長年の生理不順を改善!子宮の働きを整える7つのツボ

足

長いあいだ生理不順が続いていると、女としての自信がなくなってしまうことってありませんか?病院に行っても、薬を飲まないと生理が来ないなんて、女性として傷つくこともありますよね。毎月の生理は心の状態と深く関係しているので、落ち込んでいる時は、どうしても生理も不順になりがち。さらに、健康的な生活をしたくても、心が落ち込んだままだと、なかなか実行に移せません。

そんな時、ツボ押しの力を少しだけかりると、心がリラックスして、体の状態を整えやすくなります。そこで今回は、心と体の状態を整えて、子宮の働きを整えるための7つのツボをご紹介します。

毎月、幸せな気持ちで生理が迎えられますように。

(画像:susivinh)

1、ツボ押しの嬉しい3つのメリット

子宮につながりのあるツボ押しをすると、嬉しい3つのメリットがあります。子宮

メリット1:子宮の働きが整う

子宮の働きは、脳の中でコントロールされています。脳から子宮へ神経を伝って、「そろそろ生理ですよ」「そろそろ生理も終わりですよ」といった感じに指令を出し、毎月の生理のリズムを整えているのです。この指令がうまく伝わらなくなると、子宮の働きが低下し、生理不順の原因につながります。

そこで、子宮につながりのある神経(ツボ)を刺激することで、指令が伝わりやすくなり、子宮の働きを高める事ができます。

メリット2:ストレスが軽減される

ストレスがたまって脳が疲れていると、脳から子宮への指令がうまく届かなくなり、生理不順などの月経トラブルにつながっていきます。

ツボ押しには、神経をリラックスさせる効果があるので、脳の緊張がとけて、子宮の働きを整えやすくなります。

メリット3:血液循環がよくなる

子宮の中の血流が悪くなっていると、「栄養」や「酸素」を運ぶ事ができないので、子宮が不健康になっていきます。

ツボ押しには、血管を広げたり縮めたりする働きがあるので、血の巡りが良くなり、子宮の中をポカポカと温かい血液が巡るようになります。

2、子宮の働きを整えるための7つのツボ

子宮の働きを整え、生理不順を改善するための7つのツボをご紹介します。

Step1:大腸兪(だいちょうゆ)

  • 効果:血液の流れや、ホルモンバランスを正常に戻す働きがあります。
  • 見つけ方:背骨を上からたどり、骨盤のラインとぶつかったところの左右のキワにあります。

大腸兪

矢印1

Step2:腎兪(じんゆ)

  • 効果:周期の乱れや、生理機能の調整に効きます。
  • 見つけ方:ウエストの一番細いところの、背骨から指2本分左右に離れた位置。

腎兪

矢印1

Step3:石門(せきもん)

  • 効果:骨盤周りの血行を促します。不妊治療のツボとも言われています。
  • 見つけ方:おへその中央から、指幅3本分さがったところにあります。

石門

矢印1

Step4:関元(かんげん)

  • 効果:卵巣の機能をアップ。「不妊」や「婦人科系疾患」に有効です。
  • 見つけ方:おへその中央から、指幅4本分さがったところにあります。

関元

矢印1

Step5:太谿(たいけい)

  • 効果:子宮をポカポカにして子宮の調子を整えます。
  • 見つけ方:足首の内側にある「くるぶし」と、アキレス腱の間にあるくぼみです。

大けい

矢印1

Step6:三陰交(さんいんこう)

  • 効果:生理不順をはじめ、冷えの改善にも効果的です。
  • 見つけ方:すねの骨の内側。内側のくるぶしから、指幅4本分上のくぼみ。

山陰交

矢印1

Step7:血海(けっかい)

