顔のむくみを解消!笑顔でキレイになれる4つのメソッド

笑顔の口元

毎朝、自分の顔を見るたびにテンションがガタ落ち…。パンパンにむくんだ顔のままでは化粧をする気も起こらない。朝からイライラするのが日課になっていませんか?

確かに、朝は顔がむくみやすい時間です。しかし、全員が顔のむくみに悩んでいるわけではありませんよね。実は、顔のむくみに悩む人が避けている習慣があります。

この記事では、顔がむくむ原因と解消法をお伝えします。特殊な器具やむずかしいテクニックは必要ありません!

朝、出勤したてから「疲れてる?」と言われることはありませんか?むくみ解消法を実践すれば、顔も明るく輝いてみえるはずです。むくみを解消するだけでなく、表情も気持ちも明るくなれる…そんな習慣を始めてみてください。

1:朝のむくみ顔をすぐ解消できる!~顔ヨガ 2選~

まず、寝起きのむくんだ顔に効く「顔ヨガ」をお伝えします。

今回はフェイシャルヨガ講師の間々田佳子先生の著書“「顔ヨガ」で驚かれるほど小顔になれる本”からむくみに即効性のあるものを選出しました。顔ヨガは、1ポーズ10秒なので時間の無い朝にも最適。姿勢を良くして、自然な呼吸で行ってください。

1-1:顔全体の血流アップ~くちゃくちゃぱっ~

寝ている間に滞ってしまった血液やリンパ液を流すのに最適な運動です。顔にギューっと力を入れて、思いっきりくちゃくちゃになってください。ぎゅーっぱストレッチ1

1.鼻から大きく息を吸い、すべてのパーツを思いっきり顔の中心に集めて、
口から息をシューっと10秒かけて吐き出す
ぎゅーっぱストレッチ2

2.息を吐ききったら、顔をワイドに開き、目を閉じてリラックス

1-2:身体の代謝もアップ~あっかんべー~

舌の筋肉を使うことで内臓の代謝が上がります。むくみ解消だけでなく、美肌効果も。鏡を見ながら行ってください。あかんべーストレッチ1

1.顔は正面を向いたまま、目線だけを上に向ける
あかんべーストレッチ2

2.舌を思いっきり突出し、口から息を「はぁーっ」と吐き出す。
吐ききったら、顔を元に戻してリラックス

どうでしたか?顔をしっかり動かすと、少し疲れた感じがしませんか?この疲労感こそ顔の筋肉を使っている証拠です。顔ヨガはむくみ解消だけでなく、小顔になったり、頬の位置があがるメリットもあります。起きたら、まず思いっきり顔を動かす習慣を始めてみてはいかがでしょうか?

2:むくみ解消の鍵は「笑顔」にある

女性
最近、思いっきり笑ったのはいつですか?思い出せないあなたは、顔をくしゃくしゃにして笑うことが減ってきていませんか?むくみと顔の筋肉には、深い関係があります。あなたの「いつもの表情」にむくみの原因が隠れているのです。

2-1:あなたの顔の筋肉は20%しか使われていない

顔の表情筋は使わないと、筋肉が固くなり動きが悪くなります。顔の血行やリンパの循環が悪くなるのでむくみやすくなります。これは足や手のむくみにも同じことがいえます。身体のどの部位も筋肉をきちんと使えていなければ、水分が滞留してむくんでしまいます。

特にわたしたちは、顔の筋力が低下しています。日本語は英語に比べ筋肉をたくさん使わなくても発声ができるので、日本人は表情筋の20%しか使っていないそうです。子供は1日300~400回笑うのに対して、大人は15回程度というデータもあります。

もしかしたら、イライラを自制するためにポーカーフェイスがクセになっている人もいるかもしれませんね。けれど、その無表情こそが顔をむくませている可能性があるのです。

2-2:ウインドウに映った自分は、美しいですか?

街を歩いている時に、ウインドウに映る自分の顔を見て驚いた経験はありませんか?覇気がなくて、不機嫌そう…「あんなの私じゃない!」と目をそむけたくなりますが、その姿こそ他人から見えているあなたそのものです。

人の顔は無意識だと緊張感がなく脱力状態で、筋肉をほとんど使っていません。顔の筋肉の表情筋は使わないとどんどん衰えていきます。この「筋肉の衰え」こそが、顔のむくみの原因なのです。

では、どのように鍛えればいいのでしょうか?一番簡単なのは「笑顔」です。少し意識するだけで、使っていない顔の筋肉を呼び覚ますことができます。しかも、顔の筋肉は小さくて繊細なので、効果が出るのも早いですよ。

3:むくみ解消以外にもある!笑顔の2大メリット

笑顔には、心と身体に効能があります。「笑う門には福来る」それを実証する話をお伝えします。

3−1:たくさん笑うと肌にハリが出て、小顔になれる

顔を包む女性
むくみは放置すると、脂肪がつきやすくなりシワの原因にも繋がります。顔のシワが増えるのを怖れて笑うのを避ける女性がいますが、実は逆効果。

笑えば笑うほど筋力が鍛えられ、顔が小さくなり、弾力が生まれるのでハリのある肌になれます。顔の血行やリンパの流れが良くなれば、美肌効果も。笑顔がもたらす美容効果は絶大です。

