ぐっすり眠れる!ガンコな冷え性が一瞬でポカポカになる6つのツボ

冷え性ツボ

半身浴で温まっても、すぐに冷えてしまって眠れない。朝もベッドから出られなくて、憂鬱のまま一日が始まる。「もっとぐっすり眠れて、気持ちよく目覚めたい。」そんな悩みを抱えていませんか?

今回は、氷のように冷えきった手足が、ポカポカに温かくなる6つのツボをご紹介します。ツボ押しをすることで、ベッドの中や、仕事の休憩中など、どこでも気軽に体を温めることができます。

滞っている血流を促して、体の中から冷え性を改善していきましょう。

(画像:a God’s Child)

1、渋滞している神経を刺激して血流を促す

渋滞

矢印スムーズ

ツボは神経の交差点にあります。混雑しやすい交差点をツボ押しで刺激すると、神経に刺激がつたわって、血管が拡張されます。そのため、血行が改善し、体に熱が生まれるようになります。おもに、血管の働きをコントロールしている「自律神経」に働きかけることで、血管を伸縮させて、冷え性を改善していきます。

2、3つの種類別ツボ押しの方法

冷え性にはおおきくわけて3つの種類があり、それぞれツボを押す場所も違います。

  1. 手足の先端が冷える
  2. 全身が冷えている(低体温)
  3. 足先は冷えているけれど、頭や顔はのぼせている

1、手足の先端が冷えている方にオススメのツボ

手足は体の中でも、最も血液が届きにくい場所です。運動不足や血液がドロドロになっている人に多くみられます。

太衝(たいしょう):足先の冷えをとるツボ

足の甲の、親指と人差し指の骨が交わるところにあります。ドクドクと血が流れています。

ツボ 大衝

太谿(たいけい):冷えの原因になっている余分な水分を外に出すツボ

足首の後ろの内側で、「くるぶし」と「アキレス腱」との間にあるくぼみ。

太谿 ツボ

さらに!手首・足首の体操をすると、手足にぐんぐん血液が届く

手足の入り口になっている「手首」「足首」が硬くなっていると、手足への血流が滞り、どんどん冷えていきます。そこで、ツボ押しにプラスして、手首と足首の体操を取り入れると、硬くなっている関節が柔らかくなり、血流が滝のように一気に流れ、温かくなっていきます。根本的に冷え性を改善できるので、おすすめです。

下記の記事の、「【対策1】血液の出入り口になっている手首・足首を動かして、血の滞りを解消する」の項で、手首足首の体操をご紹介しています。朝晩に取り入れると、早く冷え性を改善することができます。ツボ押しに合わせて取り入れていきましょう。

温めるのはもう終わり!体の芯までポカポカになる3つの冷え性対策

2、全身が冷えている(低体温)方にオススメのツボ

血流をコントロールする、「自律神経」のリズムが崩れている人にみられます。血管を伸縮する働きが低下し、体全体が冷えていきます。

湧泉(ゆうせん):精神を安定させて、自律神経を整えるツボ

脚の指を曲げたときに、足裏にできるくぼみの部分です。足の指の付け根から、かかとまでを3等分して、一番人指先に近いところです。

ツボ湧泉

足三里(あしさんり):胃の働きを助け、体にパワーを与えるツボ

ひざの皿の骨下から、指4本分下の、すねの骨の外側をにあります。

足三里 ツボ

さらに!食事の改善とストレスの解消で血液をサラサラにすると全身が温まる

食事の時に意識したい2つのことがあります。

  • 1日2食に減らす
  • 食事の割合を、野菜7割:穀類・肉・魚:3割にする

この食事法は、消化の負担が軽くなるので、血液をキレイに保つことができ、血行をよくすることができます。詳しい理由については、下記の記事の「血液をサラサラにするための食事「3つのポイント」」の項で詳しく説明しているので、参考にしてください。

365日ポカポカの秘訣|冷え性を改善する意外な食べ物3つのポイント

さらに、ストレスを抱えて、体に力が入り続けていると、血管の働きをコントロールしている「自律神経」がバランスを崩します。あなたがいくら、「食事」や「運動」を見直しても、「ストレス」が関係していると、なかなか冷え性を改善できません。そこでおすすめなのが、心にたまった感情や毎日の気付きをノートに書きとどめておく方法です。頭がすっきりし、また明日から新鮮な気持ちでスタートすることができます。「まさか。」と思うことが、あなたの冷え性を改善してくれるかもしれません。

