パソコンやコンタクトだけじゃない!ドライアイの5つの原因

目のアップ

「とにかく目が乾いて疲れる。けれど、パソコンもスマホもやめられない。」「ドライアイで、エアコンが耐えられない。集中力も無くなって、仕事にきちんと向き合えない…。」そんな憂鬱を抱えて毎日を過ごしていませんか?

ドライアイが続くと、目だけでなく体調にまで影響を与えてしまいます。そんなドライアイの原因は、パソコンやコンタクトだけではないのをご存じでしょうか?

実は、パソコンを一切使わないお年寄りや、裸眼の子供でもドライアイになるのです。ドライアイを引き起こす原因は、目だけでなく「体全体」が関係しています

 ドライアイが改善することでやる気や集中力もUPして、仕事の効率も上がるはずです。しかも、目の輝きや顔の表情がハッキリしてくるといったメリットもあります。根本的なドライアイ改善のためにも、この記事でドライアイの正体を知ってくださいね。

1:わたしたちは、目の使い方を間違えている

あなたのドライアイは、何が原因でしょうか?パソコン?それとも、コンタクトや空調のせい?

けれど、パソコンを使うことも、コンタクトも、エアコンの効いた部屋にいるのも、特別なことではありませんよね。なぜ同じ環境にいながら、ドライアイになる人とならない人がいるのでしょう。

実は、ドライアイは単なる目の異常ではありません。からだ自体に原因があります。つまり、慢性的なドライアイは生活習慣病の一種です。

わたしたちが当たり前に取り入れている生活習慣は、実は体にとって不自然なもので、思っている以上に体を酷使しています。しかも現代のライフスタイルは、目に過剰な負荷をかけているのです。ドライアイになる発端は、そこに隠されています。

 1−1:人間の目は、遠くを見るようにできている

地平線
大昔の人類は、獲物を見つけるため、危険を早く察知するために、遠くをたくさん見る必要がありました。つまり、そもそも人間の目は遠くを見るように作られています

遠くを見るのと、近くを見るのでは、目の働きは全く異なるのです。手元など近くを見る時は、目の筋肉に力を入れて緊張させ、ピントを合わせます。近くのものを見て疲れてしまうのは、人間として当然なのです。

 1−2:私たちの目は、光にさらされている

太陽
もうひとつ、目に無理をさせている習慣があります。「明かりを見る」ことです。太陽をじっと見つめることはできませんよね?人間の目は、強い光源を見続けることに耐えるようには作られていません

光源とは、自ら光を発するもの。身近なものだとパソコンやスマホもそのひとつです。しかも、電気の光はあくまで人工的なもので、太陽光とは性質が異なります。人工の光は、自然光よりも目の調整が必要になってしまうのです。

1-3:人間が、ドライアイになりやすい理由

ねこ
人間は、動物よりドライアイになりやすいです。動物は、目のまわりにたくさんの毛が生えています。体毛は、温度や湿度の環境を保つのにとても役立ちます。人の目のまわりには、まつ毛と眉毛がありますが、動物に比べると極端に少ないです。わたしたちの目は、直接的に外界にさらされているデリケートな器官なのです。

 また、コンタクトレンズには水をはじく性質があるので、装着中には乾燥はさらにひどくなります。コンタクトでのドライアイは軽視されがちですが、目が乾いた状態でコンタクトを装着するのは危険です。こちらに詳しく書かれていますので、ぜひ一度読んでください。

ドライアイのコンタクトは危険!3つのデメリットと対策法

 1-4:夜型生活が、目にさらなる負担をかけている

夜の街
人間はもともと明るい太陽の下で活動をして、夜は眠ることで体を休めてきました。人間は夜行性ではないので、暗いところでは視野も狭く、ものを十分に見ることができない構造になっています。実際、夜行性の猫の目は、光を感じる「杆状体(かんじょうたい)」が46万個あります。しかし、人間の目には16万個しかないのです。

 電気の発明のおかげで、私たちは夜でも活動ができるようになりました。しかし、先ほどもお話しした通り、電気の光はより目を疲れさせます。夜、人工光のもとで活動することは、日中の活動よりもずっと目の負担をかけることになります。目の疲れは、ドライアイを誘発します。

