O脚とは|脚の歪み全4種類の「見極め方」と最適な「改善策」

O脚とは

あなたは脚の形をコンプレックスに思い、いつも人の目を気にしたり、着たい洋服を我慢し続けてきませんでしたか。もしも、あなたの脚が「O脚」や「X脚」が原因で歪んでいるのであれば、あなた次第で必ず脚の歪みを改善することができます。

そこで今回は、あなたの脚の歪みがどのタイプに当てはまるのか、そして、脚のゆがみのタイプごとに、どのようにしたら美しい脚に改善できるのかをご説明します。

これからは、好きな洋服を着ることができ、たくさんの人の中をどうどうと歩けて、そしてさらには、あなたの脚がいつの間にかチャームポイントにまでなっていきます。

(画像:Boudewijn Berends)

O脚が引き起こす3つのデメリット

1、下半身が太りやすい

O脚の人が、下半身が太いのは、2つの理由があります。まずは、硬くなった筋肉が発達して、脚を太くしていく場合です。O脚の人はバランスのかたよった体の使い方をしているので、かたよった筋肉の鍛えられ方をしています。その発達した筋肉が脚をより太く見せていきます。

さらに、脚に歪みがあると、体の中の「水分」や「老廃物」が外へと流せないので、脚がむくみ、脂肪がつきやすくなります。上半身に比べて下半身が太っている人は、O脚を改善することで、バランスのとれた体型になっていきます。

2、冷え性になって、肌荒れや生理不順を引き起こす

脚が歪んでいると、血管やリンパ管などを圧迫してしまうので、血の巡りが悪くなり、冷え性になりやすくなります。

さらに、脚の歪みは、股関節を通じて、「骨盤」の歪みにもつながっていきます。骨盤の中の子宮や卵管を圧迫させたり、働きを低下させてしまうこともあります。生理不順や様々な婦人系の疾患にかかりやすくなります。

3、将来ヒザや足首などの、関節痛がでる恐れがある

O脚の人は骨が傾いているので、ヒザや足首などの、骨の継ぎ目(関節)に負担をかけ続けています。その状態が長く続くと、将来「関節痛」などの痛みとして現れることもあります。

確認しておきたいO脚の4つのタイプ

脚をつま先まで真っすぐ揃えて立った時の「脚の形」によって、あなたの脚の歪みのタイプが分かります。脚の歪みのタイプを知る事で、どのようにして脚の歪みを改善していけば良いのかを判断しやすくなります。

まずはあなたの脚の形をじっくりと観察してみましょう。脚の歪みのポイントになるのは、「股関節」「太もも」「ヒザ」「ふくらはぎ」「くるぶし」の5点の、どこがくっつき、どこが開いているかで、あなたの脚の歪みのタイプが分かります。O脚種類

1、【O脚】ふくらはぎが開いている

特徴

基本的に脚はくっついていますが、ふくらはぎだけ隙間があいている状態です。ふくらはぎの外側の筋肉が発達して太くなっています。

原因

すねの外側の筋肉が発達して、その筋肉が骨を外側に引っ張っている状態です。後ろから見ると、ふくらはぎが外側に沿っているのがよくわかると思います。「がに股」の人に共通しやすいタイプです。歩く時などに、足先が外側に逃げるような歩き方をしていると、ふくらはぎの外側の筋肉が発達していきます。その筋肉が硬くなり、骨を外側にぎゅーっと引っ張ることで、脚の形をO脚にしていきます。

改善策

歩くときは、「みぞおち」から脚がはえているとイメージして、歩いてみてください。じつはモデルさんやランナーたちも、できるだけ上半身から脚を動かすイメージで、重心を高くして体を使っています。そうすることで、脚がだらんと外側に向かう「がに股」を、自然と改善できるようになり、丁寧な歩き方が身についていきます。

2、【O脚】太もも・両ひざ・ふくらはぎが開いている

特徴

股関節からくるぶしまで、すべて隙間がある状態です。太ももやふくらはぎの筋肉が発達していて、全体的に下半身ががっしりとして太くなっています。

原因

猫背の人や、がに股の人に多いO脚です。猫背になると、骨盤の向きが後ろに傾き、重心がかかとよりになり、がに股になっていきます。そこで、体が後ろに倒れないように、脚の筋肉を使って踏ん張ろうとすることで、脚の外側の筋肉が発達して、脚の骨を外側に引っ張るようになります。

改善策

かかとに重心がかかり続けている人は、骨盤の向きが後ろに傾いています。これを改善するために、お尻を上にあげるようなイメージで立つようにしてみて下さい。重心がつま先側に移動したのが分かると思います。このように、骨盤を後ろや前に傾けたり、どちらかに偏ることなくしなやかに動かしてあげることで、凝り固まっていた骨盤の関節や、筋肉を柔らかく戻すことができます。

O脚は正しく改善すれば必ず治る!自宅でできる1日5分のセルフケア」で具体的なケアの方法も載っていますので、お風呂上がりや、仕事の休憩時間などに実践してみてください。すこしでも早くO脚を改善することができます。

