20代の若白髪|毎日の習慣で改善できる10の方法

周りの人と比べても、明らかに早すぎる白髪。人の視線が気になったり、好きな髪型ができなかったりと、今までたくさんのガマンをしてきたのではないでしょうか。

白髪は一度できたらもう黒髪には戻らないイメージかもしれません。けれど、転んでも傷が塞がっていくように、体はいつでもあなたの体を「健康な状態」に改善しようとする働きがあります。それは白髪でも同じこと。あなたの体は白髪を改善する力をもっています。

これからご紹介する「10の習慣」を続けていくことで、白髪の予防だけでなく、今ある白髪を黒髪へと改善する事ができます。白髪を改善して、自信のもてる毎日を過ごすための参考にしてください。

20代の白髪も「若白髪」に入る

洗顔する若い女性

白髪になる人の平均年齢は、「30代半ば」から少しずつ生え始め、「50代」になると髪の半分近くが白髪になります。けれど、きっとこの記事を読んでいるあなたは、平均年齢よりも前に白髪が生え始め、悩んでいることでしょう。

「若白髪は遺伝だ」そんな言葉を聞くと、もう自分ではどうにもならないんじゃないかと、とても落ち込みますよね。けれど、安心してください。あなたはこの記事を読む事で、白髪の予防ができるのはもちろん、今ある白髪を黒髪へと改善してく事ができるからです。

若白髪は心と体からの「小さなSOS」

白髪はデメリットばかりだと思われるかもしれません。けれど、10代や20代での若白髪は、あなたの健康を守るための働きでもあるのです。

たとえば、あなたの心や体がとても疲れている時、まずはあなたの体が生きられるように、命に関係のある、内臓や脳などにたくさんのエネルギーがいくようになり、髪を黒くするのは後回しになります。髪が黒いか白いかは、あなたの健康には関係がないので、栄養が回るのが最後になってしまうのです。

疲れているというと、ヘトヘトになるまで働いていたり、精神的にとても苦しんでいるようなイメージかもしれませんが、じつは下記のようなことでも、体は知らないうちに疲労を溜め込んでいます。

  • 1日3食、お腹いっぱいに食べている
  • 猫背になって、呼吸が浅くなっている
  • 頻繁にマスターベーションをしている
  • 家族とのすれ違いが多い
  • 友人関係で悩んでいる
  • 受験勉強で頭が疲れている
  • 部活での指導や試合などでプレッシャーがかかっている
  • 激しいスポーツのしすぎで、体が疲れている

意外と当てはまる項目も多いのではないでしょうか? このような習慣を続けていると、だんだんと体は疲れていき、髪に色をつける事が難しくなっていきます。

「てっとり早く」では白髪は改善できない

白髪を改善する為に、白髪を抜いたり、カラーをしたり、海藻を食べたりする事もあるかもしれません。けれど、それらで本当にあなたの白髪の悩みは解決できているでしょうか?本当に効果を実感できていますか?

白髪の原因を見つけることなく、その場しのぎをしていても、この先白髪は増えていくいっぽうです。

それよりも本当に大切なのは、体の内側に目をむける事。白髪の根本的な原因に目を向け、それらを解決していく事で、白髪の予防はもちろん、すでに白くなっている髪の毛まで、黒髪へと改善する事ができます。

毎日の習慣で、白髪は改善できる

何気なく習慣化している「体を疲れさせてしまう行動」によって、あなたの髪は白髪になっていきます。

これらの習慣を改善する事で、今まで「内臓」や「脳」に向かっていたエネルギーを、頭皮へと戻す事ができ、白髪の予防はもちろん、今ある白髪まで改善していく事ができます。 

20代の白髪は、「病気になる程ではないけれど、心と体もいたわってあげてね」という、体からのメッセージ。ここで健康に興味を持つ事は、美しさを保つ為にも、とても良いキッカケになるはずです。

