便秘を即効で解消したい時の3つの手順

のび

ヨーグルト・牛乳・プルーン・お茶など、即効性のありそうな方法を試しては、なかなか効果を実感できずにいませんか。あまりに便秘がひどくなると、吐き気やダルさでとても辛いですよね。

便秘の改善方法には、「根本的な改善方法」と「即効性のある方法」があります。根本的に改善することが大切なのは分かっていても、あまりの辛さで、「明日にはなんとかして出したい!」と思うことがありますよね。そんなあなたのために、一刻も早くスッキリと出すための3つの手順をご紹介します。

この3つの手順は、依存性がない上に、便秘の根本的な改善にも向いているので、続けるうちに便秘になりにくい体質になります。つらい便秘から一刻も早く解放されるための参考にしてください。

「2つの準備」で即効で便秘を解消しよう

便秘

「明日までに絶対に便秘を改善したい。」そんな焦りを感じていませんか。プルーンを食べてもだめ。ヨーグルトや牛乳を飲んでもびくともしない。そんなガンコな便秘をスッキリさせるとっておきの方法があります。

その方法を実践するには、前日の夜から2つの準備が必要です。

  1. 腸が働きやすくなる環境を整える
  2. 便をもっちりと柔らかくする

少し大変のように感じるかもしれませんが、どれも時間をかけずに簡単に実践できます。夜のうちから計画的に準備をしていくことで、翌朝にはもっちりとした気持ちのいい便を出しやすくなります。

準備1:腸が働きやすくなる環境を整える

本来、「腸」がぜん動運動をすることで、便を押し出しています。しかし、便秘になっている人は、運動不足・姿勢の悪さ・睡眠不足・ストレスなど、腸を硬くしてしまう習慣を持っているため、腸の働きがわるくなっています。腸が緊張をしていたり、こり固まってしまうと、うまくぜん動運動をすることができずに、便を押し出せなくなっしまうのです。

まずは、カチコチに緊張している腸を、柔らかくほぐしていくことで、便を押し出す力を高めていきます。

※腸が硬くなってしまう原因については、下記の記事で詳しくご説明していますので、よければ参考にしてください。

便秘の原因とは|腸がカチコチな現代人に共通する6つの事

準備2:便をもっちりと柔らかくする

便秘になって何日経っていますか?便が長いあいだ腸の中に蓄積されると、だんだんと水分がなくなっていき、カチカチに硬くなってしまいます。しだいにその便がフタのようになり、腸の通り道を防いでしまい、自力で出すことができなくなっていきます。この状態では何を試しても、なかなか便を押し出すことができません。

硬くなった便を押し出すには、便を柔らかくして弾力を持たせていくことが大切。翌朝にはもっちりと気持ちのいい便を出しやすくなります。

明日の朝までにスッキリするための3つのステップ

今日の夜から準備をしていくことで、便秘を改善しやすくします。どれも大切なステップなので、見逃すことなく実践していきましょう。 

ステップ1:夜ご飯ではオリーブオイルを豊富にとる

オリーブオイル

便をもっちりと柔らかくするには、オリーブオイルが最適です。

便を柔らかくするために、たくさんの水を飲んでいる人は多いですが、水分は一気のみをしても尿として流れてしまうので、いまいち効果を実感できないことがあります。それに比べ、オリーブオイルには粘度があるため、便をしっかりとコーティングして滑りをよくしたり、便自体をもっちりと柔らかくすることができます。

さらに、晩ご飯は出来るだけ質素な食事を心がけましょう。

医師である藤田紘一郎氏は、著書の「腸内革命」で、「消化は排泄のジャマをする」と述べています。つまり、腸が消化活動に忙しいと、排泄力が落ちてしまうという意味です。そこでオススメなのが、生野菜サラダを食べることです。

生野菜には、腸の掃除をする為の「食物繊維」や、便をじっくりと柔らかくするための「豊富な水分」が含まれています。さらに、消化のいい野菜は、排泄活動のジャマをしません。

生野菜サラダにたっぷりのオリーブオイルと、少々の塩をかけて食べれば、翌朝までには、もっちりとした柔らかい便を作ることが出来ます。 

ステップ2:眠る前にたっぷりのお湯につかる

手と水

夜はシャワーだけでなく、たっぷりのお湯につかりましょう。ストレスや寒さで腸が緊張をした状態で眠ると、翌朝に便意が起きにくくなります。

お風呂に入ると、ふわーっと気持ちがリラックスする感覚がありませんか?眠る前に湯船につかってしっかりと体を温めることで、カチコチだった腸が柔軟になっていきます。

便は眠っている間につくられます。眠る前にいかにリラックスした状態を作れるかがポイントです。

ステップ3:翌朝は食物繊維の豊富なリンゴを食べる

りんご

「朝食を食べると、便を押し出しやすくなる」と思っていませんか。先ほどの項でも説明をしましたが、「消化は排泄のジャマをする」という鉄則があります。便秘の人が朝食をしっかりと食べると、排泄力が落ちてしまい、便秘を悪化させてしまうことがあります。

朝は目やにが出たり、息が臭くなったりと、体の「出す力」がもっとも高まる時間帯。この時間帯の食事は、消化にいいりんごがオススメです。

りんごに含まれている「豊富な水分」が便を柔らかくし、「食物繊維」によって腸の中の汚れをからめとることが出来ます。

リンゴを食べるときは、常温に戻しておくこと。そして、液状になるまでよく噛むことがポイントです。お腹を冷やす心配もなく、消化もしやすくなるので、さらに排泄力を高めることができます。 

根本的な改善には原因の見直しが一番の近道

私たちは、何か体に症状が出ると、「どのようにして改善するか?」ということに視点をおきます。しかし、本当に大切なのは「どうして便秘になったか?」と考える事ではないでしょうか。

野生の動物たちは便秘に悩むことがありません。本来なら動物である人間も、「排泄する」という力をもって生まれてきています。では、なぜあなたは便秘になってしまったのでしょうか?

「便秘に効く○○!」では、根本的な解決にはなりません。今までいろいろなことを試してきて、それでもあまり効果を実感できずにいたのなら、これからはあなた自身の便秘の原因を見つけていきませんか。

下記の記事では、便秘の原因につながる6つのことをご紹介しています。あなたの便秘の原因を見つけるための参考にしてくださいね。

便秘の原因とは|腸がカチコチな現代人に共通する6つの事

まとめ

明日の朝までにスッキリするための3つのステップ

  • ステップ1:夜ご飯ではオリーブオイルを豊富にとる
  • ステップ2:眠る前にたっぷりのお湯につかる
  • ステップ3:翌朝は食物繊維の豊富なリンゴを食べる

この記事でご紹介している方法は、今すぐ便秘を改善したいという人にはとっておきの手段です。しかし本音を言えば、一時しのぎではなく、根本的に便秘を改善したいと思っていませんか。

下記の記事では、便秘を根本的に改善するための6つの方法をご紹介しています。本日の3つのステップで腸の中をリセットできたら、今度は根本的な改善策にも取り組んでいきましょう。便秘知らずの気持ちのいい毎日になることを願っています。

ガンコな便秘も一瞬で改善!スッキリするための6つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。