アトピー肌に優しいメイク化粧品|選ぶときの4つのポイント

化粧

ボロボロのアトピー肌で、化粧さえもできない。このままじゃ友達も恋人も離れていくかもしれない。「どうして私だけ…」と、つらい思いをしていないでしょうか。何か触れるだけでも痒くてたまらない。化粧をするたびにビクビクしてしまう。「オーガニック」や「自然派」など、良さそうな物があっても、結局あわずに捨ててしまうこともありますよね。

そこで今回は、肌に優しいメイク化粧品を選ぶときの4つのポイントと、具体的な使い方をご紹介します。この4つのポイントさえ覚えておけば、これからさき化粧品選びに迷うことなく、いつでも調子のいい肌でいられます。

もうあなただけガマンをする必要はありません。自信をもてる毎日になりますように。

(画像:AlbertoMQB)

肌に優しい化粧品を選ぶ4つのポイント

「成分をみてもさっぱり分からない!」そんなあなたへ。アトピー肌に優しい化粧品を選ぶ為の、4つのポイントをご紹介します。このポイントを覚えておくと、化粧品選びがとっても楽になりますよ。

コスメ3

矢印1

コスメ4

point1:ナチュラル風なネーミングで判断しない

「オーガニック」「無添加」「自然派」など、今では肌に良さそうな化粧品がたくさんあるので、迷ってしまう事もありますよね。じつは、このネーミングは日本ではあまり当てになりません。なぜなら、ナチュラル系のコスメには、細かい基準があまりないからです。オーガニック成分が1つ入っているだけでも、「オーガニックコスメ」と謳う事ができます。

さらに、「無添加」と書いてあっても、石油系の成分が含まれていることがあります。ネーミングでの判断はあまり意味がないと思っておきましょう。 

point2:お湯で落ちることが大前提

メイクはお湯で落とせる事が大前提です。なぜなら、化粧品の成分の良し悪しよりも、「クレンジング」や「洗顔」をする事の方が、肌へのダメージがはるかに大きいからです。

クレンジングや洗顔料には、肌のバリアを壊してしまう、「界面活性剤」が含まれています。界面活性剤には、「合成」と「自然界のもの」がありますが、作用の事を考えると、どちらも肌にいいものとは言えません。お湯で落とせるメイクにして、肌の安全を守りましょう。

界面活性剤とは—

界面活性剤とは、化粧品の原料である「水」と「油」をキレイに混ぜ合わせるための成分です。じつは、肌にも同じように、「水」と「脂」でできた細胞がレンガのように積み重なってできています。界面活性剤をゴシゴシと肌の上でこすっていると、肌の構造まで壊してしまう事になり、肌のキメがペラペラに薄くなったり、アトピーの原因にもなります。

point3:ナチュラルの得意分野「パウダー系」を選ぶ

パウダー系のコスメは、肌に優しい化粧品の得意分野です。たとえば、化粧品には下記のような種類があります。

  • クリームタイプ
  • プレストタイプ(固形)
  • リキッドタイプ(液体)
  • パウダータイプ

種類は豊富ですが、パウダータイプの化粧品以外は、すべて「界面活性剤」が入っています。健康的な肌でも、頻繁に使っていると、炎症やかゆみを引き起こす原因になります。

パウダータイプの化粧品は、乾燥肌にはあまり向いてないように思われるかもしれません。けれど、むしろ逆です。乾燥してバリアが弱くなっているときこそ、これ以上「界面活性剤」で刺激しない事が、早く肌を回復させるためのコツです。

“ミネラル”パウダーがおすすめ

ミネラルとは、「天然の鉱石」の事で、その名の通り、「石」です。石っていろんな色がありますよね。それを粉にして、メイク用に加工した物を、ミネラルパウダーと言います。ミネラルパウダーには3つのメリットがあります。

  1. 100%天然成分でできているので安心
  2. パウダーなのでお湯だけで落とせる
  3. 鉱石が「紫外線」をブロックしてくれる=日焼け止めに最適

下記の記事では肌に優しいファンデーションの選び方と、オススメのミネラルパウダーファンデーションをご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

