生姜だけじゃない!冷え性を改善するための5つのレシピ

冷え性対策に「ショウガ」をつかったレシピを実践していても、一時的に温まるだけでまたすぐに冷えてしまう。「たんぱく質」がいいって聞いて試しているけれど、本当に効いているのかよく分からない・・・

なかなか改善できない冷え性に、「もう治らないんじゃないか」と不安に思っていませんか。

もしもあなたが、今までの食事では効果が出なくて、諦めかけているのであれば、今回のレシピはあなたにとって、とっておきのお話になることをお約束します。

なぜなら、今回ご紹介するレシピは、今までのように「一時的」に温めるだけのレシピではなく、体の中から冷え性を改善するためのレシピだからです。 

そろそろ温める食事をやめて、冷え性を「改善」するための食事をしませんか?

魔法のレシピで冷え性を改善に導くための3つのステップ

本当に大切なのは、体を温める食事ではありません。それよりもまずは、体中の大掃除をすること。体の中をきれいにして、血液の巡りを良くすることが大切です。

1、まずは体の中の大掃除(デトックス)

おなかを触る女性

「体を温めたいのに、デトックス?」なんて思われたかもしれません。そんなことよりも、早く冷え性を改善したいですよね。しかし、冷え性を改善する上で何よりも大切なのは、体の中をきれいにする食事を意識することなのです。

血液が汚れてドロドロになっていると、体の末端まで血液が行き届きません。次第に手足が冷えていきます。

ポカポカの体を作るには、温かい料理を食べることだけでなく、体の中をきれいにして、血の巡りを良くすることが大切。特に、血液がつくる腸をきれいにすること、つまり便秘を解消しておくことが大切です。

 

  • 食物繊維:腸の中の老廃物を、きれいに掃除して、便として外に排泄する働きがあります。

2、血液をサラサラにする魔法の食材を取り入れる

野菜

体の中をきれいにしたら、つぎは、血液をサラサラにするお手伝いをしてくれる、栄養素を取り入れます。

デトックスが出来ているあなたの体の中は、栄養を吸収しやすくなっているので効果も抜群。血液をサラサラにするために大切な主な栄養素は、鉄分・ビタミンC・ビタミンEの3つです。

「鉄分」は、栄養たっぷりの血液を作るのに欠かせない栄養素。体の隅々までスムーズに、栄養たっぷりの血液が行き届くので、冷え予防に繋がります。

「ビタミンC」は血栓(血液のつまり)を防ぎ、それを溶かして血流を改善する効果があります。

「ビタミンE」は、毛細血管を広げ、血液循環を良くし、カラダを温めたり、筋肉の萎縮を防いだりする作用があります。

なんだか難しくなってきましたが、ようするに、この3つの栄養素は、血液をサラサラにして、手足の細い毛細血管まで血液を送り届けることができるという働きがあります。

  • 鉄分:ひじき・ほうれん草・小松菜・切り干し大根など
  • ビタミンE:かぼちゃ・大根の葉・ほうれん草・大根など
  • ビタミンC:カリフラワー・パセリ・菜の花・赤ピーマンなど

3、何を食べるかよりも、どう食べるかも大切

体が冷えないように、煮物や鍋などの、加熱料理を意識している人もいるかもしれません。たしかに、体を冷やさない意識は大切なことですが、野菜に火を通すことで、野菜が本来もっている栄養素が壊れてしまう場合があります。温かい料理を食べるという意識の高さが、裏目に出てしまうこともあるのです。

生の野菜は、豊富な栄養素をそのまま丸ごと取り入れることが出来たり、生の野菜に含まれている「酵素(コウソ)」が、野菜の消化を助けてくれるので、腸が汚れにくいというメリットもあります。血液をサラサラにする効果もあります。

どちらかが悪い!ということも、どちらかでなければだめだ!という決まりもありません。大切なのは、どちらのメリット・デメリットも知った上で、どちらかに偏りすぎない柔軟さです。

