あなたにとって最適な睡眠時間を見つける為の3つのステップ

1日が24時間以上あれば、もっと出来ることがたくさんあるのに。起きている時間を長くできれば、もっと頑張れるのに。そう思う事がありませんか。しかしじっさいには、睡眠時間を削って毎日遅くまで頑張りつづけることに、どこかで限界を感じてはいないでしょうか。

どうしても成し遂げたい目標があるとき。それを実現していくためには、まずはあなたにとって最適な睡眠時間を知ることが大切です。なぜなら、最適な睡眠時間さえ分かれば、たくさんの「時間」という財産を生み出すことができ、日中の効率を飛躍的に高めることが出来るはずです。

そこでこの記事では、限られた時間を効率的に使うための、最適な睡眠時間の割り出し方をご紹介します。あなたの目標を確実に達成するための参考にしてください。

「平均的な睡眠時間=あなたにぴったり」とは限らない

目標を達成するために多くの「時間」を確保したいとき、まっさきに削られるのが睡眠時間ではないでしょうか。しかし、多くの人は寝不足で「勉強」や「仕事」に集中できなくなってしまい、毎日をコントロールすることに難しさを感じています。

あなたも睡眠時間を削って努力をしているのに、結果を出せない毎日を過ごしていませんか?

あなたが何か達成したい目標があるとき、大切なのは、睡眠時間を削ることではありません。むしろ、あなたにとって最適な睡眠時間だけは、何が何でも守り抜くことです。

今までないがしろにしていた「睡眠」を最優先事項にすることで、日中のパフォーマンスが飛躍的に上がり、睡眠を削っていた頃よりも、目標へと確実に近づくことができます。

人それぞれ異なる3種類の睡眠時間

大切なのは、「平均睡眠時間」をあてにしないということです。なぜなら、人によって身長や体重が違うように、必要な睡眠時間も異なるからです。

その種類は大きく分けて3種類あります。

  1. ショートスリーパー
  2. ロングスリーパー
  3. バリュアブルスリーパー

あなたはどれに当てはまるでしょうか。

1:ショートスリーパー

ビルゲイツ

世の中にはショートスリーパーという人がいます。ショートスリーパーとは、睡眠時間が6時間以内ですむ人で、天才肌の人たちが多いと言われています。

マイクロソフトの創業者であるビル・ゲイツは、Windowsの開発時は毎日数時間の睡眠でも平気で、学生時代は2、3日眠らないでプログラミングをしていたと言われています。

さらに、アメリカでは「はえ」を使ったある実験が行われました。一日中活動量が落ちないはえのグループがあり、その遺伝子を調べると、「ミニスリープ」と名付けられた特別変位をした遺伝子が発見されました。遺伝子レベルで寝なくてもいいような仕組みを生まれ持っていたのです。まだ人間では明らかにされていませんが、睡眠時間が短くても大丈夫という人もいる可能性があります。 

2:ロングスリーパー

アインシュタイン

反対に、ロングスリーパーもいます。9時間以上寝てもスッキリしない人で、人口の5%〜10%がそうだと言われています。

よく勉強や仕事ができる人たちは、ロングスリーパーが多いです。

ロングスリーパーの人は、睡眠中に脳の疲労回復をするために、多くの時間を必要とします。 理論物理学者であるアインシュタインもその一人で、芸術家のように、日中に頭をよく使う人程、ロングスリーパーになりやすいようです。

3:人口の80%をしめるバリュアブルスリーパー

睡眠時間が6~9時間ほどでスッキリする人はバリュアブルスリーパーと呼ばれます。人口の80%がバリュアブルスリーパーで、7時間睡眠が健康には最も最適で、長生きすると言われています。

しかし、ショートスリーパーやロングスリーパーがいるように、誰かにとって最適な睡眠時間が、かならずしもあなたにとっての最適ではありません。

大切なのは、あなた自身の体の声を聞くこと。あなたにとって必要な睡眠時間はあなたにしか分からないのです。

 

最適な睡眠時間を見つけるための3つのステップ

睡眠とはとても個性的なもので、ひとそれぞれ必要な長さが決まっています。あなたの実力を最大限に発揮するためにも、最適な睡眠時間を見つけていきましょう。

この記事では、睡眠の世界的権威と言われるウィリアム・C・デメント氏の著書、『ヒトはなぜ人生の3分の1も眠るのか?』を参考に、最適な睡眠時間を割り出す方法をご紹介します。 

ステップ1:7時間睡眠から様子をみる

まずは3日間、平均の7時間睡眠を続けます。就寝時間は、体の修復が活発になる22時〜24時の間を目安にして、そこから7時間後に目覚ましが鳴るように設定します。

スタンフォード大学の「7つの眠気尺度」を参考に、1〜7のなかで毎日どれがあてはまるのか、手帳に記していきましょう。

  1. はっきり目が冴えていて、活動的で、元気があり、注意力もある。
  2. 1ほどではないけれど、高いレベルで活動できる。
  3. リラックスしている。注意力は十分とは言えないが、反応はできる。
  4. それほどひどくはないが、ややぼんやりしていて、身体に力があまり入らない。
  5. 疲れていて興味が持てず、動きが鈍い。
  6. 眠くて横になりたい。
  7. ほとんど白日夢を見ている状態で、起きていられない。

ステップ2:3日おきに、睡眠時間を調整していく

3日たち、7つのチェック項目の「1」にまで達していない場合は、睡眠時間を30分長くしましょう。反対に、すでに「1」に達している場合は、30分短くして目覚まし時計を設定します。

7つのチェック項目を参考に、睡眠時間を30分単位で増やしたり減らしたりしながら、それぞれ3日間ずつ実験をつづけます。

ステップ3:ベストな睡眠時間を1週間継続する

調整をしていく中で、「1」の状態を維持できるベストな睡眠時間が割り出せたら、その睡眠時間を1週間つづけます。

つねに「1」の状態でいられれば、それがあなたにとっての最適な睡眠時間です。

 

まとめ:あなただけの最適な睡眠時間を見つけよう

結果を出す人が睡眠を重要視している3つの理由

  1. 寝ている間に記憶を定着できる
  2. 発想力・作業効率が飛躍的にあがる
  3. 集中力が増して効率的な作業ができる

最適な睡眠時間の見つけるための3つのステップ

  • ステップ1:7時間睡眠から様子をみる
  • ステップ2:3日おきに、30分単位で睡眠時間を調整していく
  • ステップ3:ベストな睡眠時間を1週間継続する

何か成し遂げたい目標があるとき。「睡眠時間を削れたらどんなに効率がいいだろう。」と考えてしまいがちです。しかし、実際にはギリギリな状態を維持していくことは難しく、長期的に考えれば非常に非効率です。

あなたにとって最適な睡眠時間があることを素直に受け止め、その時間だけはあなたに最高の休息を与えてあげましょう。

「眠る」ということを許すことができれば、きっとあなたの人生は今よりもっと充実していくはず。気持ちのいい睡眠をとりながらも、確実にあなたの目標が叶っていくことを、心から願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。