1ヶ月で肌が生まれ変わる!美肌になるための3つの秘訣

スキンケア

いつからか習慣化している、足し算ばかりのスキンケア。学生の頃は、スキンケアなどをしなくても、キメの細かい、自由で身軽な肌をしていたのに、いつしかスキンケアやファンデーションがなければ、肌を維持できない状態になってはいないでしょうか?「どうせ私の肌はキレイにならない。」「キレイな肌の人は生まれもったものでしょ?」そんなふうに、キレイになる事は難しい事だと思っていませんか?

そこでこの記事では、ファンデーションに頼らなくても美しい肌でいる為の、3つの秘訣を提案します。過剰なケアを省いて、肌本来がもっている回復力をつかい、肌を美しく回復させる方法です。日に日に肌の変化を実感できるようになり、ファンデーションの必要のない、美しい素肌が手に入ります。

化粧品をやめるだけで美肌になれる

新陳代謝の働き転んで擦り傷ができても、肌は自然と回復していくように、肌にはもともと、あなたの肌を「健康的な状態」に回復させようとする働きがあります。その回復していく力の事を、「新陳代謝」といいます。

皮膚が古くなると、垢として自然とはがれ、それを合図にして、肌の奥底では新しい皮膚がうまれる仕組みです。そして、肌の表面まで押し上げられると、丈夫な肌のバリアとなり、肌の潤いを守ったり、さまざまな刺激の侵入を防いでくれます。

「新陳代謝」はニキビやシミなどの肌トラブルを改善することができ、「肌バリア」は肌の潤いを守り、美しい肌を維持する働きがあります。つまり、肌にはもともと、高級エステでも叶わないほどの、「美肌になるための仕組み」があるのです。

コスメ好きほど肌はボロボロ

肌をキレイにするためのスキンケア。ところが、スキンケアには肌の「新陳代謝」や「肌バリア」を壊してしまう、3つのデメリットがあります。

もともと日本人は、きめが細かく、色白の、美しい肌をした人が多い民族。けれど、スキンケアをするという概念が、戦後にヨーロッパから伝わってから、「敏感肌」や「乾燥肌」などの肌トラブルが急増しはじめているのです。

【洗いすぎ】肌の潤いまで奪ってしまう

洗顔をすると肌が突っ張る。そんな人はとても多いのではないでしょうか。洗浄力の強い「クレンジング」や「洗顔」などのダブル洗顔で顔を洗いすぎていると、メイクや皮脂汚れを落とすだけでなく、肌の潤いを守る「肌バリア」までもごっそりと奪ってしまうことになります。

すると、しだいに皮膚はもろくなっていき、乾燥をして、ハリがなくなってしまったり、皮脂をとりすぎた事によって、反対に皮脂をたくさん出そうとして、ニキビや毛穴の広がりのような、肌トラブルを引き起こすようになります。

【こすりすぎ】肌に刺激を与え、くすませてしまう

さらに、スキンケアの時に肌をこすってしまう事で、刺激によってシミやくすみができやすくなり、透明感がなくなっていきます。とくにアイクリームのように、部分的に集中してゴシゴシ塗りこんでいると、よけいにクマやシミができやすくします。

それなのに、現代の女性はスキンケアのしすぎで、洗うときにゴシゴシとこすり、スキンケアの時もコットンでゴシゴシ、さらにクリームをすり込んでなじませながら、肌に刺激を与え続けているのです。あなたの肌のくすみは、こすりすぎが原因にはなっていないでしょうか?

【つけすぎ】肌の生まれ変わりをジャマしてしまう

肌の新陳代謝を高める為には、何もつけないのが一番。化粧水やクリーム、ファンデーションなどで肌にフタをしていると、新陳代謝の働きが低下してしまい、なかなか肌トラブルを改善する事ができないからです。

ほんらい肌の役割は、皮脂や汗、垢を出すための排泄器官です。外側から入れこんだ潤いは、一時的なだけでなく、肌が元々持っていた潤いまでも、蒸発させてしまう働きがあります。

