが少なくなっても、仕事をどんどん振り、平気で無理難題を押し付けていきます。それができたらあなたは立派な経営者です。

自分と限りなく同じように動ける人を探したり、技術のある人を育てるのには、エネルギーも時間もかかります。しかしそれでも根気よくそれを実践してきた人は、結婚をして、家族が増えたときに抱え込むことが少なくなります。

自分の抱え込んでいる荷物を少しずつ減らすのがうまい人は、将来家族を大切にすることができ、毎日を充実させていくことができるのです。

5、仕事や家事は70点で合格にする

子供はテストで100点をとることができます。なぜなら、テストは100点までしかとることができないからです。

しかし、仕事は違います。仕事に上限はなく、何点でもとることができます。それはいつまでたっても「満点を取ることはできない」ということを表しています。

大人の仕事は70点で合格。失敗してもいいのです。ちょっと不十分でいいのです。それを繰り返しているうちに、振り返ってみると、確実に成長している自分に気づく事ができます。

人生はそれでいい。誰も困ることはありません。

まとめ:悩みの本質をとらえる

何かに悩んでいるとき。多くの人は、それを一生懸命なんとかしようとします。しかし実際に見えているのは表面的な問題であり、その悩みの本質はもっと奥の方にあります。

睡眠時間を削るのではなく、毎日を見直していきましょう。必ずそこに、あなたが本当に欲しているものがあるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。