ドライアイのコンタクトは危険!3つのデメリットと対策法

コンタクトでドライアイがひどくなっていませんか?「目薬をさしても、すぐ乾いてしまう。」「コンタクトの異物感が耐えられない。」そんな憂鬱を毎日感じていませんか?

ドライアイの人にとって、コンタクトは不向きです。なぜなら、コンタクトの装着には、涙が欠かせないからです。とはいっても「いますぐメガネに切り替えましょう。」だけでは困ってしまいますよね。目の悪いドライアイの人は、どうすればいいのでしょうか。その答えは一つ。

コンタクトの不快感を無くしたかったら、ドライアイを治すしかありません!

「ドライアイを治すなんて、無理に決まってる!」そう思うかもしれませんが、ドライアイは自ら改善できるのです。この記事では、コンタクトとドライアイの関係や、コンタクトの危険性に触れていきます。そして、ドライアイの人が、快適にコンタクトを使えるようになる対策もお伝えします。いま抱えている目の不満を、一気に解消できる方法があるんですよ。

1:ドライアイには、コンタクトは向いていない

「コンタクトをすると、さらに目が乾く。」「自分にはコンタクトが合っていないのかもしれない」そんな不安を抱えていませんか?

実際、涙の分泌の少ないドライアイの人には、コンタクトはオススメできません。コンタクトは角膜に密着させているように感じますが、レンズは涙に浮かべています。つまり、涙は不可欠なのです。

しかも、コンタクトは水をはじく性質を持っています。レンズの水分が蒸発すると、涙を吸い上げ、ドライアイを促進してしまいます

とても便利なコンタクトですが、ドライアイの人にとっては様々なデメリットを引き起こしやすいので、十分な注意が必要です。

 2:コンタクトが引き起こす3つのデメリットとは

近年、コンタクトレンズを装着する人が増えたことも、ドライアイの人が増えた要因と言われています。それくらいドライアイとコンタクトには、密接な関係があります。

ドライアイの人が目を傷つけてしまわないように、知っておくべき3つのデメリットをお伝えします。

 2−1:コンタクトは、ドライアイを悪化させる

コンタクトレンズ
目は、酸素を大気中から取り入れるために呼吸をしています。ところが、コンタクトで角膜が大気から遮断されると、思うように酸素が取り込めません。酸素不足で目の代謝が低下すると、涙の量が減り、さらなるドライアイを招きます。

 しかも、代謝が悪いと、古い涙と新しい涙の交換が不十分になり、涙の質が低下します。そうすると涙の成分バランスが崩れ、目の表面に定着しにくくなります。

涙も減り、涙も乾きやすくなる。このようにコンタクトによって目の機能が十分に働かなくなり、ドライアイや疲れ目の大きな要因となってしまうのです。

 2-2:コンタクトで角膜を傷つける可能性がある

コンタクトは、「涙の海」に浮かぶ“小舟”のようなものです。“海”となる涙の量が少なくなればなるほど、レンズが目の表面に触れることになります。すると、異物感や痛みが出て、角膜の傷がつきやすくなります。

十分な潤いがなくなると汚れもつきやすく、痛みやかゆみを引き起こしがち。角膜を傷つけて、雑菌やウイルスの侵入を防ぐバリア機能が低下していれば、感染症のリスクも高まります。

 2-3:眼痛、目の表情…増えていくストレス

コンタクトをはめる男性
涙が不足した状態では、コンタクトがゴロゴロするのは当然のこと。目薬をさしても、根本的な改善にはなりません。

また、体調が良い日でも「眠いの?」と人から心配された経験はありませんか?実は、これもドライアイが原因です。目が乾いてしまうと、目を守ろうとしてまぶたが下がりやすくなります。すると、自然と眠そうな目に見えてしまうのです。

目の痛みや顔の表情がパッとしないこと。目やにが増える。集中力がなくなる…こういったドライアイによるストレスも、慢性的に蓄積すればさらなる病気の引き金にもなりかねません。

 3:コンタクトを使用は、ドライアイを改善してから

このように、ドライアイの人にとってコンタクトはリスクが大きいものです。しかし、メガネが合わない人や、見た目でメガネをどうしても避けたい人もいますよね。

ドライアイの人が、快適にコンタクトを装着する唯一の対策は、「ドライアイを治すこと」です。これは、けっして無茶なことではありません。ドライアイは、体質でもなく、自分で改善できる症状だからです。

 3-1:ドライアイの原因は、あなたの身体が生み出している

「ドライアイは治らない。」そう言われがちですが、それは目のことしか診ていないからそう感じられるのです。ドライアイの原因は、こちらの記事にくわしく書いてありますので、改善のためにもぜひ読んでください。

ドライアイの原因/あきらめる前に知っておくべき4つのこと

ドライアイは、生活習慣病です。あなたの身体や生活習慣に本当の原因は潜んでいます。それらをきちんと見直し、改善することによって、ドライアイは自力で治すことができます。

 3-2:近視、遠視の原因にもなる「血流障害」

視力検査
ドライアイと、視力障害には共通点があるのをご存じですか?

目と目の周辺には、光や色を感じる神経細胞や、細かい血管が張り巡らされています。目をきちんと働かせるには、これらの血管に十分な血液が必要です。筋肉が衰えたり、緊張してこわばったままだと、血流が滞り、ピント調節などの目の働きが悪くなります。これが、視力障害の大きな原因です。

血行を良くすると、視力も向上すると言われています。

血流の悪さは、ドライアイの原因でもあることから、血液の流れが目にとって重要なポイントだということが分かります。そして、根本的に改善するためには、「目」の血流だけでなく、「全身」の血流を良くすることが必要です。

 3-3:ドライアイを改善すると生まれるメリット

人間が外部から得ている情報の8割は、目から入るとも言われています。つまり、目の機能が低下すると日常生活の影響は想像以上に大きいものです。

ドライアイを改善することで、安心してコンタクトが装着できますし、目もパッチリし、表情が豊かになります。血行を改善することで、肩こりや頭痛にも効果が出て、慢性的な不調の改善にも繋がっていきます。

「ドライアイ」という「身体のSOS」に向き合うことで、本来の健康体に近づくことができるんですよ。

 3-4:メガネも上手く活用しよう

メガネとコンタクト
ドライアイを改善していく段階でどうしてもコンタクトが必要な場合は、使用時間を極力少なくするようにしてください。メガネは、コンタクトに比べてつけはずしも簡単で安全性が高いです。帰宅後は、まずコンタクトを外し、メガネに切り替える対策もオススメです。

 まとめ:目の健康は、全身の健康につながっている

とても身近なものですが、コンタクトは「医療器具」です。気軽に使うには、リスクがあります。

視力をはじめとする目の不調は、自力では治せないと信じられがちですが、目のさまざまな異常は、あなたの身体に原因があります。遺伝や体質で、片付けられるものではありません。

まず、コンタクトをあきらめたくないなら、自分の身体を変えてみましょう。あなたの身体の機能を高め、目の潤いを取り戻せば、コンタクトの装着も問題ないのです。具体的な実践方法は、後日記事にしますので、しばらくお待ちください。それまで、無理をしないように、目を労わることを忘れないでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。