アトピーに保湿は逆効果!肌を再生するための7つのステップ

女性

(画像:AngelBeat)

もともと肌がキレイな人はどんなに幸せだろう。肌がキレイなだけでキラキラ輝いて見えるし、旅行や海に行っても、肌のことを気にせずに思い切り楽しめる。けれど、現実はどうでしょうか?せっかくのデートなのに、肌ばかりが気になって、素の自分でいられない。保湿や体質改善を頑張っても、なかなか治らない。鏡でボロボロな肌を見るたびに、「どうして私だけ・・・」と一人きりで辛い思いをしていませんか?

あなたのアトピーがなかなか改善できないのは、「保湿」が原因になっているかもしれません。じつは、アトピーには保湿が大切だと言われていますが、何も塗らずにいるほうが、肌の回復力が働いて、アトピーを改善しやすくなります。

そこで、保湿をしない方がアトピーを改善しやすい3つの理由と、肌の回復力を高めてアトピーを改善するための、7つのステップをご紹介します。保湿やステロイドに縛られない、自由な素肌を手に入れてください。

1、保湿よりも乾燥が大切な3つの理由

アトピーの症状があなたの肌をキレイにしてくれている事を知っていますか?保湿をやめて症状を出し切ることで、肌はおどろくほどキレイになっていきます。

理由1:乾燥によって肌が生まれ変わっている

アトピーの症状

アトピーには保湿が大切だと言われていますが、それは誤った思い込みです。

皮膚の表面が古くなると、乾燥してはがれ落ち、それを合図にして、肌の中では新しい皮膚がうまれます。このように、「はがれて」→「生まれて」を繰り返しながら、肌はきれいに生まれ変わっています。

けれど、保湿をして乾燥をおさえてしまうと、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が遅れてしまい、新しい肌へと生まれ変わることができません。普段、ていねいに保湿をしている人ほど、ターンオーバーがおくれているので、肌は弱々しくなっていきます。

アトピーを改善するために大切なのは、保湿をやめるて、肌のターンオーバーを正常に戻してあげることなのです。

理由2:引っ掻くことで、体の中のゴミを出している

老廃物のデトックス

猛烈な痒さに、夜も眠れないときがあります。けれど、この痒みでさえも、あなたの為に働いてくれています。

アトピーは食事や生活、ストレスなどの影響で、体が不健康になっている時におこります。体が不健康になっていると、栄養をうまく運べなくなったり、体の中の汚れを外に捨てることができません。そうすると、肌は痒みを発生させて、あなたに引っかいてもらうことで、「血」や「体液」から体の中の汚れを外に出しているのです。

「掻いたらだめだ」といわれているアトピーですが、じつは掻くことで、皮膚からデトックスをして、体の中を健康にしているのです。

理由3:体液が乾くとバンソウコウがわりになってくれる

浸出液の役割1

「血」や「体液」が固まると、かさぶたになります。このかさぶたは、傷ついて刺激をまともに受けてしまう皮膚を、バンソウコウのように守ってくれています。

とくに体液は、ふき取らないことがポイントです。ふき取ったり洗い流したりすると、弱った肌が危険にさらされるので、なんども体液を出そうとするからです。かさぶたは、傷がふさがり、肌に厚みが戻ってきたら、自然とはがれ落ちていきます。

アトピーの症状1

このように、アトピーの症状には、全て意味があります。クスリや保湿で、症状を抑え続けていると、アトピーの症状は複雑になっていきます。アトピーの改善に大切なのは、症状を抑えることではありません。症状を出し切ってあげることが、アトピーを改善する上で、何よりも大切なことです。