こちらで冷え性を改善する食べ物について、詳しく説明しているので、よければ参考にしてください。

365日ポカポカの秘訣|冷え性を改善する意外な食べ物3つのポイント

冷え性が改善していく5つの魔法のレシピ

それではさっそく、以上の3つの大切なことをふまえた、冷え性にとっておきのレシピをご紹介します。 

レシピ1:カリフラワーと新玉ねぎのハーブマリネ

SONY DSC

[材料] 2人分

  • カリフラワー        230g
  • 新玉ねぎ          100g
  • レモン           大1/2個
  • ドライハーブ        1g(バジル、パセリ、タイムなど)
  • 砂糖            小さじ1/2
  • 塩             3つまみ

[作り方]

  1. カリフラワーは食べやすい大きさに切って茹でる
  2. 新玉ねぎは薄切りにして、塩1つまみを入れてよく揉んでおく
  3. 1が茹で上がったら、温かいうちによく水気を切ってボールに入れ、2とレモンの搾り汁、砂糖、塩2つまみ、ドライハーブを加えてよく混ぜる
  4. 冷めるまで置いたら出来上がり

[ワンポイント]

  • 「カリフラワー」を白く茹でたいときは、お湯の中に酢を数滴入れて茹でると白くなります。
  • 「新玉ねぎ」は普通の玉ねぎよりも甘くて食べやすく、血液サラサラ効果や体の働き(代謝)を促進してくれる効果もあります。デトックスには最適な食材のひとつです。だから冷え性に効果的♪
  • 「カリフラワー」は、加熱しても壊れにくいビタミンCが豊富。茹でた後も、レモンと同じくらいのビタミンCが摂れます。さらに、水に溶けない不溶性食物繊維も豊富なので便秘を予防改善してくれます。

レシピ2:ビタミンCがギュっと凝縮♪みかん風味のフルーツサラダ

SONY DSC

[材料] 2人分

  • 柿         70g
  • りんご       80g
  • 春菊        30g(葉の部分)
  • みかん果汁     中1個分
  • レモン汁      小さじ1
  • 醤油        小さじ1/2

[作り方]

  1. 柿は皮をむいて小さく切る。
  2. りんごは皮つきのまま小さく切る。
  3. 春菊は葉の部分だけ千切って使う。
  4. ボールにすべての材料を入れ、みかんの果汁をしぼってよく混ぜる。

[ワンポイント]

  • 「春菊」と「柿」と「みかん」を組み合わせることで、ビタミンCの吸収率を最大限UP!
  • 女性に不足しがちな葉酸やミネラル分も春菊には豊富なので、アンチエイジングや貧血予防にもピッタリ。
  • 甘さが足りない時は、熟したみかんの果肉やはちみつを少々入れると美味しくなります。

レシピ3:ウドとさつまいものヘルシーきんぴら

SONY DSC

[材料] 2人分

  • ウド        50g
  • さつまいも     100g
  • 人参        60g
  • 水         50cc
  • 塩         小さじ1/2
  • 麺つゆ       大さじ1(3倍濃縮タイプ)
  • ごま油       大さじ1/2 

[作り方]

  1. ウドはピーラーで皮をむき、細い千切りにする。
  2. さつまいもは皮つきのまま1㎝の太さの棒状に切る。
  3. 人参も皮つきのまま、さつまいもと同じ太さに切る。
  4. 鍋に2、3、水、塩、麺つゆを入れて中火でフタをして蒸す。
  5. 4の野菜が柔らかくなったら、火を止めてウドを入れてよく和える。
  6. 最後にごま油を混ぜて出来上がり。

[ワンポイント]