その上、夜は涙の分泌が日中よりも減少するため、目にとっては過酷な環境となるのです。深夜のテレビやスマホの習慣は、ドライアイの引き金になっています。

2:あなたの生活に潜む、ドライアイを引き起こす「5つの原因」とは

このように、わたしたちは目に厳しい環境で生きています。その結果、ドライアイを招いてしまっているのです。ここからは、さらに具体的に私たちの生活に隠れた「ドライアイの本当の原因」についてお伝えします。

ドライアイは、「目」だけでなく「からだ全体」で引き起こしています。根本的にドライアイを改善するためにも、本当の原因を探っていきましょう。

あなたがドライアイかどうか疑問を抱いているなら、まずこちらの記事のセルフチェックを行ってくださいね。

ドライアイの症状|今すぐ判断できる12のチェックと対策

 原因1: パソコン・スマホでまばたきが激減している

スマホ
日中はデスクワークで疲れて、通勤時はネットで情報収集をして、帰宅後もテレビを見て…なかなか目が休まる時間がありませんよね。注意したいのは、パソコンやスマホを使っていると、無意識にまばたきが激減してしまうことです。

まばたきは、目を開いたり閉じたりすることによって、涙の分泌を促進してくれる体の大事な働きです。人は、通常1分間に20回ほどまばたきをするのですが、何かに集中すると無意識にまばたきが少なくなっています。

例えば、車の運転中は12回、読書中は10回、そしてパソコンやスマホに集中している時は、6~7回に減ってしまいます。その結果、涙はどんどん蒸発してしまい、ドライアイを誘発するのです。

 ドライアイの原因は、パソコンやコンタクトだけじゃない

しかし、こんな悩みを耳にしました。

「パソコンもしない、本も読まない人がドライアイになることはありますか?コンタクトをしているわけでもないし、細かい仕事をしているわけでもないんです。」

こういった例は、決してめずらしくありません。ドライアイは、10歳未満の子供にも発症することがわかっています。こうなると、パソコンやコンタクトだけが原因と言い切ってしまうのは難しいです。生活習慣以外にも、原因はあるのです。

 原因2:目とからだの血行不良がドライアイを引き起こす

肩こり
冒頭でお話しした通り、目は近くを見ることばかりが増えてしまったために、大幅に疲れています。しかも目の周りの筋肉は、目を開けている限り絶え間なく活動していて、休むことができません。

目と目の周辺には、神経細胞がたくさんあり、細かい血管が無数に張り巡らされています。これらの血管に十分な血液が必要ですが、目の周りの筋肉が緊張していると、血流が滞ってしまいます

これは、「目」だけの問題ではありません。ドライアイの人の多くは首こりや肩こりを併発しています。これは、視神経と首の神経が繋がっているのも理由のひとつですが、全身の血行不良を起こしていることも大きな原因です。

 目は心の緊張を現している

「目は心の窓」と言われるように、目は心の緊張状態をよく現します。例えば、親に「勉強しなさい」と強いプレッシャーをかけられた子供は、常に緊張した状態で目を使うので、より目を悪くしやすいのです。

あなたの心の状態も、いちど見つめなおしてください。過剰にプレッシャーを感じたり、自分自身を責める毎日を送っていませんか?

 原因3:不完全なまばたきをしている

子供の目
ドライアイの症状がある人の多くに共通しているのは、「まばたきがきちんとできていない」ことです。まばたきの際に目を閉じても上下のまぶたがしっかりとついていないので、まばたきしても涙が広がりません。目の表面が潤わず、常に乾燥した状態になってしまいます。

 まばたきが出来ないのは、顔の筋力不足

実際に、自分のまばたきを自覚できている人は少ないです。なぜこのような不完全なまばたき(瞬目不全)になってしまうのでしょうか?これについて、石川眼科医院院長の石川秀夫氏は著書でこのように述べています。

瞬目不全はなぜ起こるのでしょう。まばたきの弱さは、すなわち眼輪筋の弱さが原因です。眼輪筋の弱さは顔の筋肉全体の弱さの部分症です。口呼吸、口ごもり発声、顎関節症などもその一つです。
(著書「ドライアイは自分で治す 努力で治る」より引用)

 ドライアイ症状のある子供の多くは、まばたきがきちんとできていないと石川先生は語っています。自覚は薄いかもしれませんが、私たちも顔の筋肉が衰えているのかもしれません。

目の周りの筋肉である「眼輪筋」の筋トレについては、「ドライアイを改善!目の潤いは「7つの習慣」で生まれる」の「3:眼輪筋ドレーニング」を参考にしてください。5分で出来る簡単なトレーニングで筋肉を動かして、目の潤いを取り戻しましょう!