2、保湿を辞めると手に入る2つのメリット

保湿を辞めて、肌本来の力を高めていくことで、あなたに2つの良いことがあります。 

メリット1:アトピーの跡や赤みがきれいに消える

薬や保湿をしていても、アトピーの跡や赤みが消えないことがあります。保湿でアトピーを“おさえている”だけで、根本的にアトピーを改善できていないからです。

薬や保湿をやめて、アトピーの症状を出しきり、ターンオーバーを正常に戻してあげることで、健康的できれいな肌へと改善することができます。

メリット2:乾燥肌や敏感肌まで改善できる

乾燥肌や敏感肌は、もともとはスキンケアによって、ターンオーバーが遅くなっていたことが原因です。保湿をやめて、肌のターンオーバーを回復させることで、「乾燥肌」や「敏感肌」まで改善する事ができます。

アトピーの改善はもちろん、健康的な肌になることで、一生スキンケアいらずの、美しい肌でいられるようになります。

3、アトピーを改善するための7つのステップ

保湿をやめて、肌本来の美しさを引き出すための、7つのステップをご紹介します。

ステップ1:朝の洗顔は、目元と口元だけを水でぬぐう

朝も夜もゴシゴシ洗顔していると、肌が乾燥しすぎてしまい、刺激にさらされるようになります。洗顔で肌バリアを壊さなければ、肌が突っ張ることもなく、保湿をする必要もなくなります。

乾燥がひどい時は、がんばって皮膚が生まれ変わろうとしている時です。目と口元だけぬぐったら、あとはそのまま濡らさないようにしておきましょう。そのまま乾燥をさせて、生まれ変わりを乗り越えることが、アトピーを早く改善するコツです。

ステップ2:化粧水・乳液・保湿クリームは使わない

洗顔後には、保湿をしないで、肌のターンオーバーを回復させていきましょう。

いきなり保湿を辞めるのが怖いときは、まずは洗顔やクレンジングからやめて、肌のつっぱりがなくなっていくのを実感しましょう。そうすることで、保湿をやめやすくなります。

化粧品を辞める

ステップ3:メイクはノーファンデ&ポイントメイク

アトピーを改善できるまでは、メイクは控えましょう。皮膚を強くしようとしている時に、ファンデーションをべっとり塗ってしまうと、ターンオーバーの邪魔をしてしまうからです。

「メイクをしないと仕事にいけない!」というときは、ポイントメイクがおすすめです。ポイントメイクをしていると、意外とファンデーションを塗っているように見えるからです。クレンジングや洗顔は使わなくてもいいように、ポイントメイクの化粧品は、お湯で落とせるものにしておきましょう。

肌に優しい化粧品

ステップ4:日焼け止めはぬらないか低刺激のものを使う

シミやシワなどの老化を恐れて、日焼け止めを塗っている人は多いと思います。けれど、肌が乾燥しているときは、日焼け止めの成分が刺激になり、反対にシミを作りやすくしてしまうことがあります。

日にあたるのが15分以内と短い時は、何も塗らないほうが肌にはいいです。それ以上の外出も、帽子や日傘などで紫外線対策をすることで、シミを防ぐことができます。このとき、遠いところから紫外線対策をするとより効果があります。帽子よりも日傘、日傘よりも日かげといった感じです。

紫外線対策

ステップ5:お風呂では全身お湯洗い

一般的なシャンプーには、台所用洗剤と同じくらいの強い洗浄力があります。とくに肌が乾燥しているときは、強い刺激になるので、使用を避けてください。

体の汚れのほとんどは、お湯だけで落とすことが可能です。もちろん、頭皮の汚れもです。ポイントメイクも、お湯だけで落とせるものを使用しているので、シャワーの水圧で流せば落とすことができます。

お湯洗い

ステップ6:体の健康を意識して回復を早める

肌をきれいに再生するには、体が健康であることが大切です。体を健康にするためには、「質の良い血液が体をめぐり、いらないものが順調に排泄される」という、体の流れが必要だからです。この流れは、食事・睡眠・呼吸・運動によって、変化します。

食事【消化の負担を軽くして、サラサラの血液をつくる】

1日3食を食べていたり、炭水化物やタンパク質メインの食事をしていると、胃腸が疲れてしまい、サラサラの血液をつくれなくなります。血流をよくして、健康的な皮膚を作るためにも、できるだけ消化に負担をかけすぎないことが理想です。