  • 「ウド」は温かいうちに混ぜるのがポイント!味が染み込みやすくなります。
  • 「ウド」には、あの特有の香りをつくっている「ジテルペン」という成分が含まれていて、これが自律神経のバランスを整えてストレスから体を守ります。ストレスは血液をドロドロにさせる原因のひとつで、冷えを引き起こすことにも関係しています。 
  • 「さつまいも」が入っているので、甘くて食べやすいきんぴらです。
  • 油で炒めていないから血液を汚すことがありません。体内をスムーズにサラサラと血液が流れるようになるおかずサラダ♪

レシピ4:ほうれん草と切干のスープ

SONY DSC

[材料] 2人分

  • ほうれん草         80g
  • 切干大根(乾燥)      8g
  • 昆布(乾燥)        2g
  • 水             350cc
  • 塩             適量
  • さつまいも         100g 

[作り方]

  1. 3㎝長さに切ったほうれん草と3等分に切った昆布、水を鍋に入れて、弱火でほうれん草が柔らかくなるまで煮る。
  2. 1から昆布を取り除き、熱いうちにミキサーにかけてなめらかになるまでよく回す。
  3. 2が冷めないうちに、切干大根を入れて浸しておく。塩で味を調える。
  4. さつまいもを皮つきのまま2㎝角のサイコロ状に切り、塩ひとつまみと水少々(分量外)を入れて蒸し煮する(飾り用)。
  5. 器に3のスープを盛り付け、4のさつまいもを飾る。

[ワンポイント]

  • 「さつまいも」は食物繊維の王様!腸内をきれいにしてくれるため、血液をきれいに!サラサラに保つことができます。ストレス解消効果もある熱に強いビタミンCも豊富なので、冷え予防&改善にはおすすめの野菜です。
  • ごま油やオリーブオイルを最後に数滴たらすと、コクが出てさらに美味しくなります♪
  • 「切干大根」も食物繊維やミネラル、ビタミンが驚くほど豊富なので、デトックスが進みます。

デザートレシピ5:カボチャのプチプチ白玉

SONY DSC[材料] 2人分

  • カボチャ         150g
  • 白玉粉          50g
  • 水            100cc
  • 雑穀ミックス(乾燥)   10g
  • 砂糖           5g
  • 黒みつ          適量

[作り方]

  1. カボチャは皮つきのまま小さく切り、柔らかく蒸し煮して潰す。
  2. 雑穀ミックスはサッと水洗いし、5倍量くらいの水を入れて弱火で5分煮る。
  3. 1の水分を飛ばして熱いうちに白玉粉入れ、水気をよく切った2も加えてダマにならないようによく混ぜる。耳たぶくらいの硬さにして親指大くらいの大きさに丸める。
  4. 3を沸騰した湯の中に入れて、表面に浮いてくるまで茹でる。
  5. 4を冷水に取って冷まし、水気を切って器に盛り黒みつをかける。

[ワンポイント]

  • 雑穀のプチプチ感がやみつきになる!ヘルシーな野菜スイーツ。
  • 「カボチャ」に豊富に含まれるビタミンEは、手足の先まで血液を行き渡かせてくれる大切な栄養素。だから冷え性から体を守ります。
  • 「カボチャ」の皮と実の間に栄養分がたくさん含まれているので、皮つきのままぜひ食べて下さい。

食事“だけ”では治らない

今回紹介したレシピは、冷え性を改善するに大きなメリットをもたらしてくれるはずです。一時しのぎの方法ではなく、根本的な改善を目指すためのレシピだからです。

しかし、冷え性の原因は、心のストレスだったり、体の筋肉をバランスよく使えていなかったり、睡眠の問題だったりと、様々な要因が複雑に絡み合っていることがあります。それを、食事だけ!で改善するのは難しい場合もあります。

ポカポカの体を手に入れるためにも、ぜひ、食事だけではなく、毎日の生活も見直してみてください。まずは、下記の記事で冷え性の原因について詳しく書いてあるので、良ければ参考にしてください。

冷え性とは|確実に改善するために知っておきたい「冷え性の基礎知識」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。