若白髪を改善するための10の習慣

それでは早速、若白髪を改善する為の、毎日の習慣にしたい10のことをご紹介します。この10のことを習慣化していく事で、いままで疲れていた心と体が健康的になり、白髪の改善へとエネルギーをむける事ができます。

習慣1、「白髪は改善できない」という思い込みを捨てる

悩む女性

一つめの習慣は、何よりも1番大切な事です。「白髪は改善できないかもしれない。」という中途半端な気持ちを捨てる事です。「白髪を改善する」と決めたら、あとは自分の体の力を信じて、その応援をしてあげることが大切です。

あなた自身も、「どうせあなたはできないんだから」と言われると、とても悲しいですし、やる気がなくなってしまいますよね。それよりも「あなたならできるよ」と言ってもらえた方が元気もやる気も出るはずです。

あなたの体も、60兆個の「生きた細胞」でできています。鏡を見るたびに、「また白髪だ…」と思うのではなく、「この髪の毛が黒くなるときがくるんだな」と自信をもった目で見つめましょう。

あなたの白髪は必ず改善できます。

習慣2、1日3食をやめる

和定食

1日3食をしっかりと食べる事は健康の基本と言われていますよね。けれど、これは大きな勘違い。じつは、1日3食を食べる事は、体にとって大きな負担になっています。

じっさいに、昔の人は1日2食で過ごし、自然の動物も、規則正しく朝昼晩と時計を確認しながら食事をしません。それなのに、両者とも、現代人ほど、薬に頼り切らない健康的な体をしています。

「活性酸素」という言葉を聞いた事がありませんか?「活性酸素」とは、食べ物を栄養やエネルギーにかえる際に、どうしてもうまれてしまう代謝物質。息をしているだけでも生まれてしまいます。これが細胞を傷つける事で、老化を招くとされています。

食べて、消化して、吸収してという作業を1日中行っていれば、体の中はもうヘトヘト。つまり1日3食を食べていると、活性酸素が出続け、あなたの体は老化しやすくなるのです。

朝は便意があるように、消化よりも、排泄にエネルギーをつかいたい時間帯です。朝食抜きの1日2食にする事で、活性酸素をおさえることができ、白髪を改善していきます。

こうしよう!

  • 朝:朝食は食べないか、どうしてものときは、消化のいい果物を。
  • 昼・夜:昼ご飯と、晩ご飯の、1日メインとなる食事をいただきます。

※慣れてきたら、1日1食でも可。目安はお腹がグーッとなるまで食事をしない事です。また、白髪を改善する食事については、下記の記事でさらに詳しくご説明していますので、参考にしてください。

気になる白髪が黒髪に!食べ物で意識したいたった1つのこと

習慣3:ご飯を食べたらすぐ眠る

ベッド

「ご飯を食べてすぐ眠るなんて、太りそうだし、健康に悪そう!」そんなイメージがあるかもしれません。けれど、夜の22時〜2時までは、若返りホルモンが出る、夜のゴールデンタイム。この時間に、できるだけ多く睡眠時間をとる事ができれば、体が若々しく健康的になり、白髪の改善だけでなく、太りにくい体質をつくることができます。

ご飯を食べた後は、動物でも眠たくなって寝てしまうように、「食べて眠る」という流れはとても自然な事です。

夜遅くに帰ってきてご飯を食べても、できるだけ時間をあけずに、「ゴールデンタイム」には眠るようにしましょう。やり残した「仕事」や「宿題」は、朝にやる事でさらに効率を上げる事ができます。

朝は5時台に起きることで、朝日を浴びる事で、体内時計がリセットされ、体の働きを活性化することができます。夜になったら自然と眠気もきます。食べて眠くなったら、本能に従って眠るようにしましょう。 

こうしよう!

