ただの便秘?それとも病気?症状で確認するチェック項目11

女性のおなか

今まで便秘で悩んだことがなかったのに、ここ最近お通じがない。それ以外にも、冷や汗が出るほどの腹痛や、 吐き気や頭痛までしてきた。これはただの便秘なのだろうか?それとも何かの病気?そんな不安な気持ちを抱えていませんか。

実際に、便秘の症状が悪化することで腰痛・下痢・吐き気などの様々な症状を引き起こす事もありますし、病気が原因で便秘になることも。あなたの便秘は何を知らせているのでしょうか。

この記事では、「便秘になっているか判断するための11の症状チェック」と、「便秘の症状を伴う大きな2つの病気」をご紹介します。

何かの病気なら早めの対処が必要。あなたのその便秘の原因を見極めて、1日も早く改善するための参考にしてください。

【初期症状】便秘かどうかを見分ける為の5つの判断基準

「一体どこからが便秘?」そんな疑問がありませんか。まず始めに、あなたが実際に便秘になっているかどうかを判断するための基準を見ていきましょう。

ここでは、大腸肛門病センター山名哲郎医師著「スーパー便秘に克つ!」を参考に、便秘の判断基準をご紹介します。下記の症状の内、一つでも当てはまればそれは便秘のサイン。あなたはいくつ当てはまりますか?

症状1:便の回数が少ない

便秘の回数には個人差があります。一般的には排便回数が1日3回から3日に1回程度なら正常です。3日以上でない場合や週に2回以下なら便秘といっていいでしょう。

症状2:いきまないと出ない

毎日便が出ていても、いきまないと出ないようであればこれも便秘です。

症状3:残便感がある

毎日お通じがあったとしても、残便感があれば便秘です。

お腹が張るほど腸の中に便が滞りつづけると、腸の壁に圧力が加わり「ポケット」のような膨らみができます。そのポケットの中に便が溜まることで、排便をしても強い残便感を感じるようになります。

症状4:便が出なくてお腹が張って苦しい

 便秘は、お腹の中にたくさんのゴミが溜まっている状態。何日も出なければおへそ周辺の腸の部分がパンパンに張ってきます。

症状5:便意があるのにいきんでも出てこない

便が肛門のところまで来ていて便意があるのに、いきんでも出てこない場合があります。これは、便意を我慢し過ぎた人に多いのですが、

【慢性期】便秘の進行は様々な症状を引き起こす

腹痛

便秘が進行することで、意外な症状が出てくるようになります。腰痛・頭痛・吐き気・イライラなど…あなたのその不快症状も、じつは便秘が関係しているかもしれません。

症状6:お腹の痛み

便秘になっても腹痛がない人もいます。けれども、便秘の程度によっては我慢できる程度のズキズキとした痛みから、冷や汗をかくほどの痛みを発することがあります。

これは、お腹の中に溜まり続けていた便が腐敗して「ガス」を発することで、腸が他の臓器を圧迫するようになるからです。腸がねじれていたり、塞がってしまうことで、便が通りぬける事ができずに、激しい痛みを発します。

便秘による腹痛は排便をするとなくなりますが、排便してもまだ痛い場合は、病気を患っている可能性もあるので目安にしましょう。

便秘と腹痛の関係や改善策については、下記の記事でさらに詳しくご説明していますので、参考にしてください。

腹痛を伴う便秘の3つのパターンと自分で今すぐできる改善策

症状7:圧迫されたような腰の痛み

全ての人ではありませんが、腰が圧迫されたような、重みのある痛みを感じることがあります。

これは、腸の汚れが腐敗してガスを発し、腸を膨張させているからです。腸の付近にある「血管」や「神経」が圧迫されてしまい、腰の痛みや疲労につながることがあります

便秘と腰痛の関係や改善策については、下記の記事でさらに詳しくご説明していますので、参考にしてください。

便秘がひき起こすツライ腰痛|今すぐ改善できる6つの方法

症状8:頭がズキズキと痛む

珍しいですが、頭痛がする人もいます。

便秘で腸が圧迫されていると、その緊張感が全身へ伝わり、様々な痛みとして現れます。試しにお腹にぐっと力を入れ続けると、頭に血が登ったような感じがすると思います。これこそ、お腹と頭が密接に繋がっている証拠。便秘は頭痛を引き起こす場合があります。

便秘と頭痛の関係や改善策については、下記の記事でさらに詳しくご説明していますので、参考にしてください。

便秘と頭痛の深いつながり|一刻も早く改善する為の6の手順

症状9:吐き気をもよおす・吐いてしまう

吐き気をもよおし、食欲不振になることもあります。実際に吐いてしまう人もいます。

通常であれば、胃の中に入った食べ物は腸の中へと自然と下っていきます。けれども、便秘で腸の中に便がたくさん溜まっていると、食べ物は腸の中へと進む事ができずに、強い吐き気を感じるようになります。

便秘と吐き気の関係や改善策については、下記の記事でさらに詳しくご説明していますので、参考にしてください。

便秘による吐き気は危険信号!今すぐ改善する為の2つの方法

症状10:不安やイライラが増す

腸と精神状態には大きな関わりがあります。精神状態を脳に伝達する「セロトニン」という物質の95%は腸で作られていると言われています。便秘で腸の中が汚れていると、セロトニンが不足して、不安やストレスが増すようになります。