「それではクリームや美容液ならいいのではないか?」と思われるかもしれませんが、クリームや美容液に含まれている「油」は、肌の上で日光に当たると酸化してしまい、肌を老化させます。肌トラブルがあるときこそ、肌には何も塗らずに、本来持っている回復力を高めてあげるのが、美肌になる為の一番の近道です。

スキンケアをやめると手に入る4つのメリット

スキンケアをやめて、肌の新陳代謝を回復させる事で、日に日に肌が美しくなるのを実感できるようになります。

肌トラブル

シミやくすみのない、透明感のある肌になる

肌にフタをしてしまうスキンケアをやめることで、新陳代謝が活発になっていきます。新陳代謝と一緒に、シミやくすみが肌の表面へと押し上げられ、垢としてはがれ落ち、透明感のある肌へと改善されます。

シワが改善され、ハリがでる

スキンケアで傷ついていた肌バリアが丈夫になっていく事で、肌のキメが整い、赤ちゃんのようにふっくらと厚みのある素肌になっていきます。

ニキビや毛穴の広がりが改善され、キメの整が整う

ニキビの原因は「アクネ菌」ではなく、肌の洗いすぎが原因です。とりすぎてしまった皮脂を補うために、たくさん皮脂が出てきてしまい、毛穴が詰まり、ニキビや毛穴の広がりの原因になります。

石鹸を使った洗顔を辞めることで、皮脂がちょうどいい量に調整され、ニキビや毛穴の広がりのない、キメの整った肌へと改善していきます。

乾燥肌から潤いのある肌へ

「乾燥肌は、美肌の敵!」そんなイメージがあるかもしれません。けれど肌の乾燥は、新陳代謝が活発になっている証拠。乾燥によって、スキンケアなどで傷ついた皮膚をはがし、新しい皮膚へと生まれ変わっている真っ最中なのです。

肌が乾燥しているときこそ、美しい肌へと生まれかわるための絶好のチャンス。肌を美しくするための理想は、しっとりではなく、サラサラとした乾燥の一歩手前のような状態なのです。

新陳代謝を高め、肌を美しくする3つの秘訣

新陳代謝の働きを高めて、美しい肌になるための3つの秘訣をご紹介します。この秘訣を実践する事で、今までにない、極上の素肌が手に入ります。

秘訣1:「洗いすぎ」をやめる

肌トラブルの大本である「洗いすぎ」をやめることで、「新陳代謝」や「肌バリア」の働きが回復し、美しい肌を手に入れる事ができます。

◆朝の洗顔のポイント

朝の洗顔は、とくに汚れているわけではないので、水で軽く汚れを落とすだけで十分。適度に皮脂が残り、化粧乗りも抜群です。

洗顔方法

◆夜の洗顔のポイント

顔の汚れのほとんどは、体温から溶け出たもの。体温以上のお湯をつかって、溶かし落とす事ができます。けれど、せっかく洗顔を辞める事ができても、肌に大きなダメ—ジを与える「クレンジング」を使っていれば、肌の修復が追いつきません。メイクはお湯で落ちるものにかえて、クレンジングを使わないように意識していきましょう。

洗顔方法2

秘訣2:「つける」のをやめる

ファンデーションやスキンケアは、新陳代謝の働きを低下させてしまう原因に。この際つけないことを選択しましょう。肌の回復力が早まり、トラブルの起きにくい、丈夫な肌になっていきます。

◆「スキンケア」をやめて、新陳代謝の力を高める

肌

スキンケアをやめることで、肌の新陳代謝をアップし、全ての肌トラブルが改善へと向かいます。とはいっても、始めは抵抗があるかもしれません。そんなときは、下記の方法がおすすめです。

  • 休日だけスキンケアをしないで過ごしてみる
  • お湯だけ洗顔にして、肌の調子を整えてから、スキンケアをやめていく
  • 朝はスキンケアをして、夜のスキンケアからやめてみる

◆「ファンデーション」を使わずに化粧をする

コスメ

ファンデーションはつけないか、どうしてものときは、お湯でも落とせるパウダータイプのファンデーションを選びましょう。クレンジングや洗顔をする必要がなくなるので、肌を傷める事がなく、美しい肌へと回復していきます。