3-2:口角を上げるだけで、幸せホルモンが出る

微笑む口元
口角を上げるだけで、幸福感が増すのをご存じですか?実は、笑いで脳は変化するのです。

これは、アメリカの心理学者トムキンスが「顔面フィードバック仮説」として発表しています。私たちは脳の反応で笑うだけではなく、顔の筋肉情報が脳にフィードバックされます。この時、幸せホルモンと呼ばれる心のバランスを整える物質のセロトニンが分泌されて、喜びの感情が湧くというものです。

誰にでもすぐできる笑う行為こそが、幸せの鍵となるのかもしれません。

4:むくみを取って「幸せ顔」になるための4つの習慣

「笑顔になれと言われても…」と何をすればいいのか分からなくなっていませんか?では、自然に顔の筋肉を使える習慣をお伝えします。いままで意識が向いてなかったところに解決策は転がっています。

 4-1:人を笑顔にできるあいさつをする

オフィスの女性
今朝「おはよう」と声かけた時、相手はどんな表情でしたか?意外と覚えていないものですよね。最近では、相手を見ない挨拶が増えつつあるように感じます。しっかり声を出していても、相手を見ずに挨拶する…思い当たる節はありませんか?

顔の筋肉を使うには、誰かとコミュニケーションを取ることが一番です。睡眠中に硬くなった表情をほぐすためにも、まず相手の顔を見て挨拶をする。ふと目があった時に軽く微笑んだり会釈をする。そんな気持ちいい挨拶をされて嫌な気分になる人はいないですよね?

相手を幸せにできる挨拶で、自分の表情筋を使って美しくなる。一石二鳥の習慣です。

4-2:SNSのやりとりより、2時間会ってみる

カフェ
「ちょっと聞いてよ、会社でさ…。」とメールで友人に愚痴をもらすことはありませんか?最近は簡単にメールができるので、こまめな会話が何往復も続くことがあるかもしれません。しかしスマホを眺めるだけでは、無表情のままです。では、いっそのこと会いに行ってはいかがですか?

「そんなのめんどくさいし…」と思うかもしれませんが、人とのコミュニケーションが不足しすぎると顔の筋肉は衰えていく一方です。それが当たり前になっていては、どんどん老け顔に近づいていきます。

相手の顔を見ながら、思いっきり笑ったり、時には怒ったり悲しんだり…顔面から喜怒哀楽を表現する時間を持つことも美しさを保つ秘訣かもしれませんね。

4-3:作り笑いでも、健康になれる

女性
「そんな毎日笑えることなんて沢山無いよ…」と思っているあなたに朗報です。実は、「作り笑い」でもメリットは十分あります。口角を10~20度上げて作り笑いをするだけで、幸福感や健康効果は得られるというのです

こんな事例もあります。トロント大学の研究チームが「恐怖」と「嫌悪」の表情の実験を行いました。これで興味深いのは被験者が恐怖、嫌悪の“フリ”をして表情を作っている実験なのです。恐怖の顔を作った被験者は身体が緊張状態になり、嫌悪の表情を作った被験者は視野や知覚が低下するというデータが出ました。

つまり、表情は感情を伝えるだけでなく、自分の身体の状態に影響を与えているということになります。「笑顔」と「嫌悪顔」…より健康に近づく表情はどちらでしょうか?

4-4:今日のいいことを思い出しながら眠る

眠る女性
翌朝顔をむくませないために寝る前にできる簡単なワークです。

布団に入ってから、今日一日にあった良いことを順番に思い出しながら眠る

最初からたくさん思い出せる人は少ないかもしれません。全然思い出せなくて「私の人生なんて…」と悲観する必要はありませんよ。

このワークを続けることで、日常の「良いこと」に目を向けるクセが生まれ、幸せに気付きやすくなります。人の顔は、内面を顕著に表すものです。「何にもいいことない」と思っていれば仏頂面になりますし、幸せをたくさん見つけられる人は自然と笑顔になり表情が豊かになります。

しかも、幸せな気持ちのまま眠ると睡眠の質が上がります。睡眠は、体の循環に欠かせないもの。そういう面でも、むくみ解消にはうってつけの方法です。

5:笑い上手こそ、美しくなれる

芸人のようにプロフェッショナルだけが笑いではありません。箸が転げても笑える子供のように日常生活で笑いを見つけるのが上手になると、免疫が活性化し、顔色もよくなって、むくみだって全く気にならない生活になります。

こんな言葉があります。

 20歳の顔は自然の贈り物。50歳の顔はあなたの功績。(ココ・シャネル)

笑顔はむくみ解消だけでなく、未来の幸せ顔を作っています。

幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せになれるもの。目の前にあることにクヨクヨするのはやめにして、笑いとばしてみませんか?あなたの笑顔が自らの心も身体も健康に、そして美しくしてくれるのです。

「最近、何かいいことあった?」そんな風に聞かれるようになる頃には、顔のむくみに悩むことも無くなっているはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。