  • 効果:子宮の血の巡りをよくします。
  • 見つけ方:太ももの内側。ひざのお皿の内側の上から、指幅3本分あがったところのくぼみ。

血海

3、効果を高めるための3つのコツ

ツボ押しは、やり方を間違えると、刺激が強すぎてしまい、逆効果になってしまう事もあります。そこで、ツボ押しの効果を高めるための3つのコツをご紹介します。

コツ1:入浴時にリラックスして行う

もっとも気持ちがリラックスしやすい、「入浴中」がおすすめです。神経がカリカリしているときに行うと、心地いい刺激が伝わらずに、効果も半減してしまいます。ツボ押しは心身ともにリラックスしているときに行うのが基本です。

コツ2:呼吸法を意識するとさらに効果的

呼吸を意識して、「酸素」をたっぷり取り入れながら行うと、血流が良くなり、体もだらんとリラックスさせることができます。

  1. 鼻からゆっくりと息をすいます
  2. ツボ押しながら、口から息をフーッとゆっくり吐きます(5秒間)
  3. 1〜2を、1つのツボにつき3回行う

コツ3:「強ければ効く」は間違い

押し方で肝心なのは、「気持ちがいい」と感じられるくらいの強さで押すことです。痛い方が効きそうなイメージがありますが、痛くするほど神経が緊張してしまいます。生理不順を改善するどころか、生理痛などが起こりやすくなり、逆効果になってしまう事もあります。

「弱すぎるかな?」と思うくらいの強さでも、神経にはじゅうぶん刺激は伝わっています。

4、心がけてほしい子宮と心の大切な関係

子宮

ツボ押しの他に、一つだけ意識してほしい事があります。それはあなたの「心の状態」です。

子宮は、あなたの心の状態と大きなつながりがあります。たとえば、あなたが知らないうちに目をつぶってしまっている心の不調があるとき、子宮にもギューっと力が入り続けてしまい、子宮の働きが低下してしまうことがあります。「心」や「子宮」を硬くしてしまう原因をそのままにしていると、ツボ押しや、いろいろなことを試したところで、なかなか生理不順を改善することができません。

あなたの子宮は、あなたの心そのもの。あなたの子宮は今どんな気持ちでいるでしょうか?下記の記事では、硬くなっている「心」と「子宮」をふんわりと柔らかくするための、2つの改善策をご紹介しています。今度こそ、根本的に生理不順を改善するためにも、ぜひ参考にして下さい。

ストレスで生理不順になった時|知っておきたい2つの対策」 

5、まとめ

子宮の働きを整えるための7つのツボ

  1. 大腸兪(だいちょうゆ)
  2. 腎兪(じんゆ)
  3. 石門(せきもん)
  4. 関元(かんげん)
  5. 太谿(たいけい)
  6. 三陰交(さんいんこう)
  7. 血海(けっかい)

効果を高めるための3つのコツ

  1. 入浴時にリラックスして行う
  2. 呼吸法を意識するとさらに効果的
  3. 1つのツボにつき2〜3回・強く押しすぎない

ツボ押しをすると、心と体のケアをすることができるので、なかなか体の不調を改善できない時、少しだけ力を借りる事ができます。けれど、大切なのは根本的な原因の改善です。「本来ならくるはずの生理がなぜ来ないんだろう?」と、原因をきちんと考える事が、改善するためのなによりもの近道です。

下記の記事では、生理不順につながる「10の原因」について詳しくご紹介しています。あなたの生理不順の原因を見つけるための参考にしてください。

生理不順につながる10の原因|気持ちいい生理を迎える為に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「生理不順を改善するための5つのステップ」 無料PDFをプレゼント

あなたは今、何をしても改善できない生理不順に、悩み続けていませんか?

あなたと同じように、私も14年もの間、生理不順・無月経に悩み続けたことがあります。

それを乗り越えた今、振り返ってみると、生理不順の改善はとてもシンプルで、とても楽しかったという事に気づいたのです。

もう、薬は使わない。体も温めない。ホルモンバランスにもとらわれない。そんな、私自身が実際に行っていた生理不順の改善方法を、レポートにまとめました。無料でダウンロードできますので、ぜひ参考にしてください。

あなたが生理不順を改善し、女性として自信を取り戻せる日が来ることを心から祈っています。


「無料レポート」をダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。