  • 夜していた仕事や宿題は、「5時起き」で効率を上げて一気に進める
  • ゴールデンタイムの睡眠時間を多く確保する事で、最高の若返り効果を手に入れる

習慣4:呼吸と姿勢を整える

猫背

呼吸と姿勢を整える事は、健康的に若々しい体を手に入れるには必要不可欠です。

しっかりと息を吐く事で、体の中のいらないゴミを外に出し、たっぷりと空気を取り入れる事で、必要なものが体中に行き渡るようになります。水は流れがないと、腐ってしまうように、体の中もきちんと川のように循環されていれば、新鮮な空気や血液が体中を巡るようになります。

体は風船と同じです。口の中・肺・胃腸など、体の中には、たくさんの風船があります。猫背などで姿勢が悪くなっていると、風船がつぶれてしまい、体の中の流れや働きをせき止めてしまう事に。

呼吸や姿勢を整えて、体の中の流れをスムーズにする事で、体はつねに奇麗で、若々しい状態を保つ事ができます。なにか支障があっても、すぐに対応し、回復できるという、白髪を改善しやすい環境をつくることができます。

呼吸の整え方

普段何気なくしている「呼吸」を、深くしていく事で、体の循環を良くする事ができます。

  1. 鼻から息を思い切り吸う
  2. 口から「フーッ」と息を吐いていく
  3. さらに「ハッハッハッハッ」と、最後まで息を吐ききる
  4.  1〜3を5回以上繰り返す(寝る前、起きた時、疲れた時、何かに集中し続けた後などがオススメ)

姿勢の正し方

猫背を改善することは、ムリに背筋を伸ばすことではありません。以下の3つのStepを意識してみましょう。

  1. 体の中の風船をつぶさないように、体を立てるように意識する
  2. 息をするときに、のど・胸・お腹に一番空気がたくさん入る角度をさぐる
  3. そのポジションがあなたにとっても、体にとっても、一番ラクな姿勢です

下記の記事では、猫背の改善方法についてさらに詳しくご説明しています。一瞬で気持ちよく猫背を改善することができるので、ぜひ参考にしてください。

これだけでいいの?!猫背をラクラク矯正するためのたった2つのコツ

習慣5:お風呂に入る前に念入りにブラッシングを

女性髪

頭皮にはたくさんの筋肉がついていて、その中を、栄養がながれています。けれど、自分で動かす事ができないので、どうしても凝り固まりやすく、栄養も滞りがち。

頭皮に栄養を運ぶための血液は、「首」→「頭のてっぺん」→「顔周り」へと巡っています。すこしでも血の巡りが悪くなっていたり、栄養が足りていないと、最後に血が巡る「顔周り」に、もっとも白髪が生えやすくなります。あまり表情を動かさなかったり、肩がこっていたりすると、それだけでも頭の血の巡りは悪くなってしまうのです。

そこでオススメなのが、頭皮のマッサージやブラッシングです。意図的に頭皮の血流を良くする事で、栄養が行き届き、白髪を改善しやすくなります。

頭皮のマッサージの仕方

頭皮のマッサージは、お風呂上がりの、血流が良くなっているときに行います。

頭皮マッサージ1

  1. こめかみに手のひらをあてて、頭のてっぺんに向かって、頭皮をスライドさせる
  2. 耳の上あたりから、頭のてっぺんに向かって、頭皮をスライドさせる
  3. 耳の後ろあたりから、頭のてっぺんへ、頭皮をスライドさせる
  4. 1〜3を3回繰り返す

ブラッシングの仕方

竹櫛

頭皮のマッサージをうまくできない場合は、ブラッシングがおすすめです。

  1. お風呂に入る前と、朝の身支度のときに行います
  2. 頭皮を傷つけないように、先の丸くなった、竹のブラシを用意する
  3. 顔周りや、首元から、ブラシを通して、すべて頭のてっぺんに向かってブラッシングをする