消化に負担をかけない食事

運動【筋肉を動かして、血流をよくする】

アトピーには運動はあまり良くないと言われています。けれど、ゆっくりとした運動なら、アトピーの改善に大きな効果を発揮します。全身の血流が良くなることで、栄養を送り届け、健康的な皮膚を作れるようになるからです。激しい運動は心臓に負担がかかり、反対に血流が悪くなるので、「ウォ—キング」のようなゆっくりとした動きがおすすめです。さらに、汗には抗菌作用があり、感染症を防ぐ効果があります。

ウォーキング

呼吸【体の循環を良くして、修復を早める】

筋肉のほかにも、呼吸をする事で、血の巡りを良くしています。忙しさや、ストレスなどで呼吸が浅くなっていると、血流が全身を巡らずに、体や肌は不健康になっていきます。下記の呼吸法を実践すると、しだいに深い呼吸ができるようになっていきます。気づいた時にこまめに実践してみてください。

深い呼吸をする方法

睡眠【古くなった細胞と新しい細胞を入れ替える】

睡眠は、「アトピーの肌」を「新しい肌」へと入れ替えるために、欠かせない時間です。アトピーがひどくて、どうしても眠れないときは、部屋を真っ暗にして、体を横にしましょう。眠れていなくても、あなたが活動をやめるだけで、皮膚の修復にエネルギーを使えるようになります。

睡眠の効果

ステップ7:ステロイドも辞めるのが理想

保湿をやめたとしても、ステロイドを使っていれば、肌のターンオーバーは回復してくれません。

ステロイド使うと症状はおさまりますが、アトピーのもともとの原因が解決できているわけではないので、しばらくすると再発してしまうことがあります。そうして、薬を使い続けるうちに、今度はステロイドの副作用による炎症が加わっていきます。

健康的で美しい肌になるためにも、ステロイドを長期的に使用するのは理想的とは言えません。

正しいステロイドの正しいやめ方

ステロイドを急にやめてしまうと、一気にアトピーの症状が出てきて、とてもつらい思いをするかもしれません。ステロイドをやめるときは、食事や生活習慣を改善することで、自力で皮膚を作れるようになってから、徐々にやめていきます。

保湿やステロイドをやめれば、あなたの傷ついた肌を修復しようとする力が働き、肌は乾燥し、血や体液が出てきます。けれど、これらの症状は全て、あなたの肌を強くするための過程です。もしも、ステロイドを塗っていても期待できる効果が得られなかったのなら、勇気を出してやめてみるのも一つの手です。

ステロイドのやめかた

4、皮膚がきれいになるまでの7つの過程

保湿を辞めると、今までとまっていたターンオーバーがはじまります。これを乗り越えるのは、とても辛いです。あなたの肌を強くするために、乾燥させたり、かゆくさせたりするからです。

この症状は、今まで丁寧に保湿をしてきた人ほど、長く続きます。短い人で1ヶ月。長い人で1年ほどかかることがあります。けれど、これを乗り越えれば、アトピーの改善だけでなく、乾燥肌や敏感肌まで克服する事ができます。途中で心が折れないためにも、丹羽クリニックの丹羽正幸先生が提唱している、肌が奇麗になるまでの7つの過程をご紹介します。

1【皮膚の色が変わってくる】紫がかった赤色から、ピンクがかった赤色に変わります

2【傷が治りやすくなる】掻いて傷ができても、以前はいつまでもふさがらなかったのに、すぐにカサブタができるようになります。

3【傷ができにくくなる】さらに回復が進むと、傷そのものができにくくなります。ここまでこれば、皮膚は確実に丈夫になっています。

4【粉が落ちるように細かい皮膚がむける】粉のように細かい皮膚がポロポロとたくさんむけるけれど、その下に新しい皮膚が出てきます。血や体液が出にくくなります。

5【皮膚がブツブツしてくる】鳥肌が立ったように、毛穴が浮き出てきます。皮膚が分厚くなってきているのが分かるはずです。

6【チクチクするような痛みを感じる】皮膚の感覚が正常になろうとしているサインです。

7【汗をかいても不快に感じない】今までは汗をかくとベタベタとしてかゆくて不快だったのに、汗をかいたところがすべすべしている感じがします。

5、人に見られるのがこわいとき—

女性1

(画像:plasticboystudio_PhotoJUNKY)

