本当にPMS?症状から確認できる3つのポイント

ストレス 抱える

原因不明の体調不良。些細な事でイライラしてしまう。いつもは順調な家事や仕事がうまくいかない。このような、いきなり襲ってくる不調に「何かの病気なのかな?」と不安に思っていませんか?

もし、あなたの症状が「月経前」に現れているのならば、それは、PMS(月経前症候群)かもしれません。PMSは病気ではなく、あなた自身が引き出している「体と心のSOSサイン」です。

この記事では、PMSの主な症状、なぜその症状は起こるのかをお伝えしていきます。

原因不明の不調に苦しんでいるあなた、もう大丈夫です。PMSは必ず改善できます。そのためにも、まずはその苦しい症状がPMSなのか、一緒に確認していきましょう。

あなたの不調がPMSかを確認する3つのポイント

実は、あなたの不調がPMSなのかを確認するには、3つのポイントがあります。まずは、PMSであるかを見分ける3つのポイントから、あなたの不安を解消していきましょう。

1.月経の有無

あなたは毎月、月経が来ていますか?自分の月経周期を把握していますか?PMSは和訳すると「月経前症候群」です。その名のとおり、PMSの症状は、「排卵後から月経開始までの期間」に現れます。そのため、排卵や月経が起きなくなった閉経後や、まだ初経が来ていない方にはPMSは現れません。

2.PMSの現れる時期

PMSの時期は、月経や排卵の周期により、個人差はありますが、必ず言えることは「排卵後から月経開始までの期間」です。あなたの不調は、いつも月経前に現れていますか?

「月経前、3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経開始とともに軽快ないし消失するものをいいます。(日本産科婦人科学会)」

日本産科婦人科学会ではPMSをこのように定義しています。しかし、PMSが現れる時期が必ず「月経前3~10日」とは限りません。長い人は「10~14日前」から始まる人もいれば、3日前に少しだけ症状が出るだけの人もいます。

3.PMSが消失する時期

あなたの不調は、消えることはありますか?どのような時期に消えていますか?先ほどのPMSの定義に記載してあるように、PMSの症状は「月経開始とともに軽快ないし消失するもの」です。もし、月経中に強い症状が現れる、年中調子が悪いという場合はPMSではなく、月経周期に伴う別の病気である場合があります。

PMSの具体的な2つの症状

次は、その不調がなぜ現れるのか、確認してみましょう。PMSの症状は全部で数百種類以上あると言われています。そのため、あなたが自覚している症状以外にも、「この症状はPMSだったのか!」と発見することもあると思います。あなたが悩んでいる不調と比べながら読んでいってくださいね。

また、今からお伝えする中に、いくつか女性ホルモンの名前が登場します。PMSの症状には、女性ホルモンが大きく関わっているからです。まずは、下記の記事を読んで、PMSに関わる大切な「女性ホルモン」について把握しておいてください。

PMSとは|男女ともに知っておきたい6つの真実

症状1.もう何もしたくない!寝込みたくなるほどの体の不調

Woman Suffering From Stomachache On Sofa

腰痛・下腹部痛

PMSの腰痛や下腹部痛は、痛みが一部ではなく、全体に広がります。そのため、痛みというよりも「重い」「だるい」「ズーンとする」などと感じることが多いです。排卵後の体は月経に備えて多くの血液が必要になるため、あなたの体の血液量が普段よりも増加しやすくなります。そのため、骨盤内に血液が溜まりやすくなって、腰が重くなったり、下腹部が張ったり痛くなったりします。

頭痛

頭の片側や両側がズキズキと脈を打つようにして痛む、「偏頭痛」が起こる場合が多いです。PMSの頭痛の原因は2つあります。1つ目は、卵胞ホルモンの減少と共に、セロトニンが減少するからです。そのため、脳内の血管が広がりやすくなり、脳内を圧迫し頭痛を引き起こしてしまうのです。2つ目は、黄体ホルモンの働きにより、体に水分を溜め込みやすくなるからです。これは、月経前の正常な働きではありますが、溜まった水分が頭蓋骨の隙間に入ることで頭がむくみ、頭痛が起きます。

