便秘がひき起こすツライ腰痛を改善する5つのステップ

腰

便秘が2〜3日続くと、きまって腰が痛くなる。立っているのも座っているのもつらくて、仕事に集中できない。そんな毎日に悩んではいませんか。

じつは、便秘と腰痛の原因には多くの共通点があり、便秘になるときはきまって腰痛になるという人も。便秘で体もだるく、腰まで痛いとなると、毎日が憂鬱になりますよね。

そこでこの記事では、便秘と腰痛の関係と、まとめて改善するための5つのステップをご紹介します。

1日も早く便秘と腰痛を改善するための参考にしてください。

便秘と腰痛の因果関係

便秘が悪化するたびにおこる腰の痛み。ずーんとした重い痛みや、ズキズキとした激しい痛みに耐えていませんか。

「いつもタイミングが同じだけど、腰痛と便秘が本当に関係しているのだろうか?」と疑問に思っているかもしれません。

じつはそのとおり。便秘とツラい腰痛には因果関係があります。

元々「腰痛の種」が潜伏していた可能性がある

腰痛と便秘の関係

便秘によって腰が痛くなる場合は、もともと「腰痛の種」を潜伏させていた可能性があります。

今まで腰痛になった事がない場合も、症状として出ていなかっただけで、毎日の生活や行動の積み重ねで、知らないうちに腰に負担をかけていることがあります。

では、便秘によって、腰痛の種が症状として出てきてしまうのはなぜでしょうか。

便秘で腸がふくらみ、「血管」や「神経」を圧迫してしまう

腸の中に便がたくさん溜まっていくと、だんだんと腸が膨らみ、周囲の血管や神経が圧迫されていきます。

毎日の動作によって、腰痛の種ができていたとしたら、さらに便秘によって血管や神経の圧迫されることによって、実際に痛みとして出てきてしまう場合があります。

「便秘」と「腰痛」の原因の共通点

便秘と腰痛は、全く違う症状にも思えますが、実はその原因はとてもよく似ています。

腸がカチコチに硬くなると便秘になっていく

腸

腸は筋肉でできていて、本来ならとても柔軟性のある臓器です。腸がぜん動運動をすることで、便を外へと押し出します。

しかし、体を動かすことが少なかったり、ストレスで体が緊張していると、それと同じように腸の筋肉もこり固まっていきます。

藤田紘一郎医師は、著書の『腸内革命』で、「腸ほど神経細胞の数が多い臓器はなく、脳で感じたストレスに腸もすぐさま反応する」と述べています。

このように、心身の不調によって腸の働きが決まり、場合によっては便秘を引き起こしてしまうことがあるのです。

腰の筋肉が硬くなると腰痛になっていく

腰痛の筋肉

腰痛もまた、運動不足やストレスなどの、毎日の習慣が大きく関係しています。

例えば、運動不足の時や、体を使いすぎて疲労がたまっている時。ストレスで体が緊張している時など、筋肉を硬くしてしまう生活習慣を繰り返していると、腰痛につながる場合があります。

 

便秘も腰痛もまとめて改善できる

もうお気づきかもしれませんが、便秘と腰痛の原因はとてもよく似ています。どちらも、便秘は硬くなってしまった腸、腰痛は硬くなってしまった腰の筋肉が原因の一つです。

つまり、便秘を改善することが腰痛の改善につながり、腰痛を改善することが便秘の改善にもつながります。

どちらも、疲労や緊張で硬くなってしまった心身をほぐし、柔らげることで改善しやすくなります。

便秘と腰痛をまとめて改善する為の5つのステップ

「便秘」と「腰痛」をまとめて根本的に改善する為の5つのステップをご紹介します。

ステップ1:湯船につかって心身ともにリラックスする

バス用品

まずは、最も簡単な方法で、湯船につかってリラックスしていきましょう。入るだけで気持ちいいお風呂ですが、3つのメリットがあります。

  1. 重力から解放される事で、硬くなった腸と腰の筋肉を柔らかくリラックスさせることができる
  2. 血流がよくなる事で、便や疲労を体の外へと出す力が高まる
  3. 全身がリラックスする事で、精神的なストレスが和らぐ

お風呂につかることで、心と体をリラックスさせることができ、便秘や腰痛の改善につながりやすくなります。

ステップ2:「ハイハイ」をして腸と腰に心地いい刺激を

四つんばい体操1

ハイハイをすることのメリットは2つ。

1つは、ハイハイをすることで、「腰」の硬く緊張している筋肉をほぐし、少しずつ痛みを和らげる事ができます。腰痛は安静が一番と思われるかもしれませんが、じつは「動ける範囲で動いていく事」が、早く腰痛を改善するためのコツです。

そして2つ目に、ハイハイの動きは腸を動かす事もできるので、硬くなっていた腸が柔らかくなり、便秘を改善しやすくします。

※ハイハイもできないほど痛みがあるときは、まずは痛みが取れるまで安静にしておきましょう。

ステップ3:動ける状態なら意識して体を動かす

体を動かせるまで腰の痛みが引いてきたら、できるだけこまめに体を動かしていきましょう。

オススメの動きは、様々な動きを取り入れることができる全身運動です。たとえば、ぞうきんを使って家中の掃除をすることで、屈伸や前後左右の全身運動ができます。鬼ごっこも普通にウォーキングするよりも、あちこち走り回るので様々な全身運動を取り入れることができます。

さらに、下記の記事では、腰痛を改善するためのストレッチをご紹介しているので、できるだけ早く改善をしたい場合は、1日2回以上を目安に実践していきましょう。

腰痛ストレッチ|腰痛を悪化させずに痛みを軽減する2ステップ

ステップ4:腰やお腹に負担のかかる姿勢を改善する

また、猫背になっていると、重たい頭を支えるのが大変になり、腰の筋肉に負担がかかっていきます。さらに、体が丸くなる事で内臓を圧迫してしまい、腸の働きを悪くする原因にも。

猫背を改善することは、「便秘」や「腰痛」を改善していく上でもとても大切な要素です。

下記の記事では猫背の改善方法をご紹介しています。根本的に便秘と腰痛を改善するための参考にしてください。

これだけでいいの?!猫背をラクラク矯正するためのたった2つのコツ」 

ステップ5:生活習慣を見直す  

 便秘も腰痛も、もともとはあなたの「毎日の生活習慣」が大きく関係をしています。

「なぜ腰痛になっているのか」「なぜ便秘になっているのか」あなただけの原因をきちんと見つけて改善していくことが、もう二度と便秘をくり返さない体を手にいれるための秘訣です。

下記の記事では、便秘を改善するための日常生活の見直し方について詳しくご説明しています。便秘や腰痛を根本的に改善するための参考にしてください。

ガンコな便秘も一瞬で改善!スッキリするための6つの習慣

まとめ

便秘も腰痛も、筋肉の硬さが原因の一つになっています。それらの改善を通じて、力まずに生きるすべが見つかるようになるかもしれません。

きっと、今がその大切なきっかけになっているはずです。

便秘と腰痛を改善し、1日も早くあなたの体調が万全になることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。