3、【X脚】太もも・ふくらはぎが開いている

特徴

ヒザはくっつくのですが、太ももとふくらはぎだけが開いて、「X」のような形になります。お尻と太ももが発達して、太くなります。

原因

日本の女性に多い姿勢だと言われています。このタイプに共通しやすい姿勢として、お尻(骨盤)が後ろに傾いて下がっている状態があります。本来その状態であれば、重心はかかとになり、太ももの筋肉に力が入るので、股関節から下はO脚になりやすいはずです。けれど、このとき、がに股にならないようにと、足首だけ内股に戻してしまうことで、脚が複雑に歪んでいきます。体を小さく見せたいときや、女性らしい姿勢を意識しているときになりやすい姿勢です。

改善策

 まずは、垂れ下がっているお尻を上に上げた状態を、できるだけ長く保てるようにして意識して、股下のO脚を改善していきます。そして、歩く時は、「みぞおち」から脚が生えている事をイメージして、体を動かすようにしてみてください。歩き方が丁寧になり、次第に内また歩きも改善され、筋肉をバランスよく使えるようになります。

4、【X脚】太もも、ふくらはぎ、くるぶしが開いている

特徴

太ももからヒザに向かって、少しずつ隙間が開いていて、くるぶしがくっつかない状態です。下半身のバランスがとりにくいので、上半身でバランスをとるようになり、上半身が太りやすくなります

原因

これは、お尻を上に突き出すようにして歩いている人に多い姿勢です。この姿勢は、重心が前に行くので、つま先で踏ん張って立つクセがつきます。次第にヒザがぐーっと引き寄せられるのですが、上半身の重さを支えるために、くるぶしの位置が外側に広がっていきます。

改善策

つま先に重心がかたよる人は、骨盤も前に傾いている状態でかたまっていきます。だからといって、骨盤を後ろに傾けるように、かかと重心にすると、今度はO脚になりやすくなります。骨盤は、前に傾けたり、後ろに傾けたりして、しなやかに動かすことで、筋肉の偏りをなくすことができます。その動きを続けるうちに、次第にバランスのいい姿勢や動作をとれるようになっていきます。

下記のサイトで、骨盤の動きをしなやかにするための、ストレッチをご紹介しています。お風呂上がりや、仕事の休憩中などに実践して、前に傾き続けている骨盤を動かして、X脚を改善していきましょう。

O脚は正しく改善すれば必ず治る!自宅でできる1日5分のセルフケア

「硬くなった筋肉」がO脚をつくる

O脚 原因

(画像:http://www.kobetarumi-seitaiin.com/w-trouble/03mukumi.html

脚の歪みは骨自体が曲がっているものだと思われがちですが、じつはそうではありません。私たちは、脚の骨を立てるために、「筋肉」を使っています。脚の骨には無数の筋肉がついていて、それを伸縮させることで、骨を動かし、体を動かしているのです。

けれど、バランスの悪い体の使い方をしていると、次第に「鍛えられてばかりいる筋肉」と「鍛えられずに衰えてしまう筋肉」とが出てきて、パワーバランスが崩れていきます。次第に、硬くなった筋肉が骨を引っ張りすぎてしまい、その硬くなった筋肉の場所によって、O脚やX脚のような脚の歪みがでるようになります。

ようするに、脚の歪みは骨自体が曲がっているのではなく、「硬くなった筋肉」が骨を引っ張ることで、おこっているということです。

さらに詳しいO脚の原因については、下記の記事で詳しくご紹介しているので、参考にしてください。

美脚になる方法|O脚の原因は「硬くなった筋肉」にあった

O脚を改善するための3つの選択肢

O脚を改善するためには、骨を引っ張っている「硬くなった筋肉」を「柔らかく」戻してあげることで、骨の傾きを改善することができます。とくに、脚の筋肉を硬くしてしまう、日常の動作や姿勢を改善することで、スラッとのびた美脚に変身することができます。脚の歪みを改善するには、一般的に6つの方法があります。おすすめの順番にご紹介します。

1、日常生活の動作や姿勢を改善する

何よりも効果を実感しやすく、元に戻りにくい方法です。O脚は日常の「動作」や「姿勢」などの、体の使い方からきているので、まずはそのもともとの原因を改善することが大切です。筋肉を硬くしてしまう動作や姿勢を改善する事で、少しずつ筋肉が柔らかくなり、引っ張られていた脚がまっすぐに閉じていきます。

2、「ストレッチ」で硬くなった筋肉を柔らかく戻す

ストレッチをすることで、硬くなっていた筋肉をできるだけ早く、柔らかい状態に戻すことができます。けれど、ストレッチの方法によっては、悪化してしまうことがあるので注意しましょう。一般的なストレッチのように、痛さを感じるほどギュッギュッと伸ばしてしまうと、筋肉の繊維が切れて、よけいに筋肉に負担をかけてしまいます。ストレッチは、のびている実感がないくらい優しく行うのがおすすめです。「O脚は正しく改善すれば必ず治る!自宅でできる1日5分のセルフケア」で紹介しているケア方法を実践してください。