便秘とストレスの関係や改善策については下記の記事でさらに詳しくご説明していますので、参考にしてください。

ストレスは便秘の最大要因!慢性化する前に取り組む5つの事

症状11:便秘と下痢を繰り返す

便秘だと思っていたら、急に下痢になることがあります。便秘と下痢を繰り返す場合は、ストレスが原因になっていることがあります。ストレスによって、腸がぎゅっと収縮したり、その反動で一気に緩んだりすることで、便秘と下痢を繰り返します

それ以外にも、便が溜まりすぎると体が異常を察知して、緊急的に排泄するために意図的に下痢を引き起こすこともあります。

 

便秘の症状を伴う大きな2つの病気

診察

今まで便秘ではなかったのに、急にお通じがなくなるときは、何らかの病気が原因になっている場合があります。病気が原因になっている便秘は、上記でご紹介した8つの症状にはない「特徴的な症状」がありますので、一度確認をしてみましょう。

特徴的な症状に心当たりがある場合は、病院での検査をおすすめします。

大腸・直腸がん

主な症状

  • 何を試しても便秘を改善できない
  • 急に下痢になる
  • お通じがあっても腹痛が続く
  • タール状のドロッとした便が出る
  • 血便が出る

腸の中の「腫瘍(しゅよう)」によって腸が狭くなっていると、便秘になる事があります。さらに、便秘で長いあいだ便が滞っていると、腸内がつまらないように便が水様になり下痢になる場合も

腸壁が出血していることで、血便になることもあります。また、肛門から遠い部分で出血していると、肛門から出る頃には黒く変色したタール状の便になります。

受診する病院:総合病院などの大きな病院

子宮筋腫・卵巣のう腫

主な症状

  • 便は出るが残便感が消えない
  • 下腹部を触ると「しこり」がある

子宮筋腫や卵巣のう腫とは、子宮や卵巣に良性の腫瘍ができる病気です。膨らんだ腫瘍が腸を圧迫してしまい、便秘になることがあります。

大腸がんとの違いは、便に血がついているかどうかで見分けることができます。

受診する病院:産婦人科

急な便秘は体からの大切なサイン

今まで便秘ではなかったのに、急に便秘になった場合。それは体からの重大なサインでもあります。なぜなら、腸はあなたの心と体の状態を敏感にキャッチしている臓器だからです。

自律神経によって働きをコントロールされている腸は、緊張やストレスなどで「交感神経」が優位になっていると、腸も緊張をして収縮してしまい、便の通りを塞いでしまいます。反対に、運動不足の時や元気が出ない時などは「副交感神経」が優位になり過ぎてしまい、腸の働きも鈍くなります。

  • 最近何か大きな変化はありませんでしたか?
  • ストレスを無視して頑張り過ぎていませんか?
  • やる気の出ない日々を過ごしていませんか?

便秘はあなたの心と体の状態をそのまま映し出しているからこそ、見逃してはいけない大切なサイン。便秘の原因を見つけることは、便秘の解消はもちろん、心と体の健やかさを取り戻し、理想の毎日を送るための大切な要素になります。下記の記事では「便秘の6つの原因」について詳しくご紹介していますので、今すぐ参考にしてください。

便秘の原因とは|腸がカチコチな現代人に共通する6つの事

便秘を改善するには心と体の健康を見直そう

便秘だけにかぎらず、病気の全ては毎日の「習慣」の積み重ねでおこります。心や体を酷使し過ぎていたり、生活習慣が乱れているとき、体は病気になることでその危険を伝えてくれます。つまり、便秘の最も大切な改善策とは、心と体を不調にしている「原因」を改めることが大切です

 

まとめ

【初期症状】便秘かどうかを見分ける為の5つの判断基準

  • 症状1:便の回数が少ない
  • 症状2:いきまないと出ない
  • 症状3:残便感がある
  • 症状4:便が出なくてお腹が張って苦しい
  • 症状5:便意があるのにいきんでも出てこない

【慢性期】便秘の進行は様々な症状を引き起こす

  • 症状6:お腹の痛み
  • 症状7:圧迫されたような腰の痛み
  • 症状8:頭がズキズキと痛む
  • 症状9:吐き気をもよおす・吐いてしまう
  • 症状10:不安やイライラが増す
  • 症状11:便秘と下痢を繰り返す

一般的な便秘でも、病気が原因になっている便秘でも、とにかくあなたが1番に取りかかる事は、心と体の健やかさを取り戻すことではないでしょうか。

便秘も、大腸がんも、子宮筋腫も、すべてあなたの心と体の状態が影響をしているからです。

便秘の改善はもちろん、あなたが理想的な毎日を送るためには、心と体が「不健康になる習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

Zigenでは「心と体を健康にするための10の知恵」をレポートにまとめ、無料でプレゼントしています。便秘を大切なサインと受け止め、是非あなたの心と体の状態を見直していきましょう。無料レポートは下記のリンク先でダウンロードできます。

無料レポート|心と体を健康にするための10の知恵

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。