シンスプリントのテーピングの巻き方と根本から改善する秘訣

ドリブル

シンスプリントの痛みが邪魔をして、思い切り練習に取り組めない。大事なところでいつも走れなくなる。痛む足を冷やしながら外から練習を見守るしかない・・・悔しいですよね。

思い切り練習するためにテーピングを調べたのかもしれませんが、いざ調べてみるとどれが自分に一番あうのか、本当に効果が出るのか迷ってしまいます。

テーピングはただ巻けば良いということではありません。何のためにテーピングをするのかを知り、正しくテーピングを使っていくとケガが長引くのを防ぐこともできるのです。

今回は、シンスプリントに最適なテーピング方法とシンスプリントを完治させるために大切な3つの秘訣をお話ししたいと思います。

 1.シンスプリントでテーピングを巻くメリット

テーピングを巻くことで、痛みをおさえたり・緩和することができます。今すぐ試合に出たい、練習をなんらかの理由で休むことができない、そういった方は痛みを抱えていても練習することが可能になります。痛みをおさえる以外の目的としては、筋肉の動きのサポートです。

シンスプリントの原因の中に、扁平足があげられることもありますが、その場合はアーチサポートとして使用されることもあります。

2.シンスプリントのためのテーピングの巻き方

伸縮性のキネシオテーピングは筋肉の補助として使いやすくおすすめです。テーピングを巻くことで痛みが増す場合は使用を中止してください。

2-1.シンスプリントの痛みがある人用

用意するもの:キネシオテーピング

①    つちふまずあたりからスタートし、小指側へ。足裏を通ってシンスプリントで痛みのでやすい骨にそって膝にむかってテープを貼ります。
(このときキネシオテープは引っ張りすぎずに紙をはがしながら丁寧に貼ります)

シンスプリント テーピング1

②    シンスプリントで押すと痛むすねの部分にテープを巻いていきます。

シンスプリント テーピング2

③    痛みのあるすねの部分から足をひと回りします。足のまわりを一周する後半からスタート部分と重なる部分までは少しひっぱりながら貼り付けます。痛む場所に3~5枚少しテープを重ねながら貼ります。(写真は3枚)

シンスプリント テーピング3

④    痛みが強い場合はホワイトテープ(非伸縮)で痛む部分を巻いていくことで固定力があがります。必要に応じて試してみてください。※非伸縮は引っ張りすぎるときつくなるので加減しながら巻くようにしてください。

シンスプリント テーピング4

2-2.シンスプリント再発予防用

用意するもの:キネシオテーピング

【痛みがある人用】の①で紹介したテープはすねの筋肉の動きのサポートになるので、再発予防におすすめです。ふくらはぎをサポートするキネシオテーピングを追加するのも良いでしょう。

2-3.テーピングをおすすめする人、しない人

今現在痛みがあって、それを少しでも緩和して競技をしたい方にテーピングはおすすめです。しかし、テーピングをしても痛みが強い場合はテーピングをして競技に参加することで症状が悪化する可能性もあります。

明らかに痛みが強く、動きに支障がでる場合はテーピングでの対処ではなく、シンスプリントを治すための治療を早急にはじめてください。

3.テーピングをしなくても痛まないようにするための3つの秘訣

3‐1.痛みは身体のサインということを知る

シンスプリントの痛みは何のために起こるのでしょうか。痛みなんてなくなれば良いのに、と思うのは当然だと思います。

しかし、痛みは私たちが生きていて身体が正しく働いているからこそ起こるものなのです。痛みは身体の危険を知らせるサイン。それをやらないでくれ、やめてくれという知らせです。身体もあなたの身体を守るために必死です。なんとか早くケガを治すために最善の方法を取ろうと身体はあなたにサインを送り続けているのです。

そのサインを受け入れるか、無視をするかはあなた次第。もしかすると、シンスプリントの治りを早くする方法はあなた自身がすでにもっているのかもしれません。 

3‐2.テーピングを巻きつづけると身体に起こること

テーピングを巻いて痛みが楽になっても、それをはずしたら、使用しないときはどうなのか。痛みのサインを出している身体はそのままです。きっと痛むのではないでしょうか。

テーピングをして痛くない状態は自然なものではなく、はずすと痛むのであればそれは正常な状態とはいえません。シンスプリントを治すということで考えるとテーピングは適していない可能性があります。テーピングをはずすとひどく痛むという事例も聞きます。

痛くなければそれで良いという考えもあると思いますが、テーピングを巻くことが当たり前になり、それをつづけていくと身体にある変化がおこっていきます。テーピングが筋肉の代わりをしてしまうということです。

一見悪いことではなさそうですが、本来ならば自分の力で働いて必要な時に必要な動きをするはずの筋肉が、テーピングが補助(代わり)をしてくれることで、自分が働く必要がなくなるので筋肉が自分の役割をサボるようになります。

前述したことにもつながるのですが、テーピングをはずすと痛くなったり、なんとなくテーピングをしていないと不安を感じる場合は、筋肉が場面にあわせて上手に働けなくなっている可能性が高いです。

なので、本当にシンスプリントを治したい、完治させたいと考えている方は長期的にみて、テーピングはおすすめしません。何かに頼ることなく、思い切り走れるようになりたいですね。

3‐3.その場しのぎの対症療法を選ばない

治療には、大きくわけて「根本療法」と「対症療法」があります。根本療法は、痛みを引き起こす本当の原因を解消することを指します。対症療法は、痛み止めのように痛みを伝える神経系を制御するような根本的な原因を解決するものではありません。

一般的に痛みを抱える患者さんの望みとして、痛みをすぐになんとかしたいと思って病院へ行く方が多いので、お医者さんも対症療法で済ませてしまう場合も多いです。

もちろん一時的に、身体の負担を減らすために対症療法が必要なことがありますが、例えば、痛み止めを飲んでシンスプリントの痛みがなくなったとしても痛みを伝える神経が落ち着いただけで筋肉の状態は何も変わっていません。痛み止めが切れると、もとに戻る。これは自然なことです。適切な治療法を選ぶことも回復の近道です。 

シンスプリントに最適な治療については下記の記事で詳しく説明しています。テーピングに頼って練習をするのではなく、シンスプリントを完治させて全力でプレー出来るようにしましょう。

なかなか治らないシンスプリントを完治させるための治療と6ステップ

3‐4.治すための環境を整える

痛みがあって練習ができないと焦りますよね。試合が近い、レギュラー争いなどそれぞれの状況が加わると余計に焦ってしまうことでしょう。痛みを我慢してでも練習したい思いもあると思います。

しかし、あなたが長く競技をつづけていきたいと思っているなら、思い切り練習できない、痛みをかばって身についた動きはあなたにとってどんな結果をもたらすのでしょうか。身体は常に治るために働こうとしています。

そして、痛みには必ず原因があります。治すのはお医者さんではなく、あなた自身です。もしなかなか治らない状況があるのなら、その邪魔をしているのはもしかすると、あなた自身なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。