睡眠不足による頭痛は危険信号!今すぐできる4つの対策

落ち込むビジネスマン

全てのやる気を奪う睡眠不足による頭痛。頭痛さえなければ、もっと仕事に打ち込めるのに。休みの日も充実するのに。そんな不満を抱えていませんか。

睡眠不足による頭痛は、全身の疲労を表す危険信号。頭周辺だけをケアしても、その痛みを解消することはできません。

この記事では、睡眠不足によって頭痛になってしまうそのメカニズムと、あなたの頭痛を今すぐ解消するための4つのステップをご紹介します。頭痛とは無縁の充実した毎日を手に入れるための参考にしてください。

その頭痛は全身の疲れを表している

睡眠不足による、締め付けられるような激しい頭痛。仕事や日常生活への大きな支障になっていませんか。

頭痛になると、「肩」や「首」の疲れを気にする人は多いですが、頭痛の原因は意外にも「全身の疲労」が関係をしています。

これからなぜその頭痛が全身の疲労と関係しているのかを詳しくご説明していきます。

頭痛を頭だけの問題にしないで、体全体の問題としてみていくこと。睡眠不足による頭痛を根本的に改善するための大切なコツです。

睡眠不足がなぜ頭痛を引き起こすのか

頭痛

睡眠不足になると、なぜ頭が痛くなるのでしょうか。その原因を知るだけで、あなたのその激しい頭痛を今すぐ改善しやすくなります。

睡眠不足が引き起こす体への影響

疲れた時にベッドに寝転がるのはとても気持ちがいいですよね。例えるのなら、重たいリュックサックを背中からおろした時のような感覚。普段全身で受け止めている「重力」から解放され、体を休ませることができるからです。

さらに、寝返りをうつことは、体の歪みを整え、筋肉の疲労を取り除く役割があります。寝ている間にゴロゴロと寝返りをうつことで、体の歪みを整え、筋肉をしなやかにし、全身の疲れをリセットしているのです。

しかし仕事や家事に追われ、睡眠不足の毎日を続けていると、筋肉の硬さや体の歪みをリセットすることができずに、全身に疲れを溜め込みやすくなります。

あなたの体は想像以上に疲れている

毎日、あなたの体がどれほどの負担を抱えて生きているのかを明確にするために、1分でできる実験があります。

肩を上に上げる

側にいる人に協力してもらい、上記の写真のように、脇の下から手を入れて、肩を上に持ち上げてみましょう。どうでしょうか?想像以上に腕の重さを感じませんか?

今度は反対に、あなた自身が肩を持ち上げてもらいましょう。腕の重さがなくなり、軽くなったのを感じるでしょうか?

このように、体はつねに大きな負担を抱えながら生活をしています。睡眠不足で筋肉が凝り固まっていると、「血管」や「神経」を圧迫してしまい、痛みを引き起こす可能性があります。

疲労の溜め込みが頭痛を引き起こす

筋膜(画像:フィニッシュ回路プラクティック

頭周辺の筋肉は、全身の筋肉と繋がっています。

頭や、脚、腕などの筋肉は、それぞれ別々にくっついているように見えるかもしれませんが、じつは「筋膜」という筋肉を包む膜によって、「足先」から「頭のてっぺん」まで、すべて一つにつながっているのです。

睡眠不足によって、全身の筋肉が凝り固まっていると、それは時に頭周辺の筋肉にまで影響してしまうことがあります。頭を締め付けられているような激しい頭痛は、全身が疲労しているサインかもしれません。

 

全身の疲れをリセットして頭痛を改善しよう

頭周辺だけをマッサージしても、なかなか頭痛を改善することはできません。これまで説明したように、頭痛は頭周辺だけでなく、全身の疲労が関係している可能性が高いからです。

そんな時は、全身の凝り固まった筋肉を緩めることで解決できる場合があります。その方法は、湯船に浸かって全身を温める方法です。

お風呂に入ると、凝り固まっていた筋肉が緩み、全身の血流が良くなります。湯船に浸かりながら、首や腕を回すことで、より疲れをリセットしやすく、痛みも改善しやすくなります。

※頭痛の種類によっては、体を温めることで頭痛が増してしまう場合があるので、体に合わない場合は中止してください。

 

 

頭痛を予防!疲れをとるための2つの熟睡法

応急処置で頭痛を改善できても、睡眠不足が続いていれば、何度も頭痛を繰り返します。その場合、いかにして短い睡眠時間で疲れをとるかがポイントになります。

もう二度と頭痛に悩まされたくないというあなたは、これからご紹介する2つの対策を意識しましょう。

寝返りのうちやすい環境をつくり疲れのリセットを早める

寝返りをうつことは、一日の歪みを整え、筋肉を柔らかくほぐすための、重要な要素。しかし、寝具の選び方によっては、寝返りを打ちにくくしてしまい、筋肉の疲労をリセットできなくなります。

たとえば、下記のような睡眠環境に心当たりはありませんか?

  • マットがふかふかで柔らかい
  • 枕を使用している
  • フリース生地など、すべりのわるいパジャマを着ている
  • 重い毛布をかぶって寝ている

このような睡眠環境だと、寝返りをうちにくく、疲れを上手にリセットできない場合があります。

ベッド

まずは、寝返りを打ちやすくする為の4つのことを意識していきましょう。

  1. 硬めのマットを選ぶ
  2. 枕はつかわない
  3. 滑りのいい綿やシルクのパジャマを着用する
  4. 冬場は軽い羽毛布団にかえる

下記の記事でご紹介している「こだわりの寝室環境で睡眠の質はさらに高くなる」の項目では、寝返りをうちやすくするための寝具選びについて、さらに詳しく知ることができるので、参考にしてくださいね。

睡眠不足を解消!忙しくて眠れない人の11つの快眠メソッド

肩や背中に負担をかける姿勢を改善する

パソコン

下記のような姿勢を日常的にとっていませんか?

  • パソコンに釘付けになって、気づいたら前のめりになっている
  • 立ちっぱなしでいることが多く、あまり体を動かさない
  • 猫背で、肩や背中が疲れる事が多い

どれだけ寝不足が続いていも、普段から体をうまく使えている人は、頭痛になることはありません。睡眠不足によって頭痛がおこるのは、ふだんから肩や背中に負担をかける生活が影響している場合があります。

姿勢が悪い人ほど、肩や背中がガチガチに硬くコリ固まっています。それに加えて、寝不足で体の疲れをリセットできない日が続くことで、激しい頭痛を引き起こしてしまう場合があります。

下記の記事で、猫背を簡単に改善する為の2つのコツをご紹介しています。頭痛を繰り返さない為にも、根本的な姿勢の見直しをしていきましょう。

これだけでいいの?!猫背をラクラク矯正するためのたった2つのコツ

まとめ:頭痛のない充実した毎日を送るために

「毎日充実した睡眠をとれたらどれだけ幸せだろう。」そう考えることがありませんか。十分な睡眠をとることは、頭痛の改善だけでなく、あなたの仕事のやる気や、充実した毎日を送る為には欠かせない、重要な要素です。

しかし、とても忙しい現代人は、どうしても眠れないということがあります。そんな時こそ、いかにして限られた時間で熟睡できるかがポイントになってきます。下記の記事では、睡眠の質を良くするための11の秘訣をご紹介しています。頭痛とは無縁の、充実した毎日を送るための参考になりますように。

睡眠不足を解消!忙しくて眠れない人の11つの快眠メソッド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。