美肌の人が守っているファンデーション選びの3つのコツ

Point4:肌が荒れているときはスキンケアをお休みする

選び方とは少し違いますが、肌のために大切な事です。

肌が荒れている時は、スキンケアでしみたり、刺激になったりする事がありますよね。できるだけ肌に優しい「基礎化粧品」を探し続けているかもしれません。けれど、肌が荒れるのは、成分の良し悪しだけが原因になっているわけではありません。

じつは、スキンケアをすることじたいが、肌への刺激になっています。今回ご紹介するメイクは、肌に優しい成分なので、下地もいらず、素肌に直接メイクをすることができます。乾燥しているときこそ、スキンケアを中止して、肌の回復を見守っていきましょう。

下記の記事では、スキンケアをお休みすることで、肌がキレイになる仕組みを、詳しく説明しています。よければ参考にして下さい。

化粧やスキンケアに頼らない!美肌になるための7つのステップ

アイテム別のおすすめと使うときのポイント

アイテム別に、シンプルな成分でつくられている安心化粧品をご紹介します。使うときの手順も参考にしてください。

  • Step1:ファンデーション
  • Step2:アイメイク(アイシャドー・アイライン・アイブロウ)
  • Step3:マスカラ
  • Step4:チーク
  • Step5:リップ

Step1:ファンデーション

ファンデーションファンデーションは「ミネラルパウダー」を使います。肌に優しいだけでなく、日焼け止め変わりにもなるので、おすすめです。つけるときは「パフ」ではなく、大きめの柔らかい「ブラシ」を使います。肌をこする事がないので、優しくつけることができます。

おすすめ

使い方

  1. ミネラルパウダーを、フタの上に出す
  2. ブラシにしっかりとつけて、手の甲でなじませる
  3. 化粧水も下地も何もつけずに、素肌の上にミネラルパウダーファンデをつける

Step2:アイメイク

アイシャドウアイブロウ(眉)・アイシャドー(まぶた)・アイライナーにも、ミネラルパウダータイプがあります。天然の鉱石にはラメのような素材もあり、普段使うコスメと、使用感も見た目も、ほとんど変わりません。 

おすすめ

使い方

  1. パウダーをフタの中に少しだけ出す
  2. 1センチ幅のブラシで、まぶたの上にポンポンと置くようにのせる
  3. 2色使いにする場合は、先に明るい色をのせて、濃い色は目の際にのせて重ねる

アイライナーをリキッドタイプにする方法

  1. パウダーを水でとかして、液体状にする
  2. 極細の筆になじませて、目の際にラインをかく 

Step3:マスカラ

マスカラマスカラはお湯で落ちる物を使います。ドラッグストアに置いている事が多いので、気軽に手に入ります。 

おすすめ

使い方

  1. ビューラーをする
  2. マスカラを塗る
  3. カールが落ちてくるようであれば、乾ききってから、もう一度ビューラーをする
  4. 場合によってはもう一度重ね塗りをする

Step4:チーク

チークチークもミネラルパウダーを使います。市販のチークより種類も豊富なブランドもあるので、好きな色を選べます。肌の赤みは、ファンデーションで隠すよりも、チークでかるく色味を足すことで印象をおさえる事ができます。

おすすめ

使い方

  1. ふたの上に軽くパウダーを出す
  2. 大きめのブラシにパウダーをつけて、手の甲でなじませる
  3. 頬の上を滑らせるようにしてつけていく

Step5:リップ

リップリップは、パウダータイプがありません。そこで活用できるのが、「ミツロウ」です。ミツロウとは、ミツバチの巣からとれるもので、自然界の天然クリームと言われています。ミツロウをベースにして、色味を足している口紅があり、肌への害がきわめて少ないです。

おすすめ

使い方

  1. リップ用ブラシになじませる
  2. 落としやすいように、一度塗りにする

肌に優しい、メイクの落とし方

  1. 「口紅」をティッシュで押すようにして拭き取る(全部落ちきらなくてもOK)
  2. 35度のぬるま湯のシャワーを、顔に直接あてる(1分くらい)
  3. タオルで押さえるようにしてふく

