産後の便秘|薬を使わずに即効で改善するための2つの方法

young asian mother and baby

毎日忙しく過ごしていませんか?家事や子育てに追われていませんか?「便」は体がリラックスしている状態でないと出づらくなるので、産後にがんばりすぎてしまう女性ほど、便秘に悩む事が多いです。家事も子育ても元気にこなしていくためにも、体調は万全にしておきたいですよね。

この記事では、産後の便秘をひき起こす「体の5つの変化」と、産後でも実践しやすい「2つの便秘解消法」をご紹介します。

便秘を改善し、心身ともに気持ちのいい状態で、家事と子育てに取り組めますように。

多くの女性が産後に便秘になる

産後にとつぜん便秘になってしまうととても不安になりますよね。出産前と後では、「体質」はもちろん、「環境」も大きく変わるため、多くの女性が便秘に悩みます。しかし、産後の便秘は正しく対処をしていけば、かならず改善できます。

手際よく改善をしてく為にも、まずは便秘の原因を知ることが大切。手際よく便秘を改善して、忙しい毎日に心の余裕をもてるようにしていきましょう。

産後の便秘を引きおこす「体の5つの変化」

産後の便秘には、産後におこる「体の5つの変化」が関係をしています。まずは便秘になっている原因をきちんと理解しておくだけでも、便秘解消の大きな一歩につながります。心当たりがないか確認をしていきましょう。

1:体の使い方が変わる

約1年ものあいだ、重たい赤ちゃんをお腹に抱えて生活をしていると、体の使い方が変わります。

妊娠中はお腹の重さをカバーするように体を使うことがおおく、「かかと」重心になりがちです。重心が「かかと」にいくと、体重が後ろ側にかかるため、それをこらえるために腹筋に力が入ります。

本来腸は柔軟性があってこそ、便をスッキリと押し出す事ができます。しかし、お腹に力が入っていると、腸も緊張して硬くなりやすく、便秘になってしまう場合があります。

2:慣れない子育てへのストレス

慣れない子育てで、たくさんの心配や不安を抱えていませんか?

医学博士である藤田紘一郎氏は、著書『腸内革命』で、腸はストレスの影響をもっとも受けやすい臓器であると言います。

実は、腸はもっとも神経細胞の多い臓器であり、もっともストレスの影響を受けやすい臓器。「脳」と「腸」は一見とおい場所に見えますが、じつはとても密接した関係にあるのです。脳で感じたストレスはダイレクトに腸へと伝わり、「腸」の働きを左右します。

子育てをする中で、様々なストレスを抱え込んでしまっていませんか?

3:運動不足で腸の働きが悪くなっている

精神的に疲れている一方で、からだは運動不足になっていませんか?じつは産後に関わらず、便秘の人に共通しているのが、圧倒的な運動不足の場合があります。

ほんらいは、体を動かすことで腸の「ぜん動運動」を助け、便を外へと押し出しています。しかし、運動不足になっていると、腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります。

産後は家にいる事も多くなり、体を動かす機会も少なくなる場合があります。出産前に比べて圧倒的に運動不足になってしまう事で、便秘になってしまう女性も少なくありません。

4:睡眠不足で腸が休めていない

夜は授乳のためにこまめに起きることが多く、睡眠不足になりがちですよね。

少し難しい話をすると、腸の働きには、「自律神経」の働きが関係をしています。自律神経は、腸などの内臓を休めたり、動かしたりして体をコントロールしている神経です。睡眠不足になっていると、この自律神経の働きを狂わせてしまい、腸がうまく働けなくなってしまうことがあります。

5:授乳による水分不足で便が硬くなっている

授乳によって、毎日約1リットル以上の水分が体の中から出ていきます。便の70%は水分でできているので、体の中の水分が足りなくなると、便も硬くなりやすく、自力で押し出すことが難しくなる場合があります。

産後でも実践しやすい2つの便秘改善方法

産後でも簡単に取り入れやすく、効果的な便秘改善方法をご紹介します。

1:オリーブオイルで便を柔らかくする

オリーブオイル

便秘の時は水分を多めにとる人も多いですが、いまいち効果を感じられないようです。

そこでおすすめなのが、オリーブオイルです。オリーブオイルは水分よりも粘度があり、便をしっかりとコーティングして出やすくします。じっさいに、オリーブオイルを多く使うスペインでは、便秘に悩む人は少ないそうです。

食事の際に、できるだけオリーブオイルをたくさん使用することで、硬くなった便を柔らかくする事ができるので、痔になっている人にもオススメです。

オリーブオイルを取り慣れないうちは、気持ち悪くなることがあるかもしれません。少しずつ様子を見ながら、調整をしてみてくださいね。

2:「家事」を有効活用して腸の動きを活発にする

掃除

突然ですが、イスから立って、屈伸をしてみてください。どうでしょうか?お腹も一緒に動いている感じがしませんか?

このように、腸の動きは、体を動かすことによって活性化されます。子育てや家事をしながらでもできる、最適な運動があります。「ぞうきん」を使って、床・壁・窓など、あらゆる場所を掃除する事です。

ぞうきんをつかって部屋中の掃除をすることで、日常生活ではなかなか使う事のない、屈伸運動や、前後左右などの様々な動きを全て取り入れる事ができます。腸にしっかりと動きが伝わり、便秘を改善しやすくなります。

わざわざ外にいって運動ができなくても、掃除の時間を活用すれば、ウォーキング以上の運動量をこなすことができます。

まとめ:自然な方法で便秘を改善しよう

産後でも実践できる2つの便秘改善方法

  • ステップ1:オリーブオイルで便を柔らかくする
  • ステップ2:「家事」を有効活用して腸の動きを活発にする

産後でも実践しやすい2つの便秘改善方法でもわかるように、毎日の生活を少し工夫するだけで、産後の便秘を根本的に改善しやすくなります。

1日も早く便秘を改善して、ご機嫌なあなたと赤ちゃんが素敵な日々を過ごせますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。