シンスプリントの症状|「12のチェック項目」と改善方法

シンスプリントとは

「走っているとだんだんすねが痛くなってくるけど、これってシンスプリントなのだろうか?」

そんな不安があるのではないでしょうか?

もし、あなたのすねの痛みがシンスプリントであれば出来るだけ適切な治療を行うことが大切です。まずは、「自分の症状がシンスプリントなのか?」を把握してください。

今回は、シンスプリントの症状「12の特徴」をもとに、あなたのスネの痛みは、シンスプリントなのかを確認していきましょう。

(画像出典:allabout.co.jp

「そのすねの痛みはシンスプリントの症状なのか?」が分かる「12のチェック項目」

シンスプリントの主な症状「12のチェック項目」を参考に、シンスプリントかどうかの判断基準にお役立てください。 

はじめに出てくる症状―

  1. すね(ふくらはぎ)の内側(または、外側)が痛い
  2. すねの内側(または外側)の骨を押すと、激痛がする
  3. 骨がきしむような感じがする
  4. 走ったり、ジャンプするとすねの内側(または外側)が痛い
  5. 骨折した時のような、激しい痛みではなく、ズーンとした、鈍い、響くような痛みがある
  6. 運動を始めると痛くなり、体が温まってくると痛みがなくなり、運動が終わるとまた痛む
  7. 筋肉痛のような痛みも感じる

ひどくなると―

  1. 歩いたり、立ったりするだけで痛い
  2. 何もしなくても痛い
  3. 運動している最中もずっと痛い
  4. 最初の頃より、痛みが持続する
  5. 運動ができなくなるほど痛い

シンスプリントはすねの内側(または外側)が痛む症状

 シンスプリント 筋肉

シンスプリント位置
(イラスト出典:yoharano.ti-da.net

 シンスプリントは、イラストの赤で囲んである位置が痛くなる症状です。

もっと正確にお伝えすると、シンスプリントは筋肉ではなく、骨と筋肉がくっついている「骨膜(骨をおおっている膜)」が炎症して痛くなる症状です。そのため、筋肉がついている骨膜のラインに沿って痛みが起こります。

また、痛みの範囲がひざから下全てとかなり広いときも、シンスプリントと診断される場合があります。不安がある方は、病院での診断をおすすめします。 

シンスプリントが痛くなる原因は「硬くなった筋肉」

 シンスプリントは「すねの骨の内側や外側」が痛む症状ですが、上の図を見て分かるようにすねの周りには「ヒラメ筋」「腓腹筋」「前脛骨筋」などさまざまな筋肉が付着(筋肉が骨に付いている)しています。

例えば、「ヒラメ筋」は、走ったり、歩いたり、ジャンプをする時によく使う筋肉です。その動作をするたびに強くぎゅ!ぎゅ!と緊張をして、すねの骨膜(骨膜とは、骨をおおっている膜)をひっぱるのです。

この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が長く続くと引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、痛み始めます。これがシンスプリントになる本当の原因です。

さらに詳しく原因について知りたい方は「シンスプリントとは?|シンスプリントを引き起こす6つの原因」の(シンスプリントの痛みを起こす筋肉を硬くする6つの要因 )を見てください。シンスプリントを完治させるためには原因を正しく理解しておくことは非常に大切です。

シンスプリントを治すために最も最適な治療方法

一般的にシンスプリントの治療とは、

  • スネの内側を氷で冷やす(アイシング)
  • 痛いところをグリグリと押す
  • 痛いくらいストレッチする
  • 練習前にテーピングをする
  • 靴の中に中敷き(インソール)を入れる

などが行われます。

しかし、上記のシンスプリントの治療に取り組みながらも、治らずに辛い思いをしている人がたくさんいます。それは、シンスプリントに対する治療方法が間違っているからでしょう。

シンスプリントの原因は「硬くなった筋肉」です。「硬くなった筋肉を柔らかくすること」や「血流を回復させて治癒を促すこと」が、シンスプリントの早期改善だけではなく、再発防止にもとても効果的なのです。

シンスプリントは、「原因」をしっかりと把握して、「正しい治療」を行っていけば、早期に完治が望める症状です。「なかなか治らないシンスプリントを完治させるための治療と6ステップでシンスプリントの「正しい改善方法」を6つのステップに分けてご紹介していますので、参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。