3、足先は冷えているけれど、頭や顔はのぼせている方にオススメのツボ

女性は年を重ねて血が足りなくなると「閉経」していくように、血が足りていないと内臓などが多い上半身ばかりに血液が集まるようになります。そうすると、血が足りなくなった足先は冷え、頭はのぼせるようになり、更年期障害にみられる症状が出ます。

三陰交(さんいんこう):婦人科系の不調・水分の調節不良を整えるツボ

脚の内側で、くるぶしから手の指4本並べた上にあるくぼみです。

三陰交 ツボ

至陰(しいん):冷えのぼせに有効で、膀胱炎や頻尿の改善もできるツボ

小指の付け根の外側にあります。

ツボ至陰

さらに!深い呼吸や足を使った運動を意識すると体温が均等になりやすい

体力が低下していると、血液は上半身ばかりにたまり、手足には血液が届きにくくなります。そこで、大切にしたいのが、深い呼吸や、ゆっくりと体を動かすような運動です。意図てきに血流を促すことができるので、上半身にたまった血液を全身に流すことができます。

下記の手順で呼吸をすると、深い呼吸ができるようになります。寒さを感じたときなど、こまめに実践すると、全身がポカポカと温かくなります。

  1. 鼻から息を吸う
  2. 口からフーッと息を吐いて、「ハッハッハッ」と最後まで息を吐ききる
  3. 1〜2を5回繰り返す

運動では、特に足首をゆっくりと動かすウォーキングがおすすめです。血流をコントロールする「筋肉」の7割が脚についていて、ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれています。下半身の筋肉を動かすことで、血管をポンプのように伸縮させることができ、足先まで血流を促すことができます。

3、ツボ押し効果をアップさせるための3つのポイント

1、「痛気持ちいい」の一歩手前の強さがコツ

ツボと聞くと、のけぞるような痛さをイメージされるかもしれませんが、痛すぎるほどのツボ押しは、冷え性の改善には向いていません。理想の強さは、「痛気持ちいい」の一歩手前くらいの、「弱すぎないかな?」と思うくらいが調度いい強さです。

痛すぎるほど強く押すと、神経が興奮してしまい、血管をギュッと収縮させるので、血行をよくすることができません。優しい力で、体をリラックスさせるイメージで実践しましょう。

2、呼吸とあわせて2〜3回押す

血管は、息を吸うと縮まり、息を吐くと広がるようになっています。これを活用して、ツボを押す前に鼻から息を吸い、押すときにフーッと口から息を吐くと、血管の伸縮を手伝うことができるので、血流を促す効果が高まります。

一つのツボにつき、2〜3回行えば十分です。神経を何回も刺激すると、炎症を起こしてしまうこともあるので、押し過ぎには注意しましょう。

3、寒さを感じたときに行う

1日の回数は決めなくても良いので、「寒いな」と感じたときに実践しましょう。ツボ押しで体が温まってきたら、そのまま血流の流れを体で感じましょう。

自分の力で温まるという感覚を覚えると、「またあの感覚に戻りたい」と思ったとときに、自分自身で温まるように体は努力します。そうして、「本当は自分の力で温まることができるんだ」と、どんどん体に覚えていってもらうのです。

体が冷えているは、ストレスや生活習慣などから、「体が硬くなっているよ」という合図でもあります。そんなときは、体の声に正直になり、ツボ押しやマッサージをしたり、少し立ち上がって散歩をしたりすることで、硬くなっている体をほぐしましょう。 

4、忘れないでほしい「心」と「体」の見直し

ツボ押しは、血流を促すのに向いていますが、元々の冷え性になった原因自体を改善できなければ、いつまでたっても「ツボ押し」をしないと体が温まらないという状態のままです。

そこで、冷え性の根本的な改善のために、意識してほしいことが2つあります。

  1. 硬くなった筋肉を柔らかくして血流を促す
  2. 腸に便を溜めないことが、サラサラ血液の秘訣

ツボ押しで、自分で温まるという感覚を覚えながら、「心」と「体」の見直していくことが、冷え性の改善には大切です。

下記の記事で、血流を促し、血液をサラサラにするための、「食事」「呼吸」「ストレッチ」をご紹介しています。今すぐ実践できて、効果的な方法なので、ぜひ参考にしてください。

温めるのはもう終わり!体の芯までポカポカになる3つの冷え性対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。