 原因4:目が酸欠を起こしていませんか?

深呼吸
もうひとつ、目に不足しているものがあります。それは「酸素」です。酸素は、目の最大の栄養源です。目が酸欠状態になってしまうと、毛様体の筋力と水晶体の弾力が失われ、近眼や老眼が進行します。

酸欠の主な原因は「呼吸」にあります。うまく呼吸ができていないと、体に酸素が十分に入ってきません。原因は2つあります。

 胃腸が硬くなると、浅い呼吸になる

ひとつは、胃腸が硬くなっていることです。なぜ胃腸が硬いとうまく呼吸ができないのか。ひとつ実験してみましょう。

1.お腹まで深く息を吸い込んで、何回か深呼吸をしてください。
2.胃の上に手をあてて、息を吸い込んでみてください。

 手の重みで、うまく吸い込めないのがわかりますか?つまり、胃腸がかたくなるとうまく膨らまず、自然と呼吸も浅くなってしまうのです。

 姿勢が悪いと、酸素をうまく吸い込めない

もうひとつの原因は、姿勢の悪さです。パソコンやスマホを見る時に、つい前かがみになってしまいませんか?うつむいたままだと気道がせまくなり、息を吸っているつもりでも、チョロチョロと細くしか入ってきません。

 呼吸が深くできていないと、血流も滞ります。つまり、目の血流障害と酸欠は同時に起こっているということになります。

原因5:ストレスを溜めこんでいませんか?

悩む女性
ストレスとドライアイには関係があります。それは、ストレスの影響で自立神経が乱れるためです。

 自律神経とは、私たちの身体が生きるために必要な器官の働きをコントロールしている神経です。自律神経は、活動モードの「交感神経」と、休息モードの「副交感神経」の2種類で成り立っています。交感神経は日中の活動的な時間に働き、副交感神経は、お風呂などリラックスしている時や夜眠る時に働いてくれます。

この2つの神経がバランスをとりながら切り替わることで、私たちの健康が保たれるのですが、ストレスが過剰に溜まると常に「交感神経」が働き続ける状態に陥ります。涙の分泌は副交感神経が担っているので、交感神経が優位の状態であると、涙の分泌量が減少するといわれています。そのため、ストレスもドライアイの原因になるのです。

 ストレスフルな日常を送っているのなら、何よりゆっくり休息を取ることが何よりの解決策です。しかし、仕事などが忙しく、そんな時間も取れず悩んでいるのなら、こちらの記事を参考にしてください。ストレスを感じる日常での対処法などもお伝えしています。

もう限界!仕事ストレスを捨てて毎日を変える3つの方法

3:涙は、ただの水じゃない

青い液体
身体は繋がっています。涙を分泌がうまくいかなくなっている原因は、毎日の生活にあるのがお分かり頂けたのではないでしょうか。このように身体に負担をかけて目を酷使していても、目をひたすらに守り続けてくれているのは「」です。

 涙は無色透明のただの水のようですが、目にかかせないたくさんのものを含んでいます。涙は、すばらしいバランスで油分と粘着質を持ち合わせていて、油膜をはることで涙の蒸発を防ぎ、粘着性で涙をとどめる働きをしています。そして、主成分の涙液には、たくさんの栄養素がふくまれています。