アトピーを治す時の、最大の恐怖心は、「人に見られること」ではないでしょうか。会社の人や、お客様の目が気になって、今までのように笑えなくなってしまうかもしれない。アトピーだなんてバレたら、バカにされるかもしれない。恋人が引いてしまうかもしれない。今までのように、皆と話せなくなって、暗いやつと思われるかもしれない。その辛さや恐怖を誰にも分かってもらえず、一人きりで葛藤している人がたくさんいます。けれど、本当にそうでしょうか?

「もしかしたら、ちゃんと話せば、分かってもらえるかもしれない。」
「アトピーとバレても、誰もバカにしないかもしれない。」
「恋人には嫌われるどころか、支えになってくれるかもしれない。」

マイナスな世界を想像している一方で、プラスの世界になる可能性も、十分あるのです。「アトピーだったんだ。サヨウナラ。」という冷たい恋人なら、今の段階で知れてよかったと思いませんか?あなたがアトピーだと言うことを包み隠さずさらけ出した時、本当に大切な人たちが見つかるのかもしれません。

6、まとめ:アトピーの改善には何もいらない

アトピーを改善するための7つのステップ

  • ステップ1:朝の洗顔は、目元と口元だけを水でぬぐう
  • ステップ2:化粧水・乳液・保湿クリームは使わない
  • ステップ3:メイクはノーファンデ&ポイントメイク
  • ステップ4:日焼け止めはぬらないか低刺激のものを使う
  • ステップ5:お風呂では全身お湯洗い
  • ステップ6:体の健康を意識して回復を早める
  • ステップ7:ステロイドも辞めるのが理想

あなたのアトピーが一日も早く改善されることを心から願っています。

参考文献

  • 『脱ステロイドのアトピー治療』 (松田三戦雄)
  • 『「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法』 (宇津木龍一)
  • 『アトピー治療革命』 (藤澤重樹)
  • 『患者に学んだ成人型アトピー治療』 (佐藤健二)
  • 『アトピー完全克服マニュアル』 (赤嶺福海)
  • 『「洗わない!」でアトピーを治す』 (磯辺善成)
  • 『ステロイドは使わない!アトピーはこうして治す』 (丹羽正幸)
  • 『アトピー性皮膚炎 正しい治療がわかる本』 (古江増隆)
  • 『体の老廃物・毒素を出すと病気は必ず治る』 (石原 結實)
  • 『病気は自然治癒力を高めて治す』 (石原 結實)
  • 『「やめてみる」だけで病気は必ず治せる』 (安保 徹)
  • 『医者いらずの食』 (内海 聡)
  • 『葬られた「第二のマクガバン報告」上』 (T・コリン・キャンベル/トーマス・M・キャンベル/訳:松田麻美子)
  • 『ストレス、パニックを消す!最強の呼吸法 システマ・ブリージング』 (北川 貴英)
  • 『「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法』 (宇津木龍一)

下記も参考にしてください

  •  筆者について知りたい方はこちら
    「この記事を書いているのは誰なの?」と思った時に読んでください。筆者の自己紹介を含め、アトピー当時の想いや、改善してきた道のりなどをお伝えしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アトピーだった私が365日でキレイな肌に生まれ変わった秘訣」を、PDFにまとめて無料で提供しています。

Zigenのアトピー記事は、全て完治までの実体験を元に書いています。
そう、私自身も重度のアトピー患者だったのです。

でも実は…記事では伝えきれていないことが、たくさんあります。

あなたがアトピーの悩みから1日でも早く解放されるように… こちらの無料レポートで、その第一歩を踏み出してみませんか?


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。