※竹ブラシは通販で購入する事ができます:竹ブラシ・テラクオーレ通販サイト

習慣6:シャンプーをやめて頭皮の健康を守る

バス用品

頭皮の汚れは、シャンプーで落とす事が常識。けれど、シャンプーの強力な洗浄成分は、あなたの頭皮は傷つけ、白髪になりやすい環境を作ってしまいます。

シャンプーの洗浄成分は、台所用洗剤の作用ととてもよく似ています。シャンプーで髪がサラサラになるのは、清潔になっているからではなく、乾燥をしているから。乾燥した畑ではいい野菜が育たないように、シャンプーでカラカラに干涸びてしまっている頭皮では、健康的な髪を育てることはできません。

そこでオススメなのが、「湯シャン」です。湯シャンとは、シャンプーのかわりに、お湯だけを使って頭皮の汚れを落としていく方法。とても原始的に聞こえますが、じつは海外セレブの間では、美容効果が高いという理由で、すでに一般的になっています。

もともと頭皮の汚れは体温から溶け出た物。お湯を使うことで、溶かし落とす事ができます。湯シャンを実践して、健康的な頭皮を維持していきましょう。

こうしよう!

湯シャンの方法をご紹介します。

  1. シャワーのお湯を35度のぬるめに設定する
  2. 5分くらいかけて、頭皮をマッサージしながら汚れを落としていく
  3. タオルでやさしく拭いて、ドライヤーは毛先が乾ききる前にやめる

下記の記事では、湯シャンを実践するためのコツをご紹介しています。始めるのに勇気がでないときは、ぜひ参考にしてください。

白髪を改善するお湯シャンプーとは?!始める為の3つの手順

習慣7:スポーツやジムではなく、こまめに動く

深呼吸

白髪を改善するには、運動をして、体を動かす事が大切です。血流が良くなることで、頭皮にも栄養が届きやすくなり、白髪を改善しやすくなります。

けれど、週末にジムに通ったり、1日1時間ほどの運動をすることは、白髪の改善にはつながりません。体は短時間にまとめて動いても、その後にじっとしてあまり体を動かす事がなければ、その分は帳消しになってしまうからです。さらに、短い時間で激しい運動をすると、体は疲労しやすく、酸素も十分にとりこむことができないので、反対に血流を悪くします。

1日に時間を限定して激しい運動をするよりも、日常生活の中で、部屋の掃除をしたり、家事をしてすごすなど、定期的に動くほうが、血の巡りをよくすることができ、頭皮までつねに栄養を運べるようになります。

こうしよう!

  • 仕事や授業の休み時間は、必ずイスから立って、体を動かす
  • 家の掃除や家事をして、こまめに体を動かす
  • そうして体を動かせば、夜はぐっすり眠る事ができ、さらに白髪を改善しやすくなります

習慣8:悩みは毎日ノートにかく習慣をつける

ハート

白髪にストレスは禁物。けれど、ストレスは自分でコントロールするのはとても難しいですよね。

ストレスが白髪に影響すると言われるのには、理由があります。ストレスをかんじると、人は筋肉をギュッと硬直させる仕組みがあります。筋肉でできている頭皮も、どんどん硬くなっていき、栄養が行き届かなくなります。

ストレスを感じているときは、素直に感情を出す事ができないときがほとんど。そんなときは、日記を書いて、あなたがあなたの一番の良き理解者になることで、解決をしやすくなります。

日記はただ書けば言い訳ではなく、その内容がとても大切です。一つ一つ、心の中を整理整頓するように書いていく事で、気分的に落ち着くだけでなく、ストレスを根本的に解決できるようになります。

ストレスは悪い事ばかりではありません。このようにして、毎日少しずつ乗り越えていくことで、心に免疫がついていき、ストレスに強い心へと成長させる事ができます。人は皆、なにかしらのストレスを抱えて生きています。大切なのは、ストレスを抱えているかどうかではなく、その乗り越え方なのです。

こうしよう!