「肌に優しいファンデーション」の選び方については、下記の記事で詳しくご説明しています。よければ参考にしてください。

美肌の人が大切にしているファンデーション選びの3のコツ

◆「日焼け止め」は使わずに、紫外線への免疫をつける

紫外線

シミや肌の老化のことを考えると、紫外線予防は欠かせませんよね。ところが、日頃から紫外線を避けた生活をしていると、よけいにシミができやすい肌になってしまうことがあります。

シミは、有害な紫外線からあなたの肌を守るための、茶色い日傘のようなもの。けれど、常日頃から日光にあたらずに真っ白の肌をしていると、有害な紫外線の侵入を許しやすい肌になってしまい、少しの紫外線でもシミができやすくなってしまうのです。

シミのできにくい肌になるには、「弱い紫外線」にあたって、紫外線への免疫をつけておく事が大切。とはいっても、赤く炎症してしまうほど紫外線を浴びるのはやりすぎです。真夏には「帽子」や「日傘」、「サングラス」などで紫外線対策をして、紫外線が弱くなる季節には、少しだけ屋外で紫外線を浴びて、免疫をつけておく事が、シミやくすみを作らない為の秘訣です。

秘訣3:「こする」のをやめる

こするのをやめることで、肌への刺激によってできていた「シミ」や「くすみ」を改善できます。スキンケアをやめているので、新陳代謝の働きも活発な状態。シミやくすみをバリバリとはがし、美しい肌へと導きます。

◆「タオル」でこするのをやめる

顔を洗ったあとに、タオルでゴシゴシとこするのは禁物。肌が「気持ちいい」と思えるくらいの力で、優しく扱いましょう。

◆「顔のマッサージ」をやめる

スキンケアの一環として、マッサージをしている人は今すぐにやめましょう。肌をこすって刺激を与えることで、シミやくすみ、シワなどの肌の老化の原因に繋がります。

美肌になる為のマッサージはこすらない事が大切。下記の記事では、こすらない美肌マッサージをご紹介しています。新陳代謝の働きが高まり、肌の回復が早くなる方法なので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

1日5分で肌が変わる!美肌になれるマッサージの5つの手順

4、「体にイイコト」をするのも大切

美容イメージ

肌は植物にとてもよく似ています。枯れた枝葉に直接「栄養」を与えていても、なかなかよみがえる事はありませんよね。枯れた枝葉は自然と落ちていくことで、また新しくて丈夫な枝葉が生えてくるようになります。そして、栄養を与えるのは、枝葉ではなく、根っこの部分。

私たちも同じで、荒れた肌は栄養を与えなくても、自然と生まれ変わる力を持っています。そして、栄養は肌ではなく、食事や生活などを通して、体の内側からが何よりも大切です。

朝、鏡にうつった素肌をチェックして、最近つかれていないかな?食事は偏っていなかったかな?そんな風に対話ができるようになると、肌が本当にほしがっている物がよくわかるようになります。

下記の記事では、美肌になる為の食事のポイントや生活の整え方について詳しくご説明しています。この記事でご紹介した、「美肌になる為の3つの秘訣」と合わせて参考にしてください。

化粧やスキンケアに頼らない!美肌になるための7つのステップ」 

まとめ:いくつになってもキレイになれる

秘訣1:「洗いすぎ」をやめる

  • 朝の洗顔は水で軽く汚れをぬぐう
  • 夜の洗顔はお湯だけで優しく汚れを落とす

秘訣2:「つける」のをやめる

  • 「スキンケア」をやめて、新陳代謝の力を高める
  • 「ファンデーション」を使わずに化粧をする
  • 「日焼け止め」は使わずに、紫外線への免疫をつける

秘訣3:「こする」のをやめる

  • 「タオル」でこするのをやめる
  • 「顔のマッサージ」をやめる

あなたの肌は、あなたが生きている限り、かならず健康的に、そして美しくなろうとする力が働いています。何を試してもなかなか効果がでないときは、「何か」が「回復する力」のジャマをしてしまっている可能性があります。スキンケアもそのうちの一つ。たまにのご褒美にはいいですが、肌を維持する為の柱になってしまうのはやりすぎです。

過剰なスキンケアをやめて、あなたが本来もっているはずの美肌になる力を呼び覚ましてあげてください。必ずいい結果に繋がるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。