冷え性だと妊娠しにくい2つの理由|あなたの子宮は冷えてませんか?

母子

「このまま妊娠できなかったら・・・」検査では異常がないのに、なかなか妊娠できない。冷え性だと妊娠できないと聞くけれど、もしかしたら私が原因かもしれない。夫も心待ちにしているし、もしそうだとしたら申し訳ない。半身浴や重ね着など、いろいろ心がけているのに全く治る気配もない。このまま一生妊娠できないことを想像するととても怖い・・・

あなたの想像している通り、冷え性と不妊には大きなつながりがあります。けれど、冷え性が原因で妊娠できていない人は、冷え性をなおせば妊娠できる可能性がグンとあがるということでもあります。

今回は、冷え性だと妊娠しにくい2つの理由と、冷え性を改善するために大切な事を紹介します。温かい体で赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

1、健康な女性は子宮まで温かい

子宮は、妊娠して赤ちゃんを育てる大切な場所。まずは、「健康な人の子宮」と、「冷え症の人の子宮」の違いに注目してみましょう。

あなたの子宮は健康ですか?

まずは、あなたの冷え性がどこまで進行しているのか確認してみましょう。とっても簡単。イスから立って、素手でお尻を触るだけです。もしお尻の方が冷たく感じたら、あなたの子宮は冷えきっているかもしれません。

子宮にはたくさんの血液が流れている

妊娠して、赤ちゃんのベッドになる子宮は、本来ならたくさんの血液が流れていて、とても暖かい場所です。子宮は、その血液から「栄養」をもらい、「老廃物」を外へ運び出すことで、健康な状態を保っています。卵子をつくったり、卵子と精子が出会って子宮に着床するのも、すべて内臓が健康でなければ成り立たないのです。

冷え性の人は子宮に血が足りていない

偏った食習慣や運動不足などで血流が悪くなっていると、体は危機感を感じ、命を守るために、まず「心臓」や「内臓」に血液を優先的に送ろうとします。その結果、命にあまり関係のない手足は血が後回しになってしまうのです。これが「冷え性」の始まりです。

それがさらに進行すると、子供を生むための機能は、あなたの命よりも後回しになり、子宮までも冷たくなります。このように手足だけでなく、体の全体が冷えている状態を、「低体温」といいます。

「冷え性」よりも、「低体温」の方が妊娠しにくいと言われています。体にとっては、子供よりも、まずはあなたが生きられるかどうかの方が大切なのです。

2、冷え性の人が妊娠しにくい2つの理由

子宮の冷たさは、不妊だけではなく、妊娠した後の「赤ちゃん」の危険にもつながってしまいます。子宮の冷たさと、妊娠の関係について、もう少し詳しく見ていきましょう。

子宮

(画像:http://www.fujinkainfo.jp/anatomy/

理由1:卵巣が冷たくなっていると、卵子がつくれない

体が冷えることで、体は命の危険を感じて、心臓や内臓に血液が集中します。卵巣の血液量が少なくなることで、卵子の育ちが悪くなり、ときには不妊につながります。じつは、女性ホルモンも、血流にのってやってくるので、血液循環が悪いと、ホルモンの分泌にも影響が出ます。

体中の細胞のほとんどが、血液から「栄養」や「熱」をもらい、「老廃物」を外へ運び出すことで健康を保っています。たとえ卵子が育っていても、冷えたドロドロの血液でつくった卵子は健康とは言えませんよね。卵子の状態が悪いと、赤ちゃんの健康問題にも影響してしまうかもしれません。

理由2:子宮が冷たくなっていると、妊娠(着床)しにくい

本来なら温かく、血がたくさん通っているはずの子宮。それなのに、その子宮が冷たく、血が足りなくなっていれば、子宮の働きは弱くなります。栄養が運ばれず、老廃物も滞るようになってしまえば、そこはもうゴミ箱状態です。そこで赤ちゃんを育てられるでしょうか?きっと、あなたも嫌ですよね。

子宮が不健康であれば、せっかく精子と卵子が結ばれても、子宮に着床(妊娠)しにくくなりますし、着床しても、子宮じたいの働きが弱まっていれば、流産などの危険があります。

そう思うと、妊娠する前に冷え性を改善できるあなたは、幸せかもしれません。

3、体の準備が整えば赤ちゃんはやってくる

芽

このままだと、ずっと妊娠できないかもしれない。あんなに夢だった赤ちゃんに出会えないかもしれない。一人で抱え込み、悩んでいる人は、きっと少なくありません。けれど、あなたがいま、妊娠できていないことは、プラスな事でもあるんです。

あなたが妊娠できていないのは、「このまま妊娠すると大変なことになるよ」という、体からの大切なお知らせ。体はあなたに意地悪をしているわけではありません。体が健康になり、準備が整えば、かならず赤ちゃんはあなたの元へやってきます。

ドロドロ血液でできた卵子で良いですか?赤ちゃんのベッドになる子宮が、冷たいままでも平気ですか? 「ふかふかした暖かいベッド(子宮)じゃないといやだよ~!」と赤ちゃんが駄々をこねているのかもしれません。

そんな冷え性には、2種類の改善策があります。それは、半身浴や重ね着などで温めるだけの「一時的な方法」と、冷え性になってしまった原因を改善して、「根本的に冷え性を改善していく方法」です。どちらも大切なことですが、どうしても冷え性の改善は一時的なものに頼られがちです。

体の冷えには、かならず原因があります。「どうして冷えてしまったの?」その原因を考え、根本的に解決していくことも忘れてはいけません。冷え性を改善して、元気な赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

冷え性の改善にはまず、冷え性を起こしている原因を知ることから始めましょう。「温めても治らない「ガンコ」な冷え症を引き起こす7つの原因」の(ガンコな冷え性を引き起こす「7つの要因」)をご覧ください。

その後、「世界一楽しい冷え性改善策!心と体と人生を暖めるための5ステップ」の(世界一楽しい冷え性改善策5つのステップ)を参考に冷え性を改善していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。