ドライアイの対策/目を潤す毎日3分だけの簡単ストレッチ

パソコンを眺めるたびに、目が乾いて疲れを感じていませんか?

「目薬も効果は無いし、どうしたらいいのか分からない。」「なんとかドライアイを回避したい。」そう思っていませんか?

ドライアイは、生まれ持った体質ではなく、あなたの生活習慣が作り出したものです。ドライアイを和らげるために必要なのが、目と身体を休めること。

「そんなこと言われても、仕事を休めるわけがない!」そう思うかもしれませんね。けれど、ドライアイのままで仕事のパフォーマンスは上がっていますか?目の乾きの影響で、集中力が低下したり、疲れやすくなっていませんか?

ドライアイを改善できれば、ストレスから解放され、仕事や生活の質も上がります。この記事では具体的なドライアイ対策と、目を潤す簡単ストレッチをお伝えします。今日から始められるものばかりです。ぜひ自力で目の潤いを取り戻していきましょう。

 1:ドライアイは、あなたの生活が生み出している

ドライアイは、涙が出にくくなった状態です。肌の乾燥のように思っているかもしれませんが、実は簡単に見過ごすべきではありません。血行不良や酸素不足も原因になっていて、目薬でなんとかしようと思っても改善できないのは当然です。くわしいドライアイの原因については、こちらを参考にしてください。

ドライアイの原因/あきらめる前に知っておきたい4つのこと

 「いますぐドライアイをどうにかしたい…」そう思っているあなたに、ドライアイを和らげる対策法をお伝えします。まず大事なのは、あなたの目を上手に守ることと、しっかり休むこと。実践すれば、目薬以上の効果が得られるはずですよ。

 2:いますぐ出来る5つのドライアイ対策

現代の生活は、目にとって楽なものではありません。だからこそ、目に対しての気遣いが必要です。それを日常の中で意識するだけでも、ドライアイは楽になるはずです。

 2−1:パソコンとスマホのつきあい方

スマホ
パソコンやスマホは目に負担が大きいとはいえ、使わないわけにはいきませんよね。ならば、目にやさしい使い方を実践しましよう。

まずは、パソコンやスマホの画面を「下目使い」で見てください。

目の状態をよくするには、涙を分泌してくれるまばたきが重要です。画面を目の高さより下に置くことで、まばたきのしやすい角度になり、目が守られます。寝転がってスマホを見る時は、要注意ですよ。

そして、目のダメージは距離が近づくほど増します。最近では、テレビからパソコン、パソコンからスマホと距離が近くなるものが増えています。スマホは、無意識に近づけて見てしまうので、あえて距離を取り、見にくい場合は文字を大きくするなど工夫しましょう。

 2-2:一定時間ごとに、目の休息時間をつくる

休憩している女性
パソコンを3時間、4時間と連続して使っていませんか?目は必要以上に使えば、生理的に疲れるものですし、眼精疲労はドライアイを悪化させる原因です。

パソコンやスマホは1時間使ったら、10分は休むようにしてください。休み方にもコツがあります。

  • パソコンを使わない作業に切り替える
  • 数分だけでも目を閉じる
  • ぼんやり遠くを見る

このように画面から入ってくる刺激を遮断することで、目の筋肉や神経を休めます。コンディションを保つには、適度な休憩が不可欠です。あなたが目を休めていないことで、実は仕事の効率が下がっているかもしれません。

 2−3:目にやさしい住環境を取り入れる

部屋
「家に帰っても、なんだか疲れがとれない…。」そんなことはありませんか?自宅でも目が疲れて乾くなら、住環境を見直す必要があるかもしれませんね。

部屋の照明は明るすぎていませんか?明るい部屋は、目を疲れさせ、ドライアイを悪化させます。これは、テレビやスマホの画面も同様です。目の疲れない程度のやさしい明るさに調整しましょう。

また、部屋の湿度を保つことも重要です。現代の建物は、気密性が高く、乾燥しやすい作りです。理想の湿度は、40%~70%ですが、もし加湿器がない場合は、部屋にコップ1杯の水を置いておくだけでも効果があります。濡れたタオルをかけておくというのもひとつの方法です。

 2-4:目に負担をかける習慣をやめる

文字
夜に本を読み始めると、眠くないのにすぐ目を閉じてしまうことはありませんか?実はこれは、目を疲れから守ろうとしている自然な働きなのです。

起きている時間が長くなればなるほど、目に負担がかかります。深夜だらだらとテレビを観るのも、目には過酷な環境です。睡眠不足は、ドライアイを深刻化する習慣だということを忘れないでください。

