白髪を抜いてはいけない2つの理由と抜かずに活かす簡単対策

白髪

鏡を見るたびに気になってしまうその白髪。見つけるたびに、つい抜いてしまっていませんか?白髪は、あまり生えていない時期こそ余計に目立つもの。けれども、白髪を抜くと「増える」「薄毛になる」そんな噂を聞きますよね。ガマンをしてでも抜かない方が良いのなら、きちんとその理由を知りたくありませんか。

はじめに結論を言うと、白髪を抜くと白髪が増える可能性があります。それだけでなく、髪の毛や頭皮にとってもあまり良い影響を与えません。

そこでこの記事では、白髪を抜いてはいけない2つの理由と、抜かずにできてダメージゼロの簡単白髪対策をご紹介します。白髪に対する悩みを解決し、あなたの本当の魅力を取り戻しましょう。

白髪を抜いてはいけない2つの理由

鏡を見るたびに気になってしまう白髪。見つけるたびに、つい抜いてしまっていませんか?

けれども、白髪は抜かないのが正解。それには2つの理由があります。

理由1:白髪以外の症状が現れる可能性がある

白髪に限らず、髪を抜くこと自体、あなたにとってあまり良いことではありません。白髪を抜くことで、髪が生えてこなくなったり、頭皮を傷めてしまうといった、二次災害がおこりやすくなるからです。

白髪が増える

じつは、「白髪を抜くと増える」という情報に科学的な根拠はありません。けれども、髪の毛は1つの毛穴から数本生えているもの。その1本を無理やり抜いてしまうと、毛根の組織が破壊されて、隣の髪の毛にも影響を与えてしまうという意見もあります。

抜いた毛の後に生えてきた毛の隣の毛もメラニン色素をつくらなくなってしまい、かえって増えてしまうこともあります。(板羽忠徳著「やってはいけない頭髪ケア」)

髪が生えてこなくなる

また、何度も白髪を抜いていると、髪の毛自体が生えてこなくなることがあります。実際に、「抜毛症」といって自ら髪の毛を抜いてしまう症状があるのですが、その結果、髪の毛が生えてこなくなり、悩んでいる方も少なくありません。

頭皮が炎症を起こしてしまう

「毛根」は「毛細血管」とつながっているため、勢いよく抜いてしまうと、毛細血管から出血することがあります。そこから細菌などが侵入し、炎症を起こす場合もあるので、頻繁にたくさんの髪の毛を抜くのはやめましょう。

理由2:白髪を抜いても根本的な解決にはならない

中には、「白髪を抜いたら黒髪が生えてくるかもしれない」と期待をしている人もいるかもしれません。けれども、白髪を抜いても、その毛穴からは変わらず「白髪」が生えてくるだけ。根本的な解決にはなりません。

白髪の原因は加齢・生活習慣・遺伝・ストレスなどがあると言われています。たしかに遺伝による影響の部分はどうしようもないかもしれませんが、その他の面ではあなた次第で解決することができるのです。

白髪を抜かずに解決する具体的な2つの手順

ようするに、白髪を抜かずに改善するには、 2つの手順を同時に行っていくことが大切です。

  1. 白髪を抜かずに活かす対策をする
  2. 白髪の根本的原因である生活習慣を見直す

どうしようもなく気になる白髪は抜かずに対策をして、それと同時に根本的な改善につながる生活習慣を見直しましょう。そうすることで、「今」も「これから先」も、ずっと若々しいあなたでいることができます。

これからこの2つの手順について詳しくご説明します。

手順1:白髪を抜かずに活かす3つの対策

それでは早速、「抜く」以外の方法で簡単にできる3つの白髪対策を見ていきましょう。全てダメージを与えない方法なので、髪や頭皮を傷めることなく、白髪を隠すことができます。

