氷のように冷たい「足先」冷え性|3つの意外な原因と改善策

自分の足とは思えないほど感覚がマヒしてしまう、足先の冷え性。ジンジンと痛くなるほど冷えきってしまい、眠れない夜を過ごしていはいませんか。中には、しもやけになり、完全に感覚がマヒしてしまっている人もいます。たくさん靴下をはいても、どれだけ温めても、なかなか改善できないと、「体質だから仕方ない…」と、諦めてしまう人は多いかもしれません。

しかし、思い出してください。あなたの足先はきちんと血の通った体の一部です。あなたが生きている限り、あなたの足先は必ず自ら温まる力をもっています。

じつは足先が冷えやすい人にはある3つの習慣があります。この記事では、その習慣を改善し、本来の温まる機能を取り戻すための秘訣をご紹介します。365日ポカポカの体で、自由な毎日を手に入れてください。

あなたの足先は自ら温まる力を持っている

自分のものとは思えないほど、感覚のマヒしている足先の冷え性。しもやけになったり、変色してしまったりと、あまりの痛さに気が狂いそうになる事もあるかもしれません。

それとは裏腹に、同じような服装をして、同じ場所にいるのに、なぜかあなたよりも温かそうにしている人もいますよね。そんな時、「足先の冷え性は体質なのかな…」と、諦めてしまいそうになります。

しかし、あなたの足先がどれだけ冷えていようと、どれだけ感覚がマヒしていようと。あなたが生きている限り、その足先は自ら温まる力をもっています。

ストーブがなくても、靴下の重ねばきなんてしなくても、半身浴をしなくても、自らの力で温まることができるのです。

足先は最も冷えやすく最も温まりにくい

そもそも、なぜあなたの体は足先ばかりが冷えてしまうのでしょうか?

じつは足先が冷えてしまうのは、体からのイタズラでも、うまれつきの体質でもありません。足先が氷のようにキンキンに冷えてしまうのは、きちんとした理由があるのです。

「熱」を運ぶだけでも体は一苦労

血液の流れ

私たちの体は、血液をつかって体温を調節しています。

たとえば、体が温かくなれば、汗をかいて熱を逃がす為に、血の巡りをよくして皮膚の表面を温めます。反対に、体が冷えてしまえば、これ以上熱が逃げないように、血管を収縮して熱が逃げるのを防ぎます。

そんな、あなたの体温を調節している血管の99%は、「毛細血管」という細い血管でできています。その細さはなんと、髪の毛の14分の1ほど。こんなにも細い毛細血管の中を血液が行き来することで、私たちは体温を調節しているのです。

(画像:https://117club.jp/post/detail/90/

生きる為に必要な「内臓」を優先的に温めている

地球

(画像:cici_luis)

血管は全てつなぎ合わせると、地球の「約2週半分」もの長さがあります。心臓から一番遠い「足先」まで血液を送り続けるのは、とても大変なことです。

さらに、上半身には、「心臓」やその他の「内臓」など、「命」に関係している大切な臓器がたくさん集まっています。血液は、まずは命に関係のある臓器から、優先的に運ばれるので、手足などの末端はいつも後回しになりやすいのです。

足先の筋肉、凝り固まっていませんか?

足の筋肉

足(足首から下)は大きな一つの塊としてとらわれがちですが、じつはとても精密に作られています。足の筋肉は4層にも重なってできていて、足でピアノを引ける人がいるほど、本来なら私たちの足は柔軟に動かすことができるはずなのです。

しかし、最近では靴下の重ねばきや、ヒール・革靴などの常用で、足を柔軟に動かすことがむずかしくなっています。足は一つの塊のように扱われてしまい、足先の筋肉はこり固まり、その中を通る血管は圧迫され、血の巡りがわるくなっています。

さらに、今ではとても便利な世の中になり、エレベーターや車などを常用することが多く、私たちの思っている以上に歩く機会が少なくなっています。足の筋肉は衰弱してしまい、自ら熱を生み出すことができません。

ただでさえ、血の通いにくい足先。温める為に靴下を重ねばきして動きを悪くし、ストーブの前で縮こまっていれば、どんどん足先の温まる機能は衰退していきます。

あなたの生活でも思い当たることはありませんか?