食欲増進

普段よりも食欲が増したり、甘いものが食べたくなったりします。月経期間は体力を非常に消耗するため、その前に体が本能的に栄養を多く蓄えておこうと考えるからです。しかし、特に甘いものが食べたくなる場合は、黄体ホルモンの働きによって、糖代謝が変化し、血糖値が低下しやすくなるからではないかと言われています。詳しくは下記の記事の3-1の項目を読んでみてください。

PMS原因|体と心の不調から抜け出すための3つの確認

疲れやすい・だるい

何となく疲れやすかったり、休息しても疲れがとれなかったりという状態が続きます。これは、女性ホルモンの乱れで交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできていないことが原因です。交感神経とは緊張や活動であり、副交感神経とはリラックスや修復をつかさどる神経です。これらをうまく切り替えることができず、交感神経が優位な状態となってしまい、倦怠感が続いてしまいます。

肌が荒れる・ニキビができる

ニキビができる、シミが濃くなる、くまができる、毛穴が開く、顔色が黒ずむ、湿疹などのアレルギー症状がでる、下着の跡がみみず腫れになるなどの症状がでます。これらは、黄体ホルモンの働きによって、肌が子宮を守るために、老廃物を外に出そうとし、皮脂の分泌が活発になるからです。

乳房の張り

胸が張ってかゆみを感じたり、下着をつけているのが気持ち悪くなったり、胸のサイズが大きくなる症状です。ひどいときは腕を動かせないほど痛む場合もあります。これらは、乳腺を拡張させる卵胞ホルモンの過剰な分泌乳腺の発達を促す黄体ホルモンの増加体内に溜め込む水分が乳房にたまりやすくなっていることが原因となります。

過眠・不眠

異常な眠気に襲われ、どれだけ寝ても寝たりないという症状がでます。また、逆に寝つきが悪くなる、眠りが浅くなるなどの不眠傾向が出る場合もあります。人間は通常、眠りにつくときに体温が下がり、目覚めるときに体温が上がります。しかし、PMSの時期になると黄体ホルモンの働きによって、基礎体温が上昇し、体温変化が少なってしまいます。そのため、体が目覚めにくく日中に眠くなってしまったり、体温が下がりにくくなって体が眠る準備を整えることができず、寝つきが悪くなったりしてしまうのです。

便秘・下痢になる

普段はお通じが良いのに、便秘になったり、下痢になったりという症状が起きます。便秘が起きるのは、黄体ホルモンの働きによって、腸管内の水分を体内に溜め込み、便が硬くなりやすくなるからです。また、蠕動運動を抑制し、腸の働きが低下することも原因です。下痢は、プロスタグランジンという子宮や胃腸を収縮させる働きのあるホルモンが原因です。妊娠しなかった場合、子宮を収縮させるための分泌が始まります。そのため、胃の動きが過剰になり、胃痛や吐き気をもよおします。そして、腸の動きが過剰になることにより、便の進むスピードが速まり、下痢をしやすくなります。

症状2.本当に私?性格が豹変してしまうほどの心の不調

悩む

PMSの症状の中でも「イライラする・怒りっぽくなる」という症状を訴える女性が多いです。他にもPMSの心の不調はいくつかあります。

 怒りっぽくなる・イライラする、自分の感情をコントロールできないように感じる、やる気が起きない・無気力、気分の落ち込み・憂鬱感、物事を面倒くさく感じる、集中力の低下、人に会いたくなくなる、他人と口論したくなる、メールの返信をしたくなくなる、涙もろくなる、不安になる、緊張しやすくなる、自信がなくなる、性欲が高まる、性欲がなくなる、弱気になる、記憶力の低下

上記が代表的なPMSの心の不調です。急に涙が出てきたり、些細な事で彼氏と喧嘩になって彼に嫌われてしまうのではないか・・と不安に思ったり、仕事のミスが増えて落ち込んでしまったり。あなたを苦しめる心の不調の原因は、実はあなた自身の体や心の中に潜んでいます

