オスグッドサポーターの選び方と必ず知っておきたい2つのこと

11111709_1

出典:http://www.raranet.com/default.php/cPath/775_422_884

オスグッドは「成長が止まるまで治らないから、痛みとうまく付き合っていくしか無いよ」とお医者さんに言われた。しかし、部活を休みたくない為サポーターをつけながら練習をしようか迷っている。

 このようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

 今回は、正しいサポーターの選び方をご紹介します。
また、「サポーターをつけていても一向に治らない・・・」

その理由と解決策をお伝えします。

1、サポーターを選ぶ前に知って欲しいこと 

こちらのページでは、サポーターの付け方についてご紹介していきますが
まず、最初にお伝えしたいことがあります。

それは、「サポーターで完治する例が非常に少ない」ということです。
サポーターは、痛みの緩和は可能ですがサポーターを付けて治すことは難しいです。 

1-1. サポーターで完治する例が非常に少ない理由

サポーターで完治が出来ない一つの理由に「オスグッドの原因が治せない」ことがあります。

オスグッドは、サッカーやバスケットボールなどのスポーツをする中学生や高校生に多く見られる、膝の骨が出っ張って痛いという怪我です。オスグッドの症状として膝の出っ張っている骨を押すと痛い、走ると痛い、正座をすると痛い、自転車を漕ぐと痛い、などがあります。

なぜこの骨は出っ張ってきたのでしょうか?

その原因は、「太ももの前の筋肉が硬くなった」からです。

太ももの前の筋肉はこのボコっと飛び出してしまった膝下の骨に付いています。太ももの前の筋肉が異常に硬くなってしまったことでこの膝下の骨をグイグイと引っ張ります。

その引っ張りに耐え切れなくなった骨がボコッと出てしまうのです。特にまだ骨が柔らかい成長期の子供の骨はボコッと出やすいため、「成長痛」と診断され、「成長がとまるまで治らないから痛みと上手く付き合っていくした無いよ」と言われてサポーターをすすめられます。      

オスグッド 原因出典:http://www.heartful-health.or.jp/shimadahp/manabu/images/osgood_1.gif

 

痛みを治すためにはこの「筋肉の引っ張り」を改善させることなのですが、この「引っ張る力」を出来るだけ弱くして痛みを和らげる目的で作られている物がサポーターです。オスグッドの原因についてさらに詳しく知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

あなたのお子さんがオスグッドになった本当の原因

一定数ですが、サポーターで改善する方もします。しかし、サポーターを付けていることにより痛みが和らぎ動けるようになったため、本来痛くて出来ない動きも出来るようになってしまい筋肉の引っ張りが治らないまま運動をし続け、サポーターを付けても痛みが楽にならない状況になる方がとても多いです。

また、オスグッドサポーターの場合、出っ張っている痛い患部にずっと刺激が加わります。そのことで、治りを遅くしている可能性も考えられるのです。
オスグッドはサポーターを使って痛みとうまく付き合っていく必要はありません。

オスグッドは、適切な治療をうければ早期に回復していきます。

軽度なオスグッドであれば1回から3回までには痛みがなくなるケースが多いです。オスグッドの治療で半年かかる事は稀です。サポーターを使い、痛みを誤魔化しながら競技を続けていくとすぐに治るものもどんどん治らなくなってしまいます。

出来るだけ、症状が軽いうちにオスグットの原因の「筋肉の引っ張り」を改善する為に専門家に相談することをおすすめします。

サポーターを使わずにオスグッドを完治させる方法は下記の記事に詳しく書いてあります。参考にしてください。

オスグッドを最短で完治させるための5ステップの治療方法

1-2 サポーターは使うべきか?

「この試合だけは出なければいけない」という大会の前であれば治療を受ける為に休むことが出来ないのかも知れません。しっかり治してから練習を始めたほうが痛みをかばいながら動いてしまう動きのくせがつかないので復帰後の戻りが早いです。

私はここで、しっかりと休んで治療に専念することをおすすめします。

ただ、サポーターを使うか使わないかはあなた次第です。
「どうしてもサポーターを使う」のであれば、これからご紹介するサポーターの選び方をご覧ください。

2、あなたに最適なオスグッドサポーターの選び方

オスグッドサポーターには大きくわけて2種類あります。 

2-1膝を全て覆うオスグッドサポーター

膝を覆うタイプのサポーターは、日常生活に使用することをオススメします。特に、少し膝を曲げるだけでも痛みが出てしまう子にとっては、精神的な面も和らげることになるでしょう。痛みの緩和であれば、このサポーターの方が期待出来ます。

メリット:ホールド感が高く安心感がある、ズレにくい、蒸れやすい

デメリット:ホールドしすぎているため動きが制限される

オスグッド サポーター 1出典:http://www.sp-jujisei.com/img/l010096.jpg

 

2-2.ベルトタイプ

ベルトタイプのサポーターは、スポーツ時の使用をオススメします。上記で紹介した膝を覆うサポーターよりも軽く、膝を直接覆われないので動きやすいです。

メリット:簡単につけられる、膝の動きが制限されないベルトタイプなので膝の動きを邪魔しないが動いているうちにズレてくる事が多い

デメリット:ズレやすい、強くしめないとズレてしまうため、強くしめなければいけない、強くしめると血流が止まってふくらはぎに疲労が溜まりやすくなる

 オスグッド サポーター 2出典:http://stat.ameba.jp/user_images/20111008/11/supporters-hirano/8f/ce/j/t02200220_0248024811532983476.jpg

4.まとめ

サポーターは、付けている時だけ痛みを誤魔化すもので、根本的には治っていないのです。

サポーターを付けてプレー=痛みを誤魔化しながらプレーということです。

これは、「本来痛くて動けない足を無理やり動かしている」ことになります。大切な足が壊れていくことに気づかず、自分でどんどん壊していることになるのです。結果、オスグッドはさらにひどくなり、治るどころか壊れていきます。

さらにサポーターをつけながらのプレーは本来の動きを制限してしまい。サポーターで補われている筋肉はどんどん弱っていきます。結果、全身のバランスは崩れ、復帰後のプレーまでに影響が出てくるのです。

それでもサポーターを使うのであれば、その後、しっかりと治療期間を作って下さい。

ただ、サポーターを使い、痛みを誤魔化し、体を酷使しながら練習を続けた選手に輝かしい成績は待っているのでしょうか?現状、休まずに練習をして伸び悩んでしまう選手は少なくありません。本当に輝かしい成績を残す選手は体に少しでも不具合があると練習を休み治療する選手ばかりです。

根性がないわけではありません。

しっかり治してから練習を始めたほうが復帰後の成長が早いことを知っているからです。これからの将来をわざわざ自分で壊さなくても良いのでは無いでしょうか?いま、一番大切なのは、休むことから逃げずに自分の怪我としっかり向き合うことでは無いでしょうか?

それが出来た時、あなたはサポーターを使わず全力でプレーができているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。