お湯が熱すぎたり、シャワーの勢いが強いと、肌への刺激になります。お湯は35度、水圧は弱めにしましょう。多少メイクが残っても、肌に優しい成分なので、自然に落ちるまでそのままにしておいても、問題はありません。洗顔やクレンジングを辞めるだけでも、肌の違いを日に日に実感できるようになります。

ポイントメイクだけでも顔の印象は変わる

メイクというと、ベースからしっかりと塗って、顔をつくっていくイメージですよね。けれど、口紅やアイメイクなどのポイントメイクだけでも、いがいとファンデーションを塗っているように見えること、知っていますか?

人は色が濃い方へと目がいくので、ポイントメイクをしているほうに視線がいき、ノーファンデの印象が薄くなります。

肌が荒れて、刺激にさらされやすいときは、どれだけ天然の化粧品でも、何も塗らないのが一番。ポイントメイクできっちり感を出しておけば、クレンジングや洗顔を使う必要もないですし、しぜんと調子のいい肌を保てるようになります。

そうして少しだけ自信が持てたら、今より笑顔が増えていくはず。あなたの笑顔に勝るメイク法はありません。

まとめ:ナチュラルメイクでアトピーとさようなら

  • point1:ナチュラル風なネーミングで判断しない
  • point2:お湯で落ちることが大前提
  • point3:ナチュラルの得意分野「ミネラルパウダー」を選ぶ
  • Point4:肌が荒れているときはスキンケアをお休みする

「ずっとガマンして生きていくんだ…」そんな風に諦めていたかもしれません。アトピーだなんてバレたら、友達がいなくなってしまうかもしれない。今までのように皆と話せなくなって、暗いやつだと思われるかもしれない。もしかしたら恋人にも引かれてしまうかもしれない。そのつらさや恐怖は、誰にも分かってもらえません。一人きりで葛藤をしている人はたくさんいます。

けれど、少しだけ想像をしてみてください。もしかしたら、「ちゃんと話せば分かってもらえるかもしれない。」「肌がボロボロになっても、友達はバカにしないかもしれない。」「アトピーが悪化しても、恋人は離れて行かないかもしれない。」マイナスな世界を想像している一方で、プラスになる世界も十分あり得るのです。そして、あなたがこれからもいたい世界は、どちらでしょうか?

アトピーは「そろそろ体にも目を向けてほしいな」という体からの大切なメッセージです。アトピーは体の健康そのものを表しています。改善するためには、健康的な肌が作れるように、食事・生活・心を整えていくこと。そうすることで、少しずつ丈夫な肌を作れるようになっていきます。メイクで隠し続けることを考えなくても、あなたはアトピーを改善できるのです。体の内側からアトピーを改善して、最高の「愛され素肌」を手に入れましょう。

下記の記事では、アトピーの8つの原因についてご紹介しています。あなたのアトピーの原因を知る事が、アトピー改善の何よりもの近道です。1日も早く改善する事を願っています。

アトピーの8つの原因|体の力でアトピーは消える

参考文献

  • 『真実のナチュラルコスメ本』(勝田小百合 小松和子)
  • 『化粧品を使わず美肌になる』(宇津木龍一)
  • 『「洗わない!」でアトピーを治す』(古江増隆)

下記も参考にしてください

  •  筆者について知りたい方はこちら
    「この記事を書いているのは誰なの?」と思った時に読んでください。筆者の自己紹介を含め、アトピー当時の想いや、改善してきた道のりなどをお伝えしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アトピーだった私が365日でキレイな肌に生まれ変わった秘訣」を、PDFにまとめて無料で提供しています。

Zigenのアトピー記事は、全て完治までの実体験を元に書いています。
そう、私自身も重度のアトピー患者だったのです。

でも実は…記事では伝えきれていないことが、たくさんあります。

あなたがアトピーの悩みから1日でも早く解放されるように… こちらの無料レポートで、その第一歩を踏み出してみませんか?


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。