(画像:http://www.pip-club.com/enjoy/creampan/cause.html

「足先」が冷えてしまう人の3つの改善策

「足先」だけが冷えてしまう人に共通しやすい3つの習慣とそれぞれの改善策をご紹介します。365日毎日ポカポカの足先でいるための大切な秘訣です。

毎日取り組めば、1ヶ月もすれば少しずつ足先にあたたかさが戻っていきます。改善するまで、根気よく取り組んでみてください。

1:靴下の重ねばきや、硬い靴をやめる

ヒール

できるだけ家では、薄めの靴下にしたり、外ではスニーカーを履くことで、足を自由にのびのびと動かす時間をつくりましょう。

足先の筋肉がポンプのように働き、全身の血の巡りを良くします。今まで機能していなかった毛細血管の先まで血が巡り、足先の温まる働きが回復しやすくなります。

(画像:criography)

2:温めすぎをやめる

pieds au chaud

ひどい足先の冷え性だと、半身浴やストーブ等に頼らずに、自力で温めることはなかなか難しいですよね。

本当に寒い時は温めることも大切ですが、外側から温めてばかりいると、リバウンドのように、反対に足を冷やしてしまう場合があります。

人間には、急激な変化にも体がついていけるように、体が現在の状態を維持しようとする働きがあります。その働きをホメオスタシスと言います。冷えた体を強制的に温めると、体は元の状態に戻ろうとして、元の温度より下がってしまう可能性が大きくなるのです

 

寒いと思った時は、靴下を重ねる変わりに、何度も足首を回しながら、できるだけこまめに「動く」ということを心がけてみましょう。

掃除機をやめて水拭きに変えてみたり、近所の公園まで散歩をして日光でポカポカと温まる。そんな毎日を楽しみながら、冷え性を改善できるといいですね。

3:食べ過ぎをやめる

和定食

ご飯を食べると体がポカポカと温まるイメージがあるかもしれません。しかし、つねにお腹の中に食べ物がある状態だと、余計に体は冷えやすくなる場合があります

食べ過ぎると胃腸に血液が集まり、産熱量の多い骨格筋、脳、心臓の筋肉をはじめ、胃腸以外の器官や細胞への血液供給量が低下するため、かえって耐熱が低下するのである。

『「体を温める」と病気は必ず治る』 著・石原結實 引用

 

 

特に、朝は便意を催したり、めやにが出たり、息が臭くなったりと、「排泄活動」が活発になっている時間帯です。できるだけ食事を控えて、消化活動をお休みするのが理想です。

本格的な食事をするのは昼からにして、朝食は食べないか、消化の早いフルーツに変えてみるのも一つの方法です。胃腸に集中していた血液が足先へと届き、足先まで温まりやすくなります。

下記の記事では、冷え性を改善する為の、食事方法についてご紹介していますので、よければ参考にしてください。

365日ポカポカの秘訣|冷え性を改善する意外な食べ物3つのポイント

 

足先の温かさは必ずとりもどせる

  1. 靴下の重ねばきや、硬い靴をやめる
  2. 温めすぎをやめる
  3. 食べ過ぎをやめる

あなたの足先は、ただの塊ではありません。きちんと血の通ったあなたの体の一部。どんなに氷のように冷たくても、どんなに感覚がなくなってしまっていても、必ず自ら温まる力を取り戻すことができます。

この記事が、あなたの足先の冷えを改善するための参考になりますと幸いです。

また、下記の記事では「足先」だけに限らず、冷え性の原因と改善策についてご紹介しています。根本的に改善をするためにも、まずは原因をしっかり理解することから始めましょう。

温めても治らない「ガンコ」な冷え症を引き起こす5つの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。