  • 対策1:根元でカットする
  • 対策2:ハーブシャンプーで自然な髪色に
  • 対策3:髪や頭皮を傷めないカラー方法を行う

【対策1】根元でカットする

シザー

白髪の対策で一番てっとり早いのが、白髪を根本でカットする方法。毛根を傷めることなく、白髪を隠すことができます。

けれども、一つだけデメリットになるのが、白髪が伸びてくると「アホ毛」のようにピンと立って目立ってしまうことです。

まだ本数が少なく、頻繁にカットできる場合はおすすめですが、白髪の量が多く、頻繁にお手入れできない場合は不向きです。 

【対策2】ハーブシャンプーで自然な髪色に

ヘナインディゴ

白髪の本数がカットでは追いつかなくなってきたら、「ハーブシャンプー」を使うのがおすすめです。

100%天然の「ハーブ」には、「洗浄成分」があるものや、「天然の色素」をもつものまで様々な種類があります。あなた好みのハーブで、毎日髪を洗い続けるだけで、洗髪できるのはもちろん、白髪にも少しずつ天然ハーブの色素が入り、白髪が目立たなくなっていくのです。

実際にこの方法を行っている人に聞くと、

  • 「洗うたびに白髪が目立たなくなってきた!もっと早く知りたかった!」
  • 「もう何年も髪を染めていないのに、白髪に気づかれない!」

といった声を多く耳にします。

下記のサイトでは、実際にハーブシャンプーを使うことで白髪対策をしている方の体験談が詳しく載っていますので、ぜひ参考にしてください。「trinity

それでは早速ハーブシャンプーの使用方法を見ていきましょう。

用意するもの

  1. 100均で売っているドレッシングボトル(下記写真・黄色い蓋のボトル)
  2. ハーブ:シカカイ(洗浄成分)……大さじ1
  3. ハーブ:ダークブラウンカラー(白髪を染める)……大さじ2

ハーブシャンプーの方法

ハーブシャンプー

  1. ドレッシングボトルにbとcのハーブとお湯を入れる
  2. 縦・横方向へしっかりシェイクして「ハーブシャンプー」を作る
  3. お風呂に入って、頭をしっかりとお湯洗いする
  4. ハーブシャンプーを頭皮にすり込み、5分ほど頭皮をマッサージする(下記動画参照)
  5. 2〜3分放置する(髪をクリップでとめて、この間に体を洗うと効率的)
  6. しっかりとお湯で流したら、タオルドライして乾かす

注意点

  • ハーブシャンプーは泡立ちません。液体のまま頭皮にすり込んでマッサージをするイメージです。
  • ハーブシャンプーは一度では染まりません。繰り返し使い続ける事で色味が深くなっていきます。
  • 根元から新しく生えて来た白髪も少しずつ染まっていくため、今後髪を染める必要がなくなります。
  • 風呂場の壁や床についたハーブは、シャワーで落とすことができます。
  • 皮膚や爪が染まることはありません。

ハーブシャンプーを行う前に、1度でもいいので「ヘナカラー」をするのがおすすめです。ヘナカラーとは天然100%のハーブを使ったカラーの事で、髪や頭皮を一切傷めることなく、白髪を染めることができます。ハーブシャンプーはとても色素が薄いため、はじめにヘナカラーで染めておかないと、ハーブカラーだけではなかなか色味が出てきません。ハーブシャンプーを行う前に、まずは下記の記事を確認して、ヘナカラーを行いましょう。

ヘナで白髪染め|初めて使用する前に知っておきたい7つの事

【対策3】白髪をハイライトのように楽しむ

ハイライト(画像出典:http://www.mulemule.jp/upload/images/high.JPG

  • 白髪の量が多くなってきてカットが追いつかない
  • ハーブシャンプーは難しそう

そんな時は、白髪をハイライトのように活かすのも一つの手です。ハイライトとは、髪の毛の所々に明るい色を入れて、髪に立体感を出す方法。

脱色効果のないカラー剤をつかえば、髪を傷めることなく白髪の部分だけに色味が入り、ハイライトとして楽しむ事ができます一般的な白髪染めには、科学染料・ヘアマニュキュア・ヘナカラー・香草カラーなどがありますが、その中でもヘアマニキュアと、ヘナカラーは髪にダメージを与えません