3、正しい「整体」選びが改善のスピードを加速させる

整体は選び方がとても重要です。一般的な「O脚矯正」と言われているメニューは、歪んでいる骨を無理やり元の位置に矯正する方法が多いです。けれど、いままで長い間蓄積された「筋肉の硬さ」を無理やり矯正してしまうと、筋肉に大きな負担がかかる上に、あまり効果をえられないこともあります。さらに、今までのO脚になってしまう動作を改善できていないので、しばらくするともとに戻ってしまいます。

整体院を選ぶ基準は、なかなか判断しにくいところもありますが、まずはじめの基準として、「痛さを感じない、優しいタッチの整体」を選ぶようにしましょう。優しいタッチの整体は、無理やり矯正するものとは違い、筋肉を優しくほぐす作用があるものが多いです。

できれば避けたい3つのO脚改善策

1、「筋トレ」は根本的な改善にはつながらない

じつは、ここからはあまりおすすめではありません。筋トレは、硬くなっている筋肉に対抗して、弱った筋肉を鍛えて引っ張りなおすことで、開いた脚を閉じていきます。けれど、硬くなった筋肉が増えるので、脚は太くなりやすいですし、いつまでたっても筋トレを続けなければいけません。筋肉は鍛えることよりも、「硬くなった筋肉」を「柔らかく」することを先決していきましょう。

先ほどご紹介した1・2・3の方法は、筋肉を柔らかくする作用があるので、おすすめです。

2、スリッパや靴の中敷などの、矯正グッズはデメリットの要素が大きい

O脚用のスリッパや中敷は、外側が高くなるように傾斜がついています。外側に広がっている脚を、傾斜を使って内側に寄せる方法です。こちらも、歪んでいる脚を無理やり元に戻そうとするので、さらなる歪みを引き起こすことがあります。さらに、足下の傾斜で傾いているだけなので、それらがなければすぐに元に戻ってしまいます。デメリットの要素が高いです。

3、開いた脚を「ひも」で縛って閉じるのは絶対にやめる

O脚を改善するために、脚が閉じるようにヒモでしばる方法をよく見かけます。けれど、歪んだ脚を無理やり閉じてしまうと、脚への大きな負担になり、さらに複雑に歪んでしまうこともあるので、おすすめできません。

O脚は日常の動作や姿勢などの、体の使い方から来ているので、まずはそこを改善していかなければ、一時的にO脚を改善できたとしても、すぐに元に戻ってしまいます。

O脚を改善して「美しさ」と「健康」を手に入れよう

脚の歪みを改善すると、見た目の美しさと、体の内側の健康まで手に入ります。

筋肉を硬くしてしまう原因になっている「動作」や「姿勢」を改善することで、脚の筋肉をバランスよく使えるようになり、偏った筋肉のつき方が解消され、スリムですらっとのびた美脚に生まれ変わることができます。

さらに、脚の歪みが解消されれば、血流やリンパの流れも良くなり、老廃物を外に排泄しやすくなります。太りにくくなり、肌荒れなどの悩みも解消されていきます。O脚を改善すると、脚の形がきれいになるだけではなく、さらに美しく、健康な体を手に入れることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体の不調を改善して、健康になるための具体的な生活習慣についてまとめたPDFを無料で提供しています。

あなたは今、何かしらのケガや病気、体の不調を抱えて悩んでいるのではないでしょうか?そのケガや病気の根本原因を突き詰めていくと、全て「生活習慣」にたどり着きます。

そのケガや病気を改善しようとして、どんなに良いと言われる治療を受けたとしても、あなたの「生活習慣」が理想的なものになっていなければ、改善されにくく、改善されたとしてもまた、同じケガや病気を起こしてしまう可能性が高いのです。

つまり、健康な体を取り戻すには、「ケガや病気を引き起こす習慣」 を改め、「健康になる習慣」を身に付けることが大切です。

そこで、「健康になる習慣」の具体的な実践方法を、無料レポートにしました。この無料レポートに書かれている習慣を実践することで、あなたのケガや病気、体の不調の改善が早まります。

少しだけ内容を紹介すると、、、

・健康になるためのたった一つのシンプルな法則
・腸を綺麗にするデトックスジュースの作り方
・ケガをしない先住民から学んだ人間に理想的な2つの運動方法
・朝食は◯◯だけ!自然の法則に基づく7つの食事法とは?
・あなたが毎日摂るべき「2種類の水」とは?
・電気を消した瞬間に眠りに入ってしまう睡眠の質の向上法
・健康になる「住まい」の6つの共通点
・体が楽になる服、疲れる服の違いとは?
・感情をコントロールする方法
・あなたの理想の未来を作る3つ方法とは?

あなたの健康は、あなたにしか守ることができません。また、あなたの大切な人を守るためには正しい知恵が必要です。まずは、あなたから、この無料レポートを読んで、健康になるための生活習慣をはじめてみてください。


無料レポートをダウンロードする

SNSで簡単に健康・美容の情報を受け取る事が出来ます。