髪や頭皮に優しいヘアマニキュア|白髪を染める3つの手順

髪はバサバサに傷み、頭皮がしみるのをガマンしながら、仕方なく白髪染めを続けてはいませんか?

そんな時、「髪」や「頭皮」に優しい「へアマニキュア」にかえる事で、あなたのストレスを解消する事ができます。けれど、へアマニキュアを使っている人が周りにいないと、分からない事が多く、不安ですよね。

そこでこの記事では、へアマニキュアについての疑問を解消し、実際にへアマニキュアを使う際の3つの手順をご紹介します。ダメージの大きい「白髪染め」は卒業をして、髪や頭皮の健康を守りましょう。

白髪染めにはへアマニキュアがおすすめな理由

白髪を染めるには、「ヘアマニキュア」もしくは「ヘナカラー」がおすすめ。その理由は、何と言っても「髪」と「頭皮」にダメージがないことが大きな理由の一つです。

※ヘナカラーについては「髪と頭皮に優しい白髪染め|ヘナカラーを始める為の6手順」で詳しくご説明しているので、よければ参考にしてください。

「白髪染め」はダメージが大きすぎる

白髪染め

「白髪染め」と「へアマニキュア」の大きな違いは、「脱色効果」の有無です。

  • 白髪染め:髪を明るくする事ができる=ダメージが強い
  • へアマニキュア:髪を明るくはできない=ダメージがない

白髪染めは髪を明るくする効果があるので、キレイに染める事ができますが、「髪」や「頭皮」に大きなダメージを与えてしまいます。白髪は隠せていても、髪はバサバサな上に、頭皮への強い刺激によって、余計に白髪を増やしてしまうことにもなりかねません。

髪や頭皮にダメージのない「へアマニキュア」

へアマニキュア

へアマニキュアは、髪の表面をコーティングしながら、色をつけていきます。脱色効果がないので、明るくする事はできませんが、「髪」や「頭皮」にダメージを与えずに白髪を染めることができます。

白髪の予防の為にも、頭皮を傷めない事はとても大切。「白髪染め」のダメージに悩んでいる場合は、へアマニキュアで健康的な「髪」と「頭皮」を取り戻していきましょう。

例)明るめのブラウンで染めた場合の髪の染まり方

  • 白髪 → 明るい茶色
  • 黒髪 → 黒

へアマニキュアのメリット・デメリット

へアマニキュアでカラーをする前に、もう一度メリット・デメリットを確認して、疑問を解消していきましょう。

メリット

髪や頭皮へのダメージがない

へアマニキュアは髪の表面をコーティングして色をつけていくので、「髪」や「頭皮」へのダメージはありません。

色のバリエーションが豊富

完全になじむブラック系・自然になじむブラウン系・個性的なカラー系など、様々なカラーバリエーションがあります。

デメリット

髪を明るくできない

脱色効果はありません。髪を明るくしたい人には不向きです。

退色が早い

へアマニキュアは髪の表面をコーティングするだけなので、シャンプーなどによって退色しやすくなります。

※対策:「湯シャン」をする事で、退色を防ぐだけでなく、白髪の改善を期待できます。

へアマニキュアを始める為の3つの手順

へアマニキュアを始める際は、下記の3つの手順を参考にしてください。

1:「美容院」で染めよう

はじめに悩むのが、「お店」で染めるか、「自宅」で染めるか、ではないでしょうか。

けれど、ドラッグストアで販売しているヘアマニキュアの多くが、美容院のマニキュアとはまったくの別物です。脱色効果のある白髪染めに、へアマニキュアが入っている事で、「へアマニキュア」として販売されています。作用は白髪染めとほとんど変わりなく、髪や頭皮へのダメージがあります。

自分で染めたいときは、「ヘナカラー」がオススメ

できるだけお金と時間を節約したい場合もありますよね。そんなときは、へアマニキュアではなく、「ヘナカラー」がオススメです。ヘナという天然100%の「植物の色素」を使って、髪を染めることができます。

イメージは天然成分のへアマニキュアだと考えると分かりやすいと思います。脱色効果はなく、白髪だけに優しく色味が入ります。

※ヘナカラーについては下記の記事で詳しくご説明しています。自宅で白髪を染めたい場合は、参考にしてくださいね。

髪と頭皮に優しい白髪染め|ヘナカラーを始める為の6手順

2:値段が気になるときは部分染めをオーダーする

いままで髪を染めていなかった人にとっては、カラー代を負担に感じるかもしれません。へアマニキュアは「部分染め」をすることができるので、その分値段を安くすることができます。

美容院によって価格に差があるので、電話で予約する際に、「部分染めをすると価格は変わりますか?」と、必ず確認しましょう。 

3:ペースは1〜2ヶ月に1回

へアマニキュアは髪の表面をコーティングさせるだけなので、1ヶ月程で退色が気になるようになります。けれど、それは「白髪染め」も同じ。白髪染めは、髪を脱色しながら染めているので、髪が傷みやすく、だんだんと明るく色が抜けていきます。

へアマニキュアだからというわけではなく、どちらにしてもペースは1〜2ヶ月に1回が目安です。

まとめ:白髪染めは髪や頭皮に優しいものを

白髪染めは、仕上がりを重視して選びがち。けれど、それと引き換えに、髪や頭皮の健康を損ない、結果的に「美しさ」とはかけ離れてしまっている人をよく見かけます。

本当の若々しさや美しさとは、髪のハリやコシがあってこそ。へアマニキュアで髪や頭皮に優しいオシャレを楽しみましょう。

下記の記事では白髪の根本的な改善策をご紹介しています。白髪の改善はもちろん、美しい「肌」や「スタイル」を手に入れることにも繋がる方法なので、ぜひ肩の力を抜いて、実践してみてくださいね。

もう一度黒髪へ!毎日できる8つの対策で白髪を改善する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。