ヘナで白髪を染めるための最も簡単な6つの手順

ヘナ

初めてのヘナでの白髪染めは、分からないことが多すぎて不安ですよね。

市販のカラーに比べて、ヘナはとても特殊で面倒なイメージがあるかもしれませんが、実は準備するものや工程はほとんど変わりません。それどころか、慣れればトリートメント感覚で気軽に使うことができるほど、とっても簡単なのです。

この記事では、自宅でとっても簡単にできるヘナで白髪を染める時の6つの手順をご紹介します。

このステップ通りに行えば、一人で誰にも頼らずにヘナで白髪を染めることができます。ヘナカラーで髪と頭皮を傷めない白髪染めをぜひ楽しんでくださいね。

この記事では、ヘナの染め方だけに内容を絞ってご紹介します。ヘナのことについて詳しく知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。ヘナとは何か、メリット・デメリット、選び方など、さらに詳しくお伝えしています。

ヘナで白髪染めをする7つのメリットと具体的な手順

自宅でヘナの白髪染めをするときの6つの手順

「自宅でヘナカラーをしてみたい」と思っているあなたに、具体的なヘナカラーの6つの手順をご紹介します。はじめは手間に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば準備も手つきもスムーズに。気軽に染められるようになります。

  • 手順1:必要なものを用意する
  • 手順2:身の回りの準備をする
  • 手順3:「ヘナ」と「お湯」を混ぜてペースト状にする
  • 手順4:頭のてっぺんからヘナを順番に塗っていく
  • 手順5:「タオルターバン」をして30分〜1時間ほど時間をおく
  • 手順6:お風呂場で流す

※下記の動画はとても分かりやすいです。この記事で紹介している塗り方とは異なりますが、はじめに見ておくとイメージしやすくなります。

手順1:必要なものを用意する

ヘナカラーの準備

  • ヘナ(ショートヘア:25g/ロングヘア:100g)
  • アルミ製or鉄製のボウル
  • タオル2枚(肩掛け用と、ターバン用)
  • サランラップ
  • 床に引く新聞紙
  • マドラー
  • 計り
  • 薄手のビニール手袋
  • ケープ(なければ、前ボタンタイプの汚れてもいい服)

手順2:身の回りの準備をする

  1. (手順3でお湯を使うので、この時点で火にかけておきましょう)
  2. 床に新聞紙をひく
  3. ケープをつける
  4. タオルを肩にかける
  5. 手袋をつける

手順3:「ヘナ」と「お湯」を混ぜてペースト状にする

ヘナカラー

ボウルにヘナと規定量のお湯(30度前後)を入れて、マドラーでしっかりと混ぜます。粘り気が出れば完成です。

手順4:頭のてっぺんからヘナを順番に塗っていく

ヘナカラー

  1. 頭のてっぺんから地肌にヘナをのせて、そのまま毛先までヘナを伸ばしたらくるっとお団子にする
  2. その回りの髪の毛をすくいながら、地肌から毛先ヘナをつけて、最初のお団子に巻き付ける
  3. 上記イラストの順番を参考に、少しずつ髪の毛をすくいながら繰り返す

手順5:「タオルターバン」をして30 分〜1時間おく

タオルターバン

頭全体にラップを巻いて、その後にタオルターバンをして時間をおきます。放置時間は、購入したメーカーの指示に従ってください。約30分〜1時間の場合が多いです。

手順6:お風呂場でしっかりと流す

お湯でしっかりと流しましょう。ヘナは粘りがあるので、いつものシャンプーの時のイメージで流すと髪に残るので、5分以上念入りに流してください。

また、シャンプーを使うと早く色落ちしてしまうので、2〜3日はお湯だけで流すのがおすすめです

自宅でのヘナカラーを成功させるための2つの秘訣

筆者が美容師をしていた頃、お客様にヘナカラーをする際に気をつけていたことが2つあります。それは、1:使用するヘナを厳選すること2:アフターケアの方法を伝える、ということです。

たった2つですが、これを守っておくと、いつまでもキレイな色味をキープすることができます。ぜひ参考にしてください。

秘訣1:100%天然のヘナを購入しよう

ヘナ

ヘナはメーカーによって染まり具合に差が出ます。なぜなら、ヘナの質や、混ざっているハーブによって、深く染まるかどうか大きく左右されるからです。

昔、美容師をしていた頃から今でも、「シムシムジャパン」さんのヘナを使用しています。化学染料が入っていなくて安心安全なのはもちろんのこと。ヘナだけでなく天然のハーブが混ざっていて、発色がとてもキレイで、色味もしっかりと入るのです。ヘナだけの商品もありますが、ハーブ類が入っている商品の方が断然キレイに染まります。化学染料とは異なるので安心してください。

数あるメーカーの中でも、シムシムジャパンさんのヘナが一番のオススメです。下記の通販サイトから購入できるので、興味があれば是非使ってみてください。

ヘナ/シムシムジャパン公式通販サイト

秘訣2:色味を長持ちさせたいなら「お湯シャン」がオススメ

シャワー

ヘナは自然の染料です。市販の化学染料のように、脱色して髪の内部まで色味をしっかりと入れるわけではなく、髪の表面に色味を定着させる方法で髪を染めます。

なので、化学染料に比べると色味は落ちやすいです。しかし、それを防ぐ方法があります。それは、できるだけシャンプーを使わずに、お湯だけで頭皮と髪の汚れを落とす方法です。これを「お湯シャン」と言います。

実は、ほとんどの汚れは、体温以上のお湯である程度落とすことができます。海外セレブの間でも流行っている方法で、意外に匂いもベタつきも気になりません。はじめのうちは抵抗があると思うので、1日置きにシャンプーとお湯シャンを交互にしてみるのもいいと思います。その分ヘナの色味が長持ちします

下記の記事ではお湯シャンの方法を具体的にご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

白髪を対策できるお湯シャンプーとは?!始める為の4つの手順

ヘナカラーは簡単で楽しい

ヘナカラーってとても面倒なイメージですが、慣れると本当に簡単ですし、とても楽しいです。筆者も、実際に化学染料とヘナをどちらも使用してきて、今ではヘナだけを愛用しています。

市販の化学染料のカラーは、色むらにもなりやすく、失敗してしまうこともありますが、ヘナは必ず成功します。なぜなら、脱色作用がないため、時間を置きすぎても大丈夫ですし、床に落ちてもサッと拭き取ればシミになることもまずありません。ヘナは成功しやすく、気楽に染められるのです。

さらに、慣れてくると、ヘナを髪に塗る作業がとても楽しくなっていきます。例えるのなら、エステの泥パックのような感じで、髪にペッタリと滑らかに塗っていくのがなかなか楽しいのです。

ヘナカラーはきっと、今までの面倒な白髪染めを、楽しい白髪染めに変えてくれるはずです。

ヘナについて「よく分からない…」という不安がある場合は、下記の記事でヘナのメリットデメリットや、具体的な活用法についてご紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

ヘナで白髪染めをする7つのメリットと具体的な手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。