ストレスは怖くない!白髪を黒髪に改善するための3つの秘訣

日に日に増えていく白髪。ストレスが影響していると聞くけれど、心の問題がどうして髪の毛に?とあまり納得できずにいるのではないでしょうか。このまま放っておけば、白髪が増えてしまうかもしれないと、不安でたまらないと思います。

先に結論を言ってしまうと、ストレスと白髪はとても深いつながりがあります。あなた自身の白髪も、もしかしたら「ストレス」が原因になっているかもしれません。

そこでこの記事では、あなたの白髪がストレスによるものかどうかの判断基準と、ストレスを軽減をして黒髪に回復させるための、とっておきの「3つの秘訣」をご紹介します。大丈夫。ストレスでできた白髪は、必ず改善できます。

白髪とストレスの関係

まずは、あなたの白髪が本当にストレスの影響を受けているのかを、判断していきましょう。

白髪になりやすいストレスとは—

白髪に影響の出やすいストレスとは、以下のようなものです。あなたにも身に覚えはありませんか?あなたが思っている以上に、日常の中にストレスはたくさん潜んでいます。

ストレス1

ストレスを感じると髪は白くなっていく

白髪「心の問題がどうして髪の毛に?」そう疑問に思うこともあるかもしれません。たとえば、ストレスでお腹が痛くなったり、手に汗をかいたり、心臓がドキドキすることってありますよね。このように「あなたの感情」と「体の状態」は、しっかりと連携をしています。

あなたがストレスを感じている時、体はあなたのことを守ろうとして、体をギュッと緊張させます。すると、血管も細く縮まってしまい、血流が悪くなってしまうのです。

もともと髪の毛は白髪をしているのですが、頭皮にある「メラノサイト」という色素工場があなたの髪を黒く染色してくれています。けれど、ストレスで血流が悪くなっていると、メラノサイトに栄養が届かなくなってしまい、だんだんと働きが弱くなり、髪に色味をつけることができなくなってしまうのです。

ストレスによる白髪は、黒髪に戻せる

「まだ若いのに、このまま白髪がのこってしまったらどうしよう。」そんな不安もあるかもしれません。けれど、ストレスが影響して白髪になったものは、ストレスを解消することで、黒髪に戻すことができます。

ストレスによる白髪は、一時的にメラノサイトがとまっているだけ。ストレスによって滞っている血流を元に戻してあげれば、再びメラノサイトに栄養が届くようになり、再び髪に色味をつけることができます。

白髪になる人と、ならない人の違い

ストレスの影響

「いやいや、そうは言っても、私よりストレスを抱えている人が白髪になっていないのはどうして?」そんな不満を抱えているかもしれません。けれど、ストレスによって、血流が悪くなるということは、みんな平等です。

白髪にならない人は、もしかしたら生理不順になっているかもしれないですし、冷え性になっているかもしれません。もっと進行していれば、ガンや命に関わる体の不調として表れているかもしれません。

このように、体の血流が悪くなっている時は、あなたの命とは関係のない場所(髪の毛・生殖機能)から、栄養を回すのをストップします。ストレスによって影響が出る部分は人によってさまざま。けれど、共通しているのは、必ず命とは関係のない部分に不調を出して、体はあなたに合図を送っているのです。

ストレスを改善して黒髪に復活する為の3つの秘訣

ストレスは正しく向き合うことができれば、なにも怖いことはありません。これからご紹介する、ストレスを改善する為の3つの秘訣を参考にして、白髪を健康的な黒髪に復活させていきましょう。

1、「ストレスをなくそう」と思うことを辞める

心1

ここまで聞いていると、ストレスはいけないことなんだと、不安に思われたかもしれません。白髪を改善したいと思っているのに、少しでもストレスになることがあると、また白髪が増えてしまうんじゃないかと、不安でいっぱいになりますよね。

けれど、誤解を恐れずに言うのであれば、ストレスは悪いことばかりではありません。なぜなら、ストレスは感じれば感じるほど、少しずつ心にストレスにたいしての免疫がついていき、次第にストレスを感じにくい、「穏やかな心」を維持しやすくなるからです。結果的に、ストレスによる影響が減っていき、白髪を改善しやすくなっていきます。 

じつは、「ストレスはだめだ」と自分を制限してしまっていることの方が、体にとっては大きなストレスになります。ストレスを受け入れて、乗り越えるという作業も、時には必要なのです。そのためにも、下記の「秘訣2・3」を意識して、ストレスをうまく乗り越えていきましょう。

2、7時間睡眠を意識して、心の中をキレイに片づける

情報

受験勉強、就職活動など、「一時期限定」のストレスは、睡眠がとても有効です。

毎日の「考え事」は、すべて寝ているあいだに、脳の中で整理整頓をしています。様々な感情や、たくさんの情報をは、寝ている間に、「必要なもの」と「いらないもの」に、脳が振り分けて、きれいに整理整頓をしてくれているのです。

7時間以内の短い睡眠が続いていると、心の中の片付けがうまくいかずに、たくさんの感情でぐちゃぐちゃになってしまい、気持ちもマイナスに傾きがちです。そんなときは、7時間ほどのしっかりとした睡眠時間を確保することで、自然と心の中が整理され、ストレスを軽減しやすくなります。

3、日記を書いて、自分の一番の相談相手になる

目標のたてかた

睡眠だけじゃ追いつかないような深い悩み、たとえば、家族関係や、仕事の問題などは、あなた自身でその問題と向き合ってみることが大切です。向き合う方法は、ノートなどに、自分の感情を目に見えるように書き出すだけ。とってもシンプルな方法です。

たとえば、人の悩みを聞いている時、人には簡単にアドバイスができるのに、自分のこととなるとどうも弱気になってしまうことってありませんか?「でも」「だって」がジャマをして、なかなか悩み事を解決できないことがあると思います。

そんなとき、ノートに感情を書き出して、自分自身から一歩離れて見てみると、「またあんなことで悩んでる!」「またメソメソしてる!」なんて、自分自身を「大切な友人」だと思って向き合えるようになります。書く内容が分からないときは、上記の図の、Step1〜3を参考にしてください。

きっと解決策が見つかるはずです。

まとめ:ストレスはあなた次第でどうにでもなる

ストレスを改善して黒髪に復活する為の3つの秘訣

  1. 「ストレスをなくそう」と思うことを辞める
  2. 7時間睡眠を意識して、心の中をキレイに片づける
  3. 日記を書いて、自分の一番の相談相手になる

ストレスは目には見えないものなので、どうしようもないんじゃないかと不安になこともあったかもしれません。けれどストレスとうまく向き合う方法を知っているあなたなら、もう大丈夫。ストレスによってできた白髪も、あなた自身で必ず改善することができます。白髪が出てきたことを一つの合図として、心と体の不調にも目を向けてみましょう。

鏡を見るのが喜びに変わる日がくることを、願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。