涙は、奇跡のバランスを持った体液なのです。

 3-1:涙は血液と似た成分で出来ている

涙を、体にとって大事なものという意識は少し薄いかもしれません。目と耳の美容室院長の今野清志氏は著書でこのように述べています。

 涙は目の乾きを防止するだけでなく、殺菌、洗浄し、角膜などへ酸素や栄養を補給している大事な成分です。水のように無色透明ですが、ナトリウムやカリウム、ビタミンA、ビタミンC、そしてブドウ糖などの栄養成分、抗菌作用や免疫成分である、ラクトフェリンやIgA、細胞成長因子のEGFなどを代表とする、血液と同じような成分を含んでいます。(著書「目は1分でよくなる!」より引用)

 眼球はいつも、涙で乾燥を防いでいます。しかも、涙の役割は目を乾燥から守るだけではなく、栄養補給や、傷ついた目を修復するために欠かせないものなのです。

 生きていくのに欠かせない涙も、目と体を酷使し疲れが慢性化すると、自然と出にくくなってしまいます。

 3-2:ドライアイを放置してはいけない

ドライアイを放置するのは危険です。東海大学医学部眼科教授の河合憲司氏は著書でこのように述べています。

ドライアイの状態が長く続くと、目の表面の透明な角膜に針でさしたような傷がつき、ひどいときにはこの傷が無数について視力を低下させてしまうこともあります。涙の分泌が少ないと抵抗力も弱ってくるので、この傷が原因で眼の表面にバイ菌(細菌)が入り込んでしまうこともあるといいます。(著書「眼の話」より引用)

 ドライアイは、肌の乾燥とは異なるもの。涙が出ない、乾くということは、身体的異常が起こっている大事なサインです。

 3-3:涙が出続けるのは、ドライアイが進行している状態

目を触る女性
ドライアイといっても、涙が止まらないドライアイも存在します。乾くのがドライアイのはずなのに…どういうことでしょうか。

涙には、2種類あります。常に目を保護し、潤してくれる基礎的な涙と、ゴミが入った時や感情が高ぶった時に出る反射性の涙です。ドライアイでは、基礎的な涙が減少し、常に乾きを感じています。これが悪化すると、目の表面が少しの刺激に反応するようになります。たとえば、風や日差し、電気の光などです。このほんの少しの刺激に対して、反射性の涙が出続けてしまうのです。

つまり、涙が出続ける人は、ドライアイがさらに進行した状態だということになります。

 3-4:まぶたに違和感があるときは

目をとじる女性
ドライアイでまぶたに異物感やかゆみなどがある場合は、マイボーム腺機能不全という症状の可能性があります。マイボーム腺とは、まぶたの縁にある皮脂腺のことです。これが詰まると、涙の油分の分泌が減少し、さらに蒸発しやすくなります。

 詰まる原因は、まだ定かではありませんが、この油分のつまりを解消するには、まぶたを蒸しタオルで温めることをオススメします。温度を上げることによって、詰まった油が溶けやすくする効果があります。

 3-5:ドライアイを緩和するための5つの対策

ストレッチイラスト
このように、涙は健康にとって必要なものであり、ドライアイを見過ごすことはオススメできません。ドライアイを緩和するための方法を最後に簡単にまとめます。

  • パソコンやスマホの画面を、目の高さよりも下に持ってくる
  • パソコン、スマホは、1時間使ったら10分休憩
  • 夜更かしは、ほどほどに
  • 目が疲れたら、温める
  • 首をゆるめるストレッチを行う

 これらの方法については、「ドライアイの対策/目を潤す毎日3分だけの簡単ストレッチ」の記事で詳しくお伝えしています。朝起きた時、休憩時の目と首をゆるめるストレッチも載っています。ぜひ活用してください。

 4:まとめ

ドライアイの原因は、以下のようなことがあげられます。

  1. パソコン、スマホを使うことでまばたきが減少している
  2. 目と体が、血行不良を起こしている
  3. 顔の筋力不足で、まばたきがきちんとできていない
  4. 浅い呼吸と姿勢の悪さで、酸欠状態になっている
  5. ストレスの影響で、涙の分泌が減っている

 目の異常は、生活全体の改善のためのサインです。これまでの日常を見つめ直し、からだ本来の健康を心がけると、目の持つ本来の力を発揮するようになります。そして、正しい目の使い方も身に着けていけば、きっとあなたのドライアイは改善されるはずです。

まずは、目の健康はかけがえのないものだと自覚して、目をたくさん使ったら休ませるようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。