「幸せホルモン」の減少が心の不調を引き起こす

PMSの心の不調には、「セロトニン」という神経伝達物質が影響しています。このセロトニンは喜びや幸せを感じる脳内物質であり、「幸せホルモン」とも言われています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンが変動することによって、このセロトニンの分泌量が低下してしまいます。

セロトニンは自律神経をコントロールしている働きがあります。セロトニンが不足することにより、自律神経のバランスが乱れ、ネガティブな気持ちを引き起こしてしまいます。

血糖値の急激な低下があなたの心をかき乱す

セロトニンの低下ともう一つ、心の不調の原因となるものが「低血糖」です。PMSの時期は黄体ホルモンの働きによって、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の効果が低下し、血糖値が上昇しやすくなります。あなたの体は、この上昇した血糖値を下げようとするため、普段よりも多量のインスリンが必要になり、インスリンの分泌量が急激に増加し、血糖値は急激に低下します。そして、低血糖になることにより、アドレナリンの分泌が行われます。アドレナリンは「攻撃ホルモン」とも呼ばれており、分泌されると興奮しやすい状態になり、イライラしたり、相手に対し攻撃的になったりすることがあります。

PMSと間違えやすい「女性の病気」には要注意

医者

気をつけなければならないのは、月経周期に伴い症状が出ていても、PMSでない病気である場合です。PMSと似た症状で、PMSと異なる病気は主に3つあります。区別がつきにくいものもあるため、不安な場合は、一度産婦人科で診察を受けてみることをおすすめします。

月経困難症

  • 腹痛
  • 腰痛
  • 吐き気

上記のような症状が月経中に現れ、ひどい場合は寝込んでしまい、仕事や学業などの社会生活が困難になります。PMSと症状は似ていますが、異なる点は発症時期。PMSは月経前に症状が現れますが、月経困難症は月経中に重い症状が現れます。月経困難症は若い女性にみられやすいですが、年齢とともに、また出産回数とともに減っていきます。

月経前不快気分障害(PMDD

  • やる気の消失
  • 重度の抑うつ状態
  • 絶望感

上記のような心の不調が重く、ひどい場合は自殺願望や自殺行為を引き起こしてしまいます。月経がある女性の約5%に見られる症状です。PMSと異なる点は、PMSよりも気分の悪化が著しく、自制が困難で日常生活が全く送れないほど深刻な場合をPMDDと言います。

更年期障害

  • 体のほてり(ホットフラッシュ)
  • 大量の汗
  • 倦怠感
  • むくみ
  • イライラ
  • 抑うつ

上記のような症状が、45歳ごろから55歳ごろの女性に見られます。PMSと似た症状もありますが、異なる点は発症時期月経前以外にも常にPMSのような症状が継続的に発症する場合は、更年期障害の可能性が高いです。

まとめ:PMSの症状は、あなたの体と心が教えてくれるSOSサイン

あなたの不調が本当にPMSなのかを確認する3つのチェックポイント

  1. PMS発症の時期は、月経前であり月経開始とともに減退する
  2. PMSの時期に現れる体の不調と心の不調
  3. PMSと間違えやすい「女性の病気」

PMSの苦しい症状に悩まされると、何もかも投げ出したくなって「もう女なんて嫌だ!」と思うこともあるかもしれません。しかし、PMSの症状1つ1つは、あなたの体や心が教えてくれる大切なSOSサインです。それを決して見逃さないでください。PMSの症状はあなた自身の体や心が引き出しているものであるため、あなた次第で改善することができます。今後はPMS改善の記事を書いていきますので、改善策についてはそちらを参考にしていってくださいね。

まずは、ゆっくりとあなた自身と向き合う時間をつくり、体と心のSOSの声に耳を傾けてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アトピーだった私が365日でキレイな肌に生まれ変わった秘訣」を、PDFにまとめて無料で提供しています。

Zigenのアトピー記事は、全て完治までの実体験を元に書いています。
そう、私自身も重度のアトピー患者だったのです。

でも実は…記事では伝えきれていないことが、たくさんあります。

あなたがアトピーの悩みから1日でも早く解放されるように… こちらの無料レポートで、その第一歩を踏み出してみませんか?


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。