上手にハイライトを活かすコツ

  • 白髪が全体の30%以内で少ない:明るめのハイライトでもオシャレ
  • 白髪が全体の30%以上で多い:暗めのハイライトにしてなじませる 

▼方法1:ヘアマニキュアで染める

ヘアマニキュア(画像出典:yahoo!ショッピング

一般的な白髪染めとは違い、脱色効果のない「ヘアマニキュア」は、髪や頭皮を傷める事なく、白髪だけにカラーを入れる事ができます。

色味も豊富で、完全になじませる為の「ブラック」・自然になじむ「ブラウン系」・オシャレに魅せる為の「カラー系」など、選ぶ色味によって、様々な雰囲気を楽しむ事ができます。

ヘアマニキュアは、美容院で染める事ができます。

  • 値段は約¥5,000〜8,000
  • 普通のカラー剤よりは色味落ちしやすい
  • 脱色をしないぶん、髪を傷めずに白髪を活かしながらカラーを楽しむ事ができる

▼方法2:ヘナカラーで染める

ヘナ(画像出典:placeinthesun

ヘナカラーとは、ヘナという植物の色素をつかって髪を染める方法です。マニキュア同様、脱色効果はなく、白髪にカラーをいれるだけ。髪や頭皮を傷めないので、ハリやツヤを維持する事ができます。

もともとはオレンジ色の色素しかありませんが、インディゴという青色の色素を持った植物を混ぜる事で、ブラウン色に染める事もできます。

ヘナカラーは自宅でも簡単に染める事ができます。

手順2:白髪の根本的原因である生活習慣を見直す

あなたはもしかしたら、「白髪は自分ではどうにもできない」と思っていませんか。けれども、実はあなた次第で、白髪の発生速度を変えることができます。

中国では、「髪は血余(けつよ)」と言われています。毛根は毛細血管とつながっていて、そこから栄養を受け取り、髪をつくっているのです。つまり、あなたの体が健康であり、質のいい血液が流れていれば、健康的な髪の毛をつくることができるということです。

食事によって体の老化速度はこんなに変わる

サーチュイン遺伝子(画像出典:健康とアンチエイジング

また、「食事によって老化のスピードが大きく変わる」という興味深い実験があります。

上記の画像の猿を比較すれば一目瞭然ですが、カロリー制限をした猿は、普通に食事を与えられた猿に比べて、明らかに毛質が若々しく、白髪も非常に少ないことがわかります。

食事の内容によって、老化を遅らせる「サーチュイン遺伝子」が活動を始め、細胞を活性化し、代謝が良くなったり、細胞が若返ったり、様々な老化予防になることがわかったのです。

つまり、白髪は老化や遺伝という運命的なものではなく、健康的な生活や食事内容によって、発生速度を変えられるということです。

では、どのような生活を送れば、「健康的なあなた」になれるのでしょうか?実は、それには「10のコツ」があります。下記のリンク先にて「健康なあなたになるための10の知恵」というレポートを無料でダウンロードできるので、ぜひ参考にしてください。体の内側から健康になり、質のいい髪の毛へと成長させることができます。

Zigen無料健康レポートのダウンロードはこちら

まとめ:白髪を魅力に変える人たち

毎日鏡で白髪をみながら、憂鬱になっていませんか。このまま白髪が増えていったらどうしようと、不安に思うかもしれません。

けれども、あなたの「魅力」は白髪で左右されてしまうのでしょうか。もしも左右するとしたら、それはあなたが白髪をどう捉えているかで大きく変わります

芸能人の方をみていても、白髪を堂々とおしゃれに見せている人もいれば、メッシュのようにして楽しんでいる人もいます。その潔さや、その時々の自分自身を楽しむ前向きな姿勢は、多くの人を魅了します。

あなたは自分の白髪をどう捉えますか?白髪の生え始めた自分も「意外と悪くないね」と受け止められたとき、年齢を重ねることがあなたにとっての楽しみになっていくかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。