 2-5:自宅で出来る!目と身体の上手な休み方とは

アイマスク
目を癒すには、温めることをオススメします。ドライアイ改善にも効果的です。ドライアイの人は、目の際にあるマイボーム腺がつまり、油分の分泌が不足しています。涙は油分が不足すると、蒸発しやすくなるのです。目を温めることで、マイボーム腺のつまった油が溶け、涙の質が良くなります。また、目の周りの筋肉のこりを取り、血行が良くなるので、目の潤いが増します。

蒸しタオルや、ホットアイマスクを活用してください。入浴時に湯船につかって、あたたかいタオルで目を覆うのもオススメです。

 3:シーンごとにオススメする3つの目の潤いストレッチ

朝起きた時、スマホを見ている時、運転に集中している時…と、目の乾きを感じるシーンは1日のうちに何度もあるはずです。そんな時、目を潤すストレッチ法をお伝えします。ドライアイの根本的な改善にもつながるので、ぜひ習慣にしてくださいね。

 3−1:朝お出かけ前に→まばたきストレッチ

女性の目
1分で出来る簡単ストレッチです。まばたきをたくさんすることによって、涙腺を刺激し、涙を出やすくします。顔や目の筋肉に無理に力を入れないように、行ってください。

  1. リラックスして、正面を見ます。
  2. 1秒間に1回のスピードで、20秒間まばたきを続けます。
  3. 1秒間に2回のスピードで、20秒間まばたきを続けます。
  4. 1秒間に3回のスピードで、20秒間まばたきを続けます。

 1日のうち、どのタイミングでやっても構いません。力を入れすぎると、逆に疲れてしまうので注意しましょう。

 3-2:パソコン中に疲れた時→ギューっとストレッチ

目を潤すのに、涙は欠かせないもの。しかし、パソコンなどを見ているとまばたきは通常の半分以下にまで減ってしまいます。そこで、パソコンのモニターで目が疲れた時などは、このストレッチをオススメします。

  1. 目を閉じて、まぶたにギューっと力を込めます。(2~3秒)
  2. 目を閉じたまま、まぶたの力をふっとゆるめる。(1~2秒)

 このストレッチで涙腺が刺激され、目に潤いを与えます。目の周りの筋肉のストレッチにもなります。

 3-3:休憩の時に→目と首をゆるめるストレッチ

肩こりや首のこりに悩んでいませんか?目の筋肉は、首の筋肉と繋がっています。ドライアイで目が疲れやすい人は、慢性的に首や肩の筋肉も固くなってしまいがちです。

逆に捉えると、首、肩の筋肉をほぐすことで、目の筋肉もゆるみ、疲れを取り、潤いが復活することに繋がります。このストレッチは、座っていても立っていてもできます。姿勢と正してから、行いましょう。

ストレッチイラスト

  1. 鼻から息を吐きながらゆっくりと首をひねり、顔と目を右にむけます。鼻から息を吸いながらゆっくり正面を向きます。同じように左側にも向けます。 
  2.  鼻から息を吐きながら顔と目をできるだけ下に向けます。 
  3.  2の状態から、肩の位置はそのままで、鼻から息を吸いながら、顔と目をできるだけ上に向けます。鼻から息を吸いながら、正面に戻ります。 
  4.  いったん息を吸い、息を吐きながら首を大きく右に回します。この時、首の動く方向に目も大きく動かします。呼吸しながら、3回繰り返します。同様に、呼吸しながら大きく左に回します。3回繰り返して終了です。

目と首の筋肉を動かすことによって、血流がよくなり、ゆったり呼吸しながら行い酸素をとりこむことで、目の酸欠が防げます。

 4:まとめ

日々の習慣を見直すことで、ドライアイの改善に繋がります。

  1. パソコンやスマホは休息を取りながら使う
  2. 明るすぎる部屋や画面には注意する
  3. ドライアイに睡眠不足は厳禁
  4. 目を潤すためには、温めること
  5. 「目が乾いた」と思ったら、目のストレッチを

 ドライアイは、生活習慣の見直しのきっかけをくれたチャンスです。「自分の身体は自分で守る」ためにも、「疲れたら休む」これが、目を労わる最良の手段です。

根本的にドライアイを改善するためには、全身が健康体である必要があります。そのためにできることは次回の記事でお伝えしますので、しばらくお待ちください。それまで、自分自身の身体を見つめなおして、不調を感じる部分を確認してみてくださいね。きっとドライアイの改善と共に、体の不調も手放すことができるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。