お気に入りのノートとペンを用意して、日記を書いていきましょう。

  1. 今感じている不安をすべて書き出して、自分の気持ちを受け止める
  2. あなたの「本当はこうしていきたい」という願望を書き出す
  3. 2を実践するにはどうしたらいいのかを考え、細かく計画立てする

※ストレスの解決方法については下記の記事でさらに詳しくご説明しています。あなたの白髪が、ストレスが原因になっていると感じる場合は、参考にしてください。

ストレスは怖くない!白髪を黒髪に改善するための3つの秘訣

習慣9:白髪は抜くよりもカットをする

写真 (4)

鏡を見るたびに気になる白髪。どうしても人の目が気になる時もありますよね。そんなときは、抜くよりも根元付近でカットをするようにしましょう。

「白髪を抜くと増える」という言葉を聞いた事があるかもしれませんが、それは間違いです。白髪を抜いても増える事はありません。けれど、髪の毛を抜く事で、毛根をいため、その髪の毛だけでなく、周辺の髪の毛が生えてこなくなってしまうことがあります。

髪の毛はできるだけ抜かずに、根元付近で切るようにしましょう。

こうしよう!

  • 白髪の部分を軽く引っ張り、根元付近でカットする

習慣10:白髪染めをするならこの2種類

Henna leaves with powder

カットだけでは間に合わない場合は、髪を染める方法もあります。白髪の髪を染めるときは、「ヘナカラー」か「ヘアマニキュア」がオススメです。

一般的な白髪染めは、髪を明るくする為の「脱色作用」があるので、「髪」や「頭皮」を傷めてしまいます。繰り返すほどに髪はバサバサに傷み、頭皮の健康を損ないます。結果的に白髪染めの成分が影響をして、白髪を改善できなくなってしまう場合も。白髪を染めるときに大切なのは、何よりも頭皮を傷めない事です。

こうしよう!

  • ヘナカラーヘナという植物の色素を使った100%天然のカラー剤。染まりは薄付きですが、頭皮と髪の毛に一切のダメージを与えません。
  • ヘアマニキュア自然の物ではありませんが、脱色作用がなく、頭皮につかないように塗っていくので、髪も頭皮も傷めません。また、ヘアマニキュアなら、部分的に染めることができるので、その分料金も安くなります。

何で染めようか迷う場合は、下記の記事を参考にしてください。白髪染めの種類について、それぞれメリットデメリットをご紹介しています。

頭皮や髪の毛に負担をかけない白髪染めのおすすめBest5

3、毎日の習慣はすぐにはかえられない

若白髪を改善するための10の習慣

  1. 「白髪は改善できない」という思い込みを捨てる
  2. 1日3食をやめて、2食に減らす
  3. ご飯を食べたらすぐ眠る
  4. 呼吸と姿勢を整える
  5. お風呂に入る前に念入りにブラッシングを
  6. シャンプーをやめて頭皮の健康を守る
  7. スポーツやジムではなく、こまめに動く
  8. 悩みは毎日ノートにかく習慣をつける
  9. 白髪は抜くよりもカットをする
  10. 白髪染めをするなら、「ヘナカラー」か「ヘアマニキュア」

毎日の習慣を変えていくのは、とても難しい事です。最初は面倒ですし、まったくやる気も起きませんよね。

だからこそ、習慣1の「白髪は必ず改善できると信じる事」が大切なのです。まずは「やるぞ」という気持ちを持ってから、一つずつ修行の気持ちで続けるうちに、だんだんと習慣化していきます。面倒と思うのは、習慣になっていないからこそ。当たり前のように歯を磨き、顔を洗うように、習慣になれば、面倒に思う事もなくなります。

習慣になるまで、こなす事は、白髪の改善の為だけでなく、自分に自信を持つことにも役立つはずです。

これからも白髪を気にしながら生きていきますか?それとも、長年のコンプレックスから抜け出して、自信のもてる毎日を過ごしますか?

あなた が白髪を